2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

ADV

大逆転裁判2をクリアしたので感想

大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覺悟-

ド余談かつ私怨かつ逆恨みですがこれプレイしてる最中FGOでホームズと新茶爆死しました。
というどうでもいいマイナス補正がかかっててなおホームズおまえ……!ってなったので1プレイしてない人は1・2連続プレイしてくださいお願いします面白いですお願いします

あととりあえず前作面白かったのにこんな切り方で終わるのかよ!今回大丈夫かよ…という感じの方は安心してさっさと買ってプレイしてください

(一応前作の感想がこっち→大逆転裁判プレイ感想

システムに関しては概ね前作と同じなのでコメントは省略。
ただ6と比べてキャラのモーションがすっきりした&早送り効くようになったので全体的にややスッキリした印象。

美術的な面というかグラフィック・音楽は前作の時点でかなりよかったというか好みだったのでそっちも高評価の上省略。

今回の本題はシナリオで良いと思うんですよね。
あんまり深く何が面白かったっていうとネタバレになるので後述。
とにかく前作の「続きを待て!」と言わんばかりの伏線の山が(多分)全部回収されてます。
正直まあそうだろうなと思うものも結構にあったんですけどそれをベタと取るか王道と取るか。
私は王道だと思います。
あまりに怒涛の展開なのでこれもしかして3部構成だったのではと思ってますが!
それでも話数を重ねることでの話の壮大さの演出という意味では結果的に成功したのでは。続きものだと思ってやれば(これ重要)シリーズ屈指の名作だと私は思います。
あとバンジークス卿の株ド上がりのキャラゲーとしてめちゃくちゃ楽しみました(小声

以下ネタバレありで各話感想。

続きを読む "大逆転裁判2をクリアしたので感想" »

カオスチャイルド 感想

カオスチャイルド(psvita)

実はまだアニメのほう2話くらいしか見てないんですけどネタバレ食らう前にと思って積み崩ししました。
半年くらい前にノーマルエンドプレイしたときすごい面白くて止まらなかったんですが個別が…カオヘの方も個別で積んでて……。
個別もテンション乗り出したらノンストップで終わりました。

結論から言えば無茶苦茶面白かった。
でも疲れてる人には元気になってからプレイしてほしいやつです。最近他にやったゲームが軒並みどシリアス展開の山で私はぐったりしました。

科学ADVシリーズっていうかカオスヘッドの続編というかテイルズで言えばシンフォニアとファンタジアくらいのまあ知らなくても支障はないかなくらいのつながりです。
支障はないんですけど、で前述の通りカオヘの方はノーマルエンドで積んでるんですけど、プレイしてたほうが絶対面白いとは思います。
ギガロマニアックス関連が本当公式サイトにあるくらいしか記述がないので(多分)急になんだとか思わなくて済むのと、あと本当に「そうきたか」と。

科学ADVシリーズといえばシュタゲって感じですけどあれが割りと明るいというかスポ根っぽい(?)のに対してこっちはマジで恐怖と焦燥感がひたひた忍び寄ってくる感じがなんというかやばい。
どっちが上とかないです。好みの問題でどっちも傑作では。
ついでにどっちもネットスラングが山盛りでTIPSに丸投げです。
あと純粋にグロ系Z指定なのでそういう。

瑕疵のないハッピーエンドを求める人には全く向かないゲームですがPSストアでセールもやってるんでぜひ。
私はシュタゲゼロところげてをPS+のクーポンで買おうと思ったらメール配信切ってました。アホですね。

逆転裁判6クリア後感想

冷静になる前に書こうと思った。(クリア直後
とはいえ↓を貼るためにAmazon多少ちらっと見て多少な、なるほど?と思いはした…。

逆転裁判6

〈システム〉
本格的に霊媒が突っ込まれたわけですが霊媒なんてあるんだしもっと真相究明に使えないのかって思ってたので鍵としてまともに扱われてるのが個人的に面白かった。
霊媒