2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

ガガガ文庫

空知らぬ虹の解放区 感想。

51iksx0tgnl_sl500_aa300_
空知らぬ虹の解放区 (ガガガ文庫)

学園青春クライムアクション開幕!

「殺せぬ煩悩などない。重い懲罰を課せばきっとな」
恋愛厳禁の全寮制高校・聖ヶ原学園(ひ じりがはらがくえん)。高校二年の主人公・軒原拓馬(のきはら・たくま)は、学園の秩序を守る風紀委員会のホープだ。同じく堅物な風紀委員の相棒・小瀬村 衣舞(こせむら・いぶ)とともに、幼少時よりこの学園で厳格に育てられた拓馬だが、この学園には彼らが知らない学生地下組織が存在していた。
――非営利で同人誌を密造し配布する『脳内解放区(のうないかいほうく)』(通称「脳解」)。

そして事件は起きる。

中 等部で人気の男子生徒、光武 悠(みつたけ・ゆう)が半裸で拘束され、校舎裏のプレハブで発見されたのだ。「脳解」の仕業と断定し、組織の所在を探る拓馬。そんな彼の前に「脳解」の代 表を名乗る女子生徒「ブルーシスター」が現れる。ウィンプルに白の仮面で顔を隠した彼女は、事件の主犯が別にいることを告げ、拓馬に「脳解」のメンバー入 りを促すのだが……。
「なぜ、自分を仲間に?」

――そして拓馬は自身が"ロリコン"だと知る。
(Amazonより)

人物がいきなりだだっと出てきた上に主役誰だよ!ってなって凄くとっつきにくかったんですが、段々中盤に向けて馴染んでくる感じ。
ついでに主役は兄弟でダブル主役だそうなので納得、ですがどっか書いといてくれたらそのつもりで読んだのに…。
今回は真面目系ロリコンの兄がメインですが弟から見た兄図が気になってしょうがないので弟視点に期待。

端的にまとめると、穏健派NPO系変態VS急進派企業系変態の戦い(誇張)。
まあそれは言い過ぎにしても、仲間の仇討と風紀取り締まりのために本来取り締まり対象と手を組む、って流れですがいいですよねこういうの。
いがみ合いから生まれる信頼!もえる!

シリーズ1巻目という事で1巻でスパッとまとまった前作に比べまだ爽快感は薄いかも。これからに期待。

一言:常に隈のあるヒロインって珍しい。でもまあヒロインっていうか…

人生 第2章 感想。

51rp0ywgtl_sx350_

人生 第2章 (ガガガ文庫)

第一新聞部がパクり企画スタート!?

夏。第二新聞部の赤松勇樹は、部長の二階堂彩香から、人生相談コーナーのメンバーで合宿に行くよう命じられる。しかたなく理系担当の梨乃、文系担当のふみ、体育会系担当のいくみの三人にメールで打診するも、三者三様に断られてしまう。しかし彩香は、第一新聞部の活動に対抗しているようで、夏の海をあきらめない……。友情、貸金、盗用、性欲、勝負のこと。第二新聞部の新コーナーは大反響! みんなの相談に答えるのは、志乃、くみ、よしたかの三人……って、オマエラ誰だよ!? 超☆感覚・人生相談2回目!! 行くの? 合宿。
(Amazonより)


ただでさえ人生っていうタイトルが好きなのに単純ナンバリングじゃなくて第2章と来たか!好きだ!
あらすじの通り今回は合宿巻です。
合宿に行こうと奮闘したり行ったりで前巻より全体を通したストーリーがある感じの印象を受けます。
ただ比較対象が前巻だからってだけで全体的には相談→回答の流れなので雰囲気がガラッと変わる訳ではないのでご安心?
で、表紙のとおり今回はふみメインな感じです。
…いやふみというかふみ家族メインというか…そっちが濃過ぎて!
今回個人的に一番好きなのはふみ祖父の必殺技名ですねー。
どうして円転爺槍舞にキングオブチャンチャンコなんてルビが付くんだww他のもむだにほのぼのしてる感が妙にツボに入ってますww
このままでいけば次はいくみ押しか?と思いつつもやっぱり基本は変わらないんだろうなあ。

一言:ふみメインであろうとツンデレ好きと1巻の刷り込みで梨乃可愛いよ梨乃。

いい加減ブログ放置するのに罪悪感的なものを感じたのでたまにはラノベの感想でも書こうと思って。でもシリーズものだと前巻から引き続き面白かったで終わってしまうのがなんとも…。