2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

RPG

FF15クリアした!

判官贔屓にセルフ定評のある私による割と好評の感想です。
尼の星が低い?知らんな

ファイナルファンタジー XV

<前置き(?)>
シナリオに関して対して予備知識がないならしばらくKINGSGLAVE見ないほうが良いかもしれない。私はそうして割りと良かった感じ。
逆に公式から見れるアニメの方の前日譚は見たほうがいい……ような後でもいいような。

<シナリオ>
まあ緊迫した状況でなにやってんだってのは分からないでも無いんですよ。無いですけどその結果FF13が散々一本道言われてたのを見るともう好みの問題だと思います。
っていうか終盤の展開で胃痛と感嘆とボロ泣きしたので泣きゲー好きとしてはもう好きというほかないかなって。ネタバレになるから後述にします。

<戦闘>
武器コロコロ入れ替えて戦闘するとか特有システムのシフトブレイクとかARPGとして楽しい。
ただ回復が自動回復ではあるものの逃げ回るのも暇なので結局概ね薬頼りになるのと魔法が使い切り錬成型アイテムかつわりとFFするのであんまり使ってられないっていうのが戦略の幅を下げてはいる。
とはいえもともとシームレスに戦闘に入るオープンワールド的なものの戦闘の印象ぶっちゃけ無茶苦茶悪いんですけどそれを覆すくらいには面白かったです。

<システム>
なんかイケメンによるどう森って言われてて吹いた。
生活行動多めって意味では確かにその通りではあるけどまあようするにオープンワールドRPGですよね。
むしろゼノブレイドに近い。延々と派生するようなクエストとか……。
地味に困るのがノクトのスキルの釣りが出来る場所が意外と少ないというか車でいけないことか。
個人的には料理が楽しい。ので正直キャンプ以外でも料理できたら良かったのにとは思ってる。
実は話題の飛行レガリアまで進化させてないので移動に関しては何も言えないというかファストトラベルつかえないとだるいっていうのに反論する気はないけどもともとだいたいゲームしながら他の事してるので参考にならないという点だけ参考にしてもらえれば…。

<美術>
前提として本体ごと買ったのでPS4での比較対象があんまりないです。
の上で。めちゃくちゃきれいでびっくりした。
水の表現がすごい。水の都に行ったときとかバカじゃないの?とか言いながら感動してました。
運転中は割とよそ見してましたけどなんだかんだ画面を見ると絶景が広がってたりしてびっくりする。
そのせいでクエストで撮った絶景の写真がやたら記録に残っててシュールだった……。シュールだったけど見直してもきれいだった…。

<総評>
戻る事無く総プレイ時間約45時間。
ここから戻ってクエ潰しとか出来る余地が結構ある感じで。
なんか怒られそうなのを覚悟で、空の軌跡みたいな新しい街に行く度大量のクエストが発生してそれを潰すのが好きな人ならこのウロウロを楽しめると思います。
私は好き嫌いと言うか潰さないと気が済まない方です。
というある種の作業ゲー感、あと賛否あるのもわかりますがシナリオ。
この辺が私の高評価の所以です。割と好みの問題なのは百も承知ですけど値段位の価値はあると思います。
思いますけどFF懐古過激派の方々になんか言われるのも面倒なんでどうせ新品で買わないならやらなくてもいいんじゃないですか(ヤケクソ

続きを読む "FF15クリアした!" »

テイルズオブベルセリアクリア感想。

承前。むしろED・アフターの印象が純化した結果脳内評価向上されてるまである。

テイルズオブベルセリア(PS3)

総合的に言えばTOZより素直に人にすすめられるけどTOZ寄り=TORとかTOH寄りのちょっと変則的な方のテイルズ戦闘なのでという意味では薦めにくいって感じ。
シナリオも基本的に後ろ暗いアウトローなのが嫌いな人はいそうだなあと思うけど中盤くらいからPTが家族的やりとり始めるので総合的な空気は暗くはないです。
個人的にはTOX2レベルだけど絶対賛同してもらえない…。
あとコレ本当にダメな人ダメだろっていうのがメインシナリオに容赦なく突っ込まれるパロディ!今は真面目な話をしてるんだ!!という気持ちになるところで入ってくるの本当…

〈戦闘系〉
○カメラとフィールド障害物の改善
今作も一応その場戦闘だけど引っかかったりカメラがめり込んだりしないしカメラが動くのでここは改善点

○連携による詠唱短縮が今作も搭載
前作天族でぶん殴りながら下級・中級術ぶっぱがメインの戦闘してましたが今作もそれが出来る!嬉しい!

○固有特殊アクション=ソウルブレイクが面白い
というか、コンボ的にベルベットとアイゼンのソウルブレイク挟んで連携するのとマギルゥで詠唱阻止するのが楽しいというか後者はもはやないと死ぬ。
前作の魔術雑魚的に唱えられまくって死ぬ、のところへのカウンターで大コンボで面白いんだけどバランス的にそこだけどうなんだ…。
神依ゲーでなくなった代わりに若干スペルアブソーバーゲーになったところは無いでもない。

○(過去作でいうところの)術と特技系が両立してないので通常攻撃・技系の連携は今作もできないキャラが居る
というわけで魔術覚えるキャラでガチ前衛がちょっと地味。コンボの締めに中級術とかは出来るけど。

○キャラ入れ替えの気軽さはTOZに軍配が上がる
前作これがすっっごい好きだったのでBG(秘奥義と入れ替え用ゲージ)消費で全キャラ入れ替え可になったの、バリエーションは広がったけど死にまくってゲージが減る人間としてはちょっと面倒臭くなったかなって

○回復術がほぼ蘇生・状態異常回復
今回も状態異常だと回復効かないのでとりあえず対応の回復・補助を使うわけですが基本的に回復行動はHP吸収効果とかブレイクソウルとかの担当って感じ。
特に高難易度だと回復術の効きがすごい悪いというのもある。
……っていうとやっぱりTORを思い出すなあという話。あれよりはシンプルかな…。

〈シナリオ〉
女主人公って点でいつものテイルズ恋愛脳突っ込まれたらつらいなあと思ってたら女キャラというより「姉」って点がすごい生きてて最終的にはかなり好きになった。ついでにPTに恋愛的雰囲気なのが一人しか居ない上ライフィセットなので見守る兄姉の他メンバーと一緒になってかわいいなあおまえはーー!ってなってるだけのやつ。
最初ギスギスというか無関心の集まりって感じなのに気づけば家族的になっててこのメンバー好きです。
お宝とか虫とか浪漫とかでガキよろしく団結して女性陣にまたやってる…って見られてるのが個人的に一番好きなパターン。
まあPTは明るくても根底はクソ重いんですけどね!TOSがそういう意味では近い。

今作は全体的に「家族の縁」がメインだった印象。そもそも仇が義兄だし。
どこもいい因縁で良かったです。ネタバレになるからこれ以上はTOZ流れ含めた感想記事別に書きます多分。
最近おもしろかったじゃないかよ…って目で世間をみる作品が多すぎるので自分の目は他人の感想の手がかりに何もならないです……(遠い目

あと、終盤のサブイベントちゃんとやらないとエレノアあたりは特に消化不良になりそう。
ただTOB単体でやるとこの話何の意味があるんだってサブイベントになりかねないのが…。
ザビーダとアイゼンの関係は本当にしみじみすごいいい話だったんですけど、TOZのあの言動見てなきゃなんでこのサブキャラこんな出張ってるんだ?って話ですからね…。

ついでに聖隷の寿命的に思いっきりTOZと繋がってます。TOZの世界自体にアレはそこまでなかったと思うんでTOZに繋がるのか…っていう感想はいまいちピンとこないんですけど、どっちかというと多少行動が相互否定になってる方が気になる。
3部作だっていうならもうそれでいいんで幸せにしてあげて下さい。

余談ですがサトリナさんがものすごかった。感動した。あずみんもこんなすごいショタ声出来るなんて思ってなかった。すみませんでした。

〈システム〉
武器強化が前作よりだいぶわかりやすくなって強化数自体での効果になった。一応これも強敵討伐による機能解放が要るけど普通にやってたらどうとでもなる。
で、付与スキルランダムなのであえてちょっと弱いところを高難易度でいって強化数だけばんばん重ねるって事もできなくはない…んだけど、装備強化に必要な素材がフィールドで拾う(面倒)か装備分解が必要で、そのうち錬成粉が強化した装備の分解要求してくるのがな…。
私は途中でやめた。
あと各装備に習得可能スキルがあって地力がちょっとづつあがるタイプに。
おかげで装備入れ替えしづらいんだけど無視するとチリが積もらないので装備→ステータス足りないのか強敵に苦戦、ってなってこの辺は結構どうにかならなかったのか。

あと今作アタッチメントがフィールドにおちてるねこスピなるものを集めて宝箱をあけるかミニゲームやってコインを貯めるかで地味に面倒くさい。

TOX2のネコ派遣的な異海探索なるシステムが搭載。
30分で戻ってきます。これでレシピとか食材とかが手にはいる、というかこれ以外ではほぼ手にはいらない。
ただ、なんだかんだ帰ってくる度チェックしてれば使い切れないほどには溜まるのでむしろ店で食材集める手間が減って楽。
ついでに宝物が派遣できる各エリアに設定されててあからさまに過去作ネタなのでこれも楽しみなやつです。

足が遅い。
一応ダンジョン脱出・街への移動がそれぞれボトルで出来るようになるものの場所の設定が若干微妙で街道沿いのダンジョンへ移動するのは面倒なのに走行スピードが別に早くないっていう。
TOSのノイシュ的アイテムが中盤で手に入るもののレアバードでなくノイシュと表現する時点で察して下さいって使い勝手。名前はレアバードのが近いけどな!

ステラグロウプレイ感想

STELLA GLOW

あっこれルミナスアークや。
いやぶっちゃけプレイ歴投げた・ラスボスで詰んだ・一周のシリーズなんですがでも随所がルミナスアークと言わざるを得ない。
店キャラとか有能子供枠とか変人博士枠とか。あえて言えば胸だけ控えめだった。ホントかよ。
ルミナスアークとか知らんレベルの人に伝えるなら王道あるいは無難に普通のSRPG。

〈戦闘〉

主人公と魔女で強力な(主に援護系の)全体魔法が使える、があえて言えば特徴かというだけのキャラごとにターンが回ってくるタイプの普通のSRPG。
バランスも難しすぎずとはいえ簡単過ぎもしないSP切れに時々苦しむのが関の山。
外付け特徴アイテムぶっちゃけラピス代替のオーヴがそこそこのカスタマイズ性を演出してるのはある。再動会心死角積んだラスティ強すぎるでしょ……。

あえて戦闘に分類するけど、範囲攻撃ダメージが一人ひとり表示されるとか結構テンポ自体は悪い。
そもそもSRPGってジャンルにさくさくって単語が相性悪すぎるけどそれをさておいてもちょっともたついてる部類。

〈ストーリー〉
実はまだ真エンドクリアしてないんですが、断片的にネタバレ見ちゃってそれから察するところもそんなに印象大変化しなかったのでまあ。

どんでん返しの展開まで含めて予想と期待をそうオーバーしない、王道のシナリオだった。
だいたい想像つくけどそれでいて先が気になるというか。
キャラクターが魅力的というか
あと地味に容赦がない。基本テンション高いうえちょくちょくコメディで忘れそうになるんですが各々の過去とか世界の現状とか地味に重い。迫害とか捨て子とか孤独とか。

今作も(とシリーズ扱いしていいのか)キャラ別好感度と個別エンドイベント実装されてて地味に嬉しい。嘘ですちょううれしいです。
スペック厨も併発してラスティ選んだんですがあのシチュエーションにする意味とは(真顔

〈美術系〉

ちょいちょい見るイラストレーターさんの絵だけど本格的に作品に触れるのは初めてだなーと思ってたら引退されてしまった。
……そ、そんな…。
ポップな印象なのにときどき妙にエロいのなんなんでしょうね。
とまあイラストは普通に綺麗なんですが3Dモデルの2頭身はデフォルメ過ぎだと感じる人もいるかもなあとは。
私は最初2頭身かよ…と思ってたらさっぱり気にならなくなりました。
戦闘時に入るアニメーションも3Dモデルだけど結構スピード感あって格好いい。ラスティとかののかの投げナイフモーションとかなかなか…。

で、本題の音楽ですよ音楽。
一言でまとめればサントラをくれ。二言で言えばせめてサウンドテストモードをくれ。
インストの方の戦闘BGMも凄く格好いいんですがなにより歌。
強力っていう好感度補正が付いてるのと発動中ずっと聞いてるのを抜きにしてもかなりの良曲なのではないか。
聞くためだけに発動して放置してたことも有りますが二曲目だとうっかりすると発動で全滅させちゃうとかあるしやっぱり音源を……。
お世話になったって意味ではリゼット2曲ですが赤い銀河の不思議感とか月の歌の不安になる感じとかも延々と聞いてたくなるし3人2曲め解放出来なかったんですがそのために2週目やるモチベーションがちょっと存在するくらいには聞きたくて仕方ない。要するに音源(略

〈総評〉
頭にも書きましたが悪く言えばベタで普通なんだけど、それの質のいいやつは王道なんだなーという印象が強いです。
まあ若干いわゆる萌え寄りではありますがどっちかといえばファンタジー燃え深夜アニメ系統の萌えでしつこいわけでは無いと思うのでぎりぎりゲーマー万人向けのはず。

ところで発売時期悪すぎで絶対FEifの前にSRPGやるとか……で売上下がってないかなという危惧が。
それでプレイされないの勿体無いです。
続き絶望的なのが手を引くポイントではありますが、時々妙に良作を産むイメエポの真価寄りのゲーム。
ルミナスとかアークラとかあのへんの雰囲気そのままな感じなのであの辺好きならためらいなく勧められます。(凄い少なそう
ついでに萌えの皮を被りつつも男キャラがやけに良いキャラで愛着湧くのもそのへんっぽい。一番かっこいいのは閣下異論は認めん。

あとなんにせよ、頼むからサントラだしてくれーーーーーーーー


余談:切符さんは好きだけどあのコンセプトだけ同じで萌え超特化だな感溢れまくる正統続編に対する期待度がものすごくアレになってるのは私だけじゃないですよね…
私がギャルゲの類に出てくる男キャラ萌えだからルミナスなのに女子だけか!というツッコミを抱いているせいだけじゃないですよね…


TOS-U(のTOS)プレイ感想という名の回想

テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック

GC版発売当時にプレイして、テイルズどころかゲーオタになった元凶みたいな作品です。
前々から今プレイしたら感想変わるだろうなーと思いつつ踏み切れないでいた所PS+のフリプに来たのでPS2版以来久々にプレイしました。
大まかな内容こそ覚えてるものの細部はだいぶ忘れてたので伏線はそれと認識しつつも新鮮な気分で楽しめましたw

〈システム〉
EXジェムを弄っていると昔はさっぱりだったなあという思い出を。
そして今攻略参考にガッチガチに固めたらコンセントレイト系が使いやすいのなんの。
使い切りなだけにエリクシールばりにケチりましたが明らかに効果が目に見えるのだけ付けたらむしろ余りました。そんなもんだ。
どうでも……あんまり良くないですけどダンジョン類のテンポ、今やると凄く遅いですね!
闇の神殿の絶許っぷりはさておくにしても、基本タイミングと行き来とブロックなのがよろしくない。
仕掛けの出来はさておいてもこれは。
あと好感度システム最高ですけどどうしてもクラトスルート行けない(精神的)バグなんとかしてください。
サブイベント見たいけど回収する勇気がない!

〈戦闘〉

今更フリーランなし3Dwwと思ってたら意外と楽しい。
アラウンドステップしようとして出来なくて範囲魔法に捕まるのは難点だけど、複雑なシステムろくに無いのが逆にシンプルとも。
シンプルな分操作で起死回生しづらくてアイテムゴリ押しになるけどな!
昔は苦戦しなかったのにーと思いましたがそういやクヴァルだの塔のユグドラシルだのを難所として認識してる時点で苦戦してんじゃーねかという話ですね。ぬるいとか嘘だろ…。

〈美術〉
今見るとやっぱり顔のポリゴンがちょいちょい怖いのと会話時に手持ち無沙汰的に手を上下に振るの違和感。
でもHDになって、凄い字が読みやすい!ww
最近最初からHD前提のせいか文字が小さいゲーム多いですよ。
あと思い出補正もありますけど戦闘曲の類が本当好きです。
アレンジの精霊戦はさておき、通常戦闘と天使戦はテイルズ私ランキング屈指かもしれない。ちなみにこの件私やや多指ですが。

〈シナリオ〉
昔さらっとやってたけどよく考えると重くね?と回想してました。
実際再プレイしたらさらっと明るく展開してるけど根底重くね?になりました。
キャラのおかげかなんか全体的な印象は明るい。
ちなみに最鬱はもちろんAとX2で。
中盤の特に精霊関係あたりのなにしてるんだっけ感はあれど、
基本の動機がコレットを犠牲にしない世界救済で一応一貫してるので割とわかりやすい部類なんじゃないかと思ったり。
ところで、昔の3倍くらい自己犠牲と自称悲劇が好きになったので神子二人が好きになりました。いや昔からゼロスは短絡的に好きでしたが。
今だからちゃんとまともに認識できる2人の神子観とかそれぞれの裏事情の進行度合いに応じた伏線的意味深発言とかの数々よ…。
というかそれが記憶に残ってない昔プレイした私ポンコツすぎるでしょうよ……。
あと記憶との齟齬編でいくと、ロイドが思ったより生存主義というか、耳の痛いレベルで死んでもなんにもならないを連呼してるのとか、コレットの天然というより注目点のずれた感じとか、あと誇大イメージだと思ってたハニーが意外と終盤サブイベントの半デフォみたいになってるのとか。

個人的にはだいぶ高評価なんですが、思い出補正の自覚はあります。
ドット作だと結構好み次第の評価になると思うんですけど、ポリゴンだと単純な技術の進化が目立つ印象。
あとイベントの演出というか動きも内容はともかく最新作のほうがめざましく良いので端的に言って見た目からわかる古さが隠し切れないなあと。
何が言いたいって、この微妙な感じ、他人に薦めにくいな……、と言う話です。
でも尼見たら4k切ってるのでこの価格ならいいかな!

ちなみに闘技場の妹に勝てなくて拗ねてラタ始めたらボスにボッコボコにされてガルドが足りなくなりついでにリアル体力がキツイ新社会人になったせいで今投げてます。
でもラタもなかなか好きな作品です。主にエミルの素性が。

TOZDLC(多分「第一弾」)の雑感

追記:「第一弾」じゃないらしいです えっ投げっぱなしのが気になるわ

まとめ:

・この長さでしかもあからさまに続きモノで1,300円は高い

・金の鍵本編じゃ手に入らねーのかよ!!!探したわ!

・ロゼとアリーシャの殴り合い友情モノとしては好き でも本編でやれ

・本編でやれ

概ねこんな感じの感想。
アリーシャが和平活動×ED後導師活動第一号にロゼが就任、っていう二つの道がED後ようやっと重なって和解、そしてスレイの今を知る、って感じのシナリオでした。
もともと仲がぎこちない状況から殴り合い(比喩)を経て友人になる展開が好きです。
が、まさか女二人でマジ殴り合いするとは思わなんだ。
まあ第一印象仲良くはなさそうだし本編で仲良くなる尺が割かれてないしそうなるか…とは思いますが!本編でやれ!
あと真・過去との決別とこれからの決意。いい話だけど本編でやれ。

あとマップ面。
アリーシャでまともに戦闘出来るDLCではありますが移動の自由はあんまりないしやっぱり神衣がないとちょっと難易度跳ね上がるしダンジョンが遺跡型でカメラワークが特に悪いタイプだしでそっちはあまり…。
ソーサラーリングもとい天族の能力が使えないので油断してたら別の方向に謎解きというか迷路してて迷子になったのでマップ自体も微妙というかついホーリーボトル使ったらDLC中ずっと継続しちゃったのでただ歩きづめになるという。
やたら宝箱弾んでくれるのはいいのかもしれませんがその宝箱に関して金の鍵絶許なので。

いやまあ、シナリオは結構好きなんですよ。本編でもうちょっとゆっくり喧嘩からの友情尺取ってやればいいのにって思うだけで。
まともなツッコミ不在の感じなコメディ方向も結構好き。ほぼ全面ツッコミのミクリオが居ないだけでこのPTはここまで脱線するのか……。
その他は相変わらずまともに人間操作しないのでもうADVで良くね?ってなってはいます。

テイルズオブゼスティリアをやや擁護するプレイ感想

テイルズ オブ ゼスティリア<豪華2大予約特典>

そりゃ擁護する気にもならん批判点もあるのも確かですがそれでも評価したいとこもある、が率直な感想です。
細かい点は項を分けて。

つーか正直これに文句言うならとっくにTOVとかいうクソ商法ゲーが淘汰されてなきゃおかし(ry

〈シナリオ面〉 率直に言えば35点。素材だけは本当に好み。
[批判点]

アリーシャがヒロインまで言わずとも重要なPTキャラの扱いで宣伝しておきながら重要な国主ポジションのサブキャラ程度の扱い、と言うのは流石に宣伝詐欺がすぎると思います。それで追加エピソードDLCはちょっと。いっそそれも無ければ諦めもついたのですが。まあ正直珍しいガチ堅物女騎士系統でしかも逆境描写があったんだからそこからの成長描写が欲しかったところではある。

あと、多分設定自体は作ってあるようですがそれを一部しか開示しないので消化不良な点が幾つか。
特に気になるのが天族の種族的背景。テンプレハイファンタジー的な種族なら別に説明無くても分かるんですよ。でも天族どことなく精霊的成り立ちをしてるっぽいようでいて断片的設定からはお約束を外してるような点も散見されるのでそのへんちゃんと取り上げて欲しかった。
それに付随してPTメンバーもミクリオ以外の天族メンバーは余り過去が詳らかにされないのでミステリアスなまま。従来作の精霊キャラっぽい印象を受けます。
それと「穢れ」の定義が割とふわっとしてる。ほぼイコールでエゴだとは思うのですが。

基本的な印象は説明不足。あるいはキャラエピが半分のTOL。
ついでにご都合主義/現実主義の分類に関して特に後者がTOX2でウケたからか盛り込もうとして若干ずれてる感じはします。

[評価点]
テイルズで主人公が権力者の苦悩をしてるっていうのが新鮮。
スレイが基本お人好しなのにただ安易に目の前の人を自分のフルパワーで助けることは真の救いにはならない、という問題を考えさせられているという問題は結構に好きです。
あとテイルズの基本的魅力の1つだと思われるキャラクターに関しては皆良いキャラしてると思ってます。特に年長天族組の軽いノリでいて素で感覚が違う感じなかなか好き。
キャラが気に入ると割とあばたもえくぼ化する自覚はまああります。展開は褒めませんがキャラは褒めます。

っていうか私が主人公勢が目に見える形で自己犠牲を払うシナリオ好みなだけといえばそれまでなんですが。。TOAも好きですしTOSも好きです。

[その他]
○なんでミクリオのポジションに素直に女キャラ据えてヒロインにしなかったのかさっぱり理解できない。一応テイルズヒロインの主流は行動の動機になるか価値観の違うボーイミーツガール系が定番ではあると思いますけど、それでも仮にミクリオが女キャラなら異論なくヒロインとしてプレイヤーに受け入れられたであろう扱いをされていると心底思います。

○そんなにロゼ作中で1人だけ持ち上げられてる?むしろ天族がパーティにいる人間キャラを等間隔で褒めるのでアリーシャよりロゼが褒められてる、なんならスレイがやたら風組以外に褒められてるっていうかそれが一番気になるような印象さえあるんですが。特にライラが人間好きなんだなっていうか。いやアリーシャのPTイン期間が短いのはそれはそれで問題なんですが!!

○離脱するのに衣装DLCかよ!っていうのをネタバレ考慮かもですがデゼルとザビーダに誰も言わないので私が言います。

〈戦闘〉
[批判点]

カメラワークだけは本当になんとかならなかったのか!
その場を戦闘フィールドにするという試みは面白いのですが、壁の都合のカメラワークがキャラにめり込むことが多々有りその場合本当に見難い。詠唱が阻止されたかもわからない。
その場戦闘の問題はたまに引っかかる事にも有りますが一応そっちは自分で操作して引っ張り出せばいいだけでまだ対処が楽なのでまあ。
あと仲間キャラを神衣化させっぱなしにする作戦行動が今一良くわからないことはちょっと困った。

[評価点と特色的雑感]
戦闘中に天族キャラさくさく切り替えが出来るのが凄く楽しい。
PT選択の自由どころではない。弱点ごとに切り替えして違うキャラ操作できるのは斬新です。
というかそれ前提のためか属性攻撃基点にしたコンボを求められます。脳筋だとすぐ死ぬ。

魔法の詠唱の仕様が魔戦士スタイル戦闘プレイヤー歓喜。連携数に応じて詠唱時間が割合減少するのでヒット数稼いで上級魔法を短時間詠唱で連発するのが楽しい。

神衣もなかなかおもしろいシステム、というか今作↑の為に回復術の類が詠唱長めなのでライフボトル回復するくらいならゲージ貯めて神衣で復活→回復がメイン。
特にボス戦なんかだと神衣タイマンが割とデフォになる。テイルズっていうかACTやってる気分では有りますがまあそれでも気を抜いたら死ぬ。

他にも回復が割とスキル任せな感じやゲージの仕組みなんかはリバースを彷彿とします。どういう戦い方を想定してるのか掴むまで死にまくるあたりはそっくりですね!
ただ基本は通常攻撃が特技系の攻撃だったりヒートレッド等魔術師が前衛に関与する必要があったり、といったあたりの操作感はグレイセスに近い。

設定上人間キャラ2人分は固定になります。
ただ、私は操作しないし神衣欠く編成したいと思ったことも無いし変更可能の流れで戦闘後掛け合い目当ての苦手編成しなくて良いとも思うので余りデメリットには感じませんでした。でも賛否は別れるよなあ……。

〈戦闘外システム〉
○戦闘フィールドもですが、イベントの挿入などがシームレスな印象を受けます。特定ポイントに差し掛かるとそのままイベントが発生したり、戦闘中や街の中などでもポップアップで会話が挿入されたり。そういった演出は結構好みです。街中歩いてるとうわさ話が聞こえてくるのはNPCも会話してるっぽくてなかなか。

○サポートタレントなるマップ上歩いてる時に発動するスキルが導入されたんですが、これがなかなかおもしろい。
特に速駆け。↑のうわさ話や戦闘で移動速度が一定時間上がるスキルなんですが移動速度下げたくないがために効果切れる前にかけ直し戦闘してしまう…。
あと料理が宿で食べるものになり、その枠はスキル「おやつ作り」に。料理関係のスキットがその分減った気はしますが、料理自体じゃぶじゃぶ手に入るハーブが完全回復だったり時間経過で自動回復するスキルがあったりで必要性が下がったのでどうでもい……影が薄いです。

○装備品がドロップメインかつスロットにランダムで付くスキルを武器同士の融合で吟味する形式に。凝ると延々出来そうですがまあ私はぶっちゃけ面倒なので適当にやってます。

○あとスキット発生がディスカバリー発見/セーブポイントに接触/宿に泊まる、のどれかのタイミング出ないと発生しなくなりました。もしかしてこれなら見逃さないのでは!と思ったらスキットプレイヤーすかすかだったので油断は禁物です。発生何処だよ…。

○マップ先頭はスレイに固定になった代わり人間キャラのもう一人が後ろからついてきてくれます。話しかけるとその時々で違うこと話してくれたりサブイベントのヒントくれてイベント管理が楽だったりで一緒に旅してる感も利便性もなかなかいいと思います。問題は今作他の4人が合体してるから見た目上居ない設定に出来るからこそできたことであって今後このついてくるのは取り入れられそうにないことと、たまに狭い所でちょっと引っかかることですかね。

〈美術面〉
[音楽]
桜庭曲はまあ割といつもの桜庭テイルズ曲っぽい感じですが椎名曲っぽいところは結構TOLに寄せて作られている印象を受けます。
というかぶっちゃけ神殿の曲あれ絶対椎名だろ!
ちょいちょい荘厳な感じで印象的なシーンにボーカル入りで入ってくるので結構重用されてるような。
ちょっとサントラほしいような私はそれより先にヒュムノスミュージカルのアルバムさっさと買うべきのような、位の優先順位。

[グラフィック]
というか動きの話なんですが歩行モーションくらい遅走りじゃないの作りましょうて……。
それ以外はいつものテイルズか。
秘奥義モーションとかはスピーディ寄りで格好いいです。惜しむらくはBGかつかつで秘奥義にまわしていられないことか……。
あとアニメーションは事前に放送したアレに全力したような印象。本編のアニメーション特に印象に残ってはいないかな…。


〈総じて〉

文句言うのもわかりますし私も言いはしますがこれはこれで楽しんだ人間が存在したっていいじゃないですか!
っていうか冒頭の話しに戻りますけど商法の話をするならこんなの安いものですよ箱2万に比べれば!!!!だから私の中でPS3版TOVはクソゲーです。これ絶対同意得られないけど。
それでいてなおやっぱりシリーズプレイすると楽しいのでまあ正直信者な自覚はあるんですが楽しいことは楽しかったので!

どうせこの評判だとすぐ安くなると思うので3500円以下からなら楽しめるんじゃないですかね(小声

↓あとちょっとネタバレ込みで余談。ちょっと飛び火してアークライズファンタジアのネタバレも混ざってるのでプレイする予定のある方は注意っていうかどうせなら誰かプレイしませんか

続きを読む "テイルズオブゼスティリアをやや擁護するプレイ感想" »

テイルズオブハーツRプレイ感想

テイルズ オブ ハーツ R

前提として、ストーリーとかキャラとか値段とか戦闘とか総合的に考えた時に一番他人に薦めやすいってのも含めて歴代で一番好きなテイルズはDS版ハーツです。
そんな信者的視線からすると引かれた点がちょいちょい目につく、という尼レビューにもさんざん書かれたコメントとだいたい同じ感じの感想です。

〈戦闘〉
DS→Rで一番レベルアップしたポイントかも知れない。
携帯機の割にチェイスのお陰でかなりコンボが入るようになってて戦闘が超楽しい。
歴代だいぶやっててもコンボ力の低い私が150ヒットとか出せたんですから相当ですよ相当。
あとAIが優秀らしい。たしかにカルが延々と空を飛んでいるわ…。
近年やたらテイルズは空をとぶけどハーツもだいぶ飛ぶ。デフォで飛んでる人は私は余り飛ばせないけど。
個人的にはRではコハクを延々と使用してました。手数の多い殴り込みが楽しい。

○Rになって
2Dとは違った魅力、って印象。ただ3D化のせいで射軸のずれる人と魔術を外す人は若干使いにくくなったように感じるかな…。
ただ感想とか見てると使い方次第でどこまでもいけるらしい…本当なのか…。
キャラが増えたことでの既存キャラ変更点はよくわからなかったけど、とりあえず新キャラ勢はちょっと癖のあるタイプだったので慣れることを放棄しました。
あとコハクのヒーラー力の低下によるモンク化…?逆にそれで使うの楽しくなった方なのでこれは個人的には良変更点かも。


〈シナリオ〉
一言でまとめるとスタンダードにテイルズ。
一応テーマが想いの力なので、青さ的にはかなり上位に入る部類ではあるけどもともとテイルズ青いし…。
スタンダードが故にそこまで裏切られることもなく安心して楽しめる系テイルズだと思います。シングがお祭りゲーでの個性を出せない程度には普通で、コハクもミソと蹴りしか無いのでは程度に普通。
あと、なんか妙に下ネタが多い。
ネタバレなんでアレなんですけどラスボスの登場の仕方とかリチアの悲壮感とか、結晶人サイドが結構好きなのかもしれない。
あと片思いキャラが多くて私はそっちに肩入れしたくなってしまう。でもベリルはなんか画家活動してる間に妙な貴族に気に入られて少女小説的すったもんだの後なんだかんだでくっつく姿がなんか思い浮かぶ不思議。

○Rになって
ヒスイ関連イベントメインもサブも全体的に超削ったのゆるさないよ!
なんだかんだ一番好きなのはヒスイなので、後半ヒスイというかリチア主体→リチアとフラグ立ってるヒスイが活躍っていう主人公②化が少し弱まってるような感じ。
でもそんなの関係もないツンデレラも削ったのゆるさないよ!
あとガラドの追加もあって序盤ヒスイからの針のむしろ感は減った感じ。しかしあらすじが交換日記じゃなくなったせいでヒスイのみねーよそんなとこ!デレがなくなったのやっぱりゆるさないよ!
キャラ追加に関してはそこまで違和感ないかな、って感じです。
カルはもともと同行あったし序盤なんか変な感じするけどより喋ってより彫り下がった。
ガラドの方はこれTOIRやったほうがいいやつや…ってなったのでノーコメント。大人キャラ増えて安定感出たとは思いますけど拭い去れぬ異物感。そもそもそういうキャラだとは思いますが。
おそらくここがR化一番のネック。むしろ他はDSと比較して責めることそんなにない。


〈美術系〉
TOIRは顔面鋼鉄だと聞いたので表情変化がある時点で表情豊かにキャラが動く…のか?
でもモデリングもそこまでよろしくないしカルが妙な立ち方しててバルハイト装着してないと妙ないかり肩に見えるしで全体的に見たら3DモデリングのRPGとして多くを期待してはいけないといった感じの…。
DS版のBGMはよく覚えてないんですが村系BGM同じすぎるだろ!と突っ込みたくなる頻度。これでも使い回し減ってると聞いてえっ…。
悪くはないけどそんなにいい意味では耳に残らなかった感じでした。少なくともとりあえずサントラはいらない。

○Rになって
DSから相対的に見るととてつもない演出強化ですよ。ムービーもこころなしか追加されてるしアニメ絵で1枚絵が挿入されてるのがなかなか良いです。
でもEDスタッフロール後のあのシーンまでアニメにしたのはあのフレームアウト好きだったのでそれはあまり。
どうでもいいけどDS版は特にOPの作画崩壊が酷かった印象ですが今回はOP以外そんなに気にならなかった気がします。気のせいかもしれない。

<システム>
この項は基本的に比較でしか言えない。
リリアルオーブ系任意パラ伸ばしシステムになってレベルアップでポイント振りになった。
久々にDS版エボルブ見たらさっぱりだったし素材延々拾うの面倒だしでこの方がわかりやすくなった。楽とも言う。
ただ大問題として、だいぶ上まで特技術があるので80近くても技フルコンプできたキャラがいない。特化したらしたで項目間リンクは入らないしで到達度には難あり。
料理が復活。エナジーが悪いわけじゃないけど、やっぱり料理は関連スキットが楽しい。頑張って野菜食べるベリルかわいい。
あとスピルメイズの歩数制限とかモブメイズがなくなったのは良い改変。
比較妙な部類に入ってたDS版のシステムと比べたら全体的にテイルズのスタンダードになった感じの印象。特徴的なものを挙げるとしたら成長か、程度。


〈総評もといおおまかな雑感〉
単純クリア+wiki見つつ取りこぼしサブイベ消化+PTと3人分の闘技場制覇くらいで合わせて38時間弱。
DS版でのクリア後データ見たら57時間になってたので色々やってたとしてもだいたい2/3か…。
スピルメイズの大幅カットといいテンポ自体はだいぶよくなってはいるのでさくさくといえばさくさくだけど、いらんもんまでカットしてちょっとあっさりした気がしないでもないっていうか。
具体的にはヒスイが。ヒスイが。
どっちか迷ってるというならDS版をとりあえずやって好きだと思ったら別表現としてR、ってタイプだなーと。
とはいえ、ちょいちょい「…あれ?」ってなって、わざわざ調べたらやっぱりそうじゃないか!のパターンも多いので楽しむという点ではとても楽しかった。

……というかコハクの謎贔屓以外見捨てられがちなTOHがわざわざ改変の手間(※改良ではない)をかけベリルに謎の気合のはいったモデリングで戦闘も手の入ったリメイクしてもらえただけでも幸せですよ…字面的には泣きたいけどこの一文……。

以下ちょっと昔から思ってたTOHのEDの感想というか文句。当然ですがネタバレです。

続きを読む "テイルズオブハーツRプレイ感想" »

大神(絶景版)のプレイ感想

大神 絶景版

単純にこう、PSNのカプコンセールが9/1までだったはずなので今のうちに書いておかねば!と。迷ってる方の背中を蹴っ飛ばせたらいいなとおもいつつあとラストランカー(リンク先感想記事)もいかがですか。

<システム>
・戦闘:
強化pt結構多いし敵も戦闘テクニックというよりパズル系の動きを要求されるしそもそも回復アイテムがクールタイムなしで使える時点で以下省略、すっごい快適。
ヌルゲーにはヌルゲーだけど爽快なので問題ない。余談ですがこれ始める前にデモンズちょっとプレイして挫折しました。余談ですが。
ちなみに手数厨を患っているのでずっと勾玉ぶん回してました。99!

・筆しらべ:
筆でなにか書いて色々する、とだけは知ってたんですが実際花咲かせたり稲斬ったりするのが神様っぽくてとてもたのしい。人々が「なんでかできちゃった」的反応をするのが凄い神様的アシストって雰囲気ですよねー。

<美術面>
・音楽:
ラスボス戦が好きBGMランキングの上位に入ってるのは聞いてましたが実際に聞くと更によく聞こえる。和風ゲーム音楽としてはトップクラスではないのか。フィールド系が壮大爽やかで好き。

・ビジュアル:
よくあの筆絵で動かそうと…!と改めて感動を。あの輪郭線すごく好きです。
あと走ったりジャンプしたり挙動にあわせて草花生えたり葉っぱが散ったりするのがすごくいいです。全力で和風に神様しにきてるのが好きです。
ところで犬型主人公ってことで人じゃないのにちょっと忌避感持ってたんですがいざ動かすと可愛い。色々ととてもかわいい。

<ストーリー>
なんだかんだで王道だった。ちょいちょいメタいネタ挟んできて笑ったりアマ公が可愛かったりしますがナカツクニのピンチに立ち上がるアマテラス!
何か瞬間風速的にキャッチーな展開があるかといったらそういうわけじゃないと思うんですが全体的に先が気になってサブイベントが疎かになる(ただしその後小康状態でサブイベントをひたすら消化のターンになる)。

<総評>
成程神ゲー。
神様するって意味でもそうですけど減点方式だとちょっと移動がめんどくさいくらいしか減点する所がない。あえて言うなら人型で萌えないくらいか?とか萌豚みたいなことを思ったけどベクトルが萌えじゃないだけでとても好きなのでやはり減点ではなかった。
セールしてなくてもbest版で安いしHD版だしこれは一回プレイする価値あり。というかどうして私は今までプレイしてなかったん?って言うレベル。
とても楽しゅうございました!



アルノサージュを強烈に勧めたいプレイ感想

アルノサージュ ~生まれいずる星へ祈る詩~

※プレイ時シェルノサージュ未プレイ並みの感想

○システム
基本:
貶すほどでもないですがさりとて過剰に擁護できるかといえば唸らざるを得ない、まあそんな。バックログと用語辞典直通はありがたいですが戦闘以外のシステムで言及できるのはそのくらいかな…。あと文句言うならばシーンかせめてムービーのスキップ欲しいとは昨日ラスボス2回目殴って思いました。
特有(?: なお比較対象はアルトネリコ3作の模様
・いつものグラスm……調合です。ヒロインごとに違うものにはならなくなりましたがそのかわり両サイドで違う調合会話が楽しめるように。そんなに埋めてないのでなんともですがとりあえずサルミアキ子さんのブレ具合には笑いました。
 あとなんといっても調合ソングとダンスあれは一体何なんだふざけ……ついかついかー♪デルタが妙に嫌そうなのが笑う。
・禊はやっぱりいつもの結晶強化+会話ですね。面倒くさいと思わないでもないんですがこれが醍醐味ともいう。アーシェスでふざけてイオンちゃんに怒られるのもデルキャス爆発しろするのも楽しい。強化の方はしらない。
・地味にサージュ・コンチェルトソーシャルとの連携がなかなかおもしろい。経験値とか2倍に出来るGPゲット出来るのもそうですが母胎想観のアレは結構面白い試みだよなと。
戦闘:
確かにベースは2ですがなんか妙な方向にジョグレス進化したような…。
画面外への攻撃で敵を一掃!というとなんかすかっとする雰囲気ありますけど後半になるとややザコでバースト溜め→中ボスもまとめて排除でもしないと中ボスにボッコボコにされかねないのと、単に全滅させないといけない気になってくるのでなかなか短期決戦で切り上げにくいのがちょっと難点。ただ、一掃した後迷子になってもエンカウントにうんざりしないという利点はあります。
謳う丘で50waveだった時はまあ切れましたが!(しかしその後2戦闘で99まで上がるという威力を実感したのでなんともいいがたい
あとアイテム類とかの効果がわかりにくいのなんとかしてつかーさい…。

○美術面
・グラフィックとか:
 モデリング自体は可愛いのになんか動きが残念…。あと演出が…。
 3Dモデリングで紙芝居会話って向かないのでは…という印象を拭えない困る。
 でも天領沙羅とかフェリオンとかの街の背景1枚絵はさすがの世界観だしキャラデザはかわいいしで差し引き普通という感想。
 ただ、アニメ入れるよりはプリレンダムービー入れたほうが可愛かったのでは無いかと本気で思ってます。
・音楽:
 正直これが7割と言っても過言ではないのは言うまでも無いですよね!
 いつも発売前日にひと通り聞いた時は微妙だなーって感想になるんですがプレイし終わる頃にはやっぱり今回も神曲オンパレードだったなーと思っています。今回もそのパターン。
 プレイとブックレット含めたら「Class::XIO_PROCEED;」とか「yal fii-ne noh-iar;」とか「ラシェール・リインカーネーション」とか以下省略というかもう全部でいいやとにかく良曲揃いです。
 言語形態が変わったのでちょっと不安だったんですがむしろ3より1に近い印象。 あと前述の調合ソングとあと攻撃魔法類が耳に残りまくりです。
フィールド音楽とかもいいのですがいかんせん詩魔法のがインパクト大きいのであまり言及できない感が。

○ストーリー
 Phase2の終盤までははっきり言って世界観丸投げ専門用語乱舞で投げそうでした。というか1回投げかけました。
 でもインターディメントが本格的に出てくるようになってからがすごい。
 あんまり詳しいとネタバレになるのでむずかしいですが割とメタで主人公=プレイヤーっていうのを違う意味で実感させられました。(まあネタバレといってもアーシェスがアーシェスとしている時点で今更ですが)
  世界観単語イミフも単語集ワンボタンで連結してるのでなんとなく分からないでもないかなってなるのが中盤以降っていうのもある。波動力学だの神話だのについていけないのはアルトネ3で諦めました。
 あと精神世界が他人とチェインするようになったの地味にいいですね!
 今まで便利モブかカオスになってたのが友情とか屈折とか増量でいい感じ。具体的にはキャスとサーリ、イオンとレナルルさんとか。
 でも便利モブといえば白鷹の便利屋度しかも本編登場遅い(一応)のは未プレイでもこう、哀れみさえ(略
  ただ、シェルノの方の完結楽しみに待ってる人はやらないほうがいいのかもしれない…私現行配信分まで終わってないからよくわかりませんが。

○総評
 概ねクソゲーと凡ゲーの境を行き来してるけど好きな人はかなりハマるタイプなのでは。  私はインターディメンドが本当上手い演出だと感じたので星評価するなら差っ引いても4つ星付けますが序盤だけなら2つ位ですしメタ嫌いならこの評価変わらなさそう。
 個人的にはシェルノは私がやってなかったし時間かかるしで別にやらなくてもいいと思いますが、アルトネリコ系プレイしてないと世界観が完璧にイミフっぽい気がするのでどっちかやったほうがいいかなーとは思います。イミフ状態の序盤が多分FF13より何言ってるかわからない。あれ単語集開かなくともプレイしてれば裏設定はともかくなんとなく何言ってるかは分かりますし。
 アルトネファンなら余裕でおすすめしますしイオンは俺の嫁っていうならじゃあやれよ夫なんだろと満面の笑みで言えます。

 まあ、グダグダ言わずとも評価を端的にまとめるなら増税前ブーストかかったとはいえ本体ごとシェルノサージュ買ってきた、で十分ですね。イオンかわいい



以下、ちょっとインターディメンドとかねいちゃんとかでネタバレ

続きを読む "アルノサージュを強烈に勧めたいプレイ感想" »

最後の約束の物語 レビュー…のような何か。

最後の約束の物語(特典なし) 最後の約束の物語(特典なし)

販売元:イメージエポック
発売日:2011/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クリアした即日売ってきました。10%アップがあっても1100円でした。…まあ、そういう事なんだと思います。というか今知ったんですがアマゾン新品価格もひどいじゃないですかw
結構こき下ろしてますので好きな方は注意。


○戦闘とかシステム回り
キャラ固定の世界樹っぽい。ポイント振りとか難易度とか。
ただその難易度に関してはちょっと微妙かも。
確かによくRPGでやる終盤雑魚相手に俺TUEEEEできないのは難易度高いって言えるかもですけどボスに対してもレベル上げと死に覚えで何とかなる程度。
というかラスダンまでSP全保存(ラスダンは最後だと思って大放出した)でしかも1週目でグッドエンド来れた時点で…。ちなみに私はむしろ難易度高いのはやや苦手な方です。
あ、あとポイント振りのシステム自体は好きなんですけどこれに対しての苦言。ポイント要りすぎだろ!特化成長しろってだけかもしれませんけどこれは無理!ツリーの頂点にいるようなの覚えらんないよ!
褒められる点と言えばヘイト操作を可視化してシステム化したあたりかなあ。今までいまいち意識したことなかったんで結構新鮮でした。
なんだかんだ言いましたけど戦闘はそこそこ。むしろこのゲームの数少ない長所。…ただし、比較的。
その他のシステムで言うと敵ドロップ売却でアイテム追加なあたりも世界樹。いやこういうの好きですけど。
約束システム(?)は結構どうでもいい。後述しますけどキャラそのものに魅力がないせいでそれに魅力を感じないというか。
あと基本的にお使いゲーなのもちょっと。飽きっぽい私がよくクリアできたものだと思うレベル。それで何になるの、っていうのがはっきりしないんですよねこれ。ただ助けてるだけというか。
そして本気で致命的なのがスキップ機能がないこと!ボスで詰んでた時に同じムービーさんざん見せられた時は本気で投げてやろうかと思いました…。
さらに周回ボーナスが…なんとも…。いやそりゃあレベル引き継いでも意味ないのはわかりますけどやっぱりやる気起きるほどのものでは。
とまあこの3点が周回推奨ゲーとしてはどうなのって言うか…。

○キャラとかストーリー
薄い。重い話なのにどういう訳かすごい薄い。
キャラクターに感情移入できないのもその一端を担ってます。いや相互作用なのか。…まあいいや。
なんかいろいろ鼻につくんですよ。民衆の行動とか。
あと滅びるかどうかの瀬戸際でその緊迫感のなさってどうなの。
という訳でストーリーに期待して買うとがっかりします。キャライベント全部やったらまた違う感想なのかもしれませんけどそもそも1週目で周回プレイさせるだけの魅力がないっていうのはだめだと思います。

○音楽とかグラフィックとか
このゲームほぼ唯一の長所。
BGMはちょっとオーケストラ調というかファルコム臭というか。バイオリンが目立ってる雰囲気というか。私は好きです。
というかいっそゲーム買うならサントラ買ったらいいと思います。
ただOPはちょっと。164さんもルシュカさんも好きなんですけど本編BGMと比べてすごい浮いてるんですよ。ミスキャストと言わざるを得ない。
グラフィックも結構好きです。キャラは多分アークラっぽい感じ?人物の顔の造形が好き。
背景も私の大聖堂系建築好き補正がかかって結構好きな部類。
加えてキャラデザの倉花さんも好きなんでほんと美術面は結構いいんだけどなー…。

○まとめ
難易度高いゲームやりたいんなら世界樹先にやりましょう。もしくは他のwizゲー。
イメエポさん好きなんですけどこればっかりはいまいち人に定価ではすすめづらいなあ…。
でも電車の暇つぶし程度には楽しめるので興味があればやってもいいかもしれないです。
…でもやっぱり何が魅力なのか私には説明できません。
PSPゲーやりたいなら今の精神状態ではむしろシュタゲをお勧めします。ジャンルすら違うけど。

それにしてもラスランとこれキャスト似すぎじゃありません?
主人公かぶりとか尋常じゃないですよ。そのほかにも3人くらいかぶってますし。好きなんですかね上の人とかが。

最約も終わったので放置してたカオスヘッド再開しようかと。
カエルFDとかワンドとかもちょっとやって積んでるんですがシュタゲとかリライトとかややギャルゲ寄りのゲームの方が楽しくてそっちよりの思考になっててやる気が…。
どうやったら治るんですかねこれ。…治す必要もないか。
ちなみにリライトは発売日に買ったというのにまだ小鳥しか終わってません。でも小鳥ルートおもしろかった。
あ、あとPSNでセールしてたんでついダンガンロンパ買っちゃいました。とりあえずカオスヘッド片付けますけどもうわくわく。セール万歳。

より以前の記事一覧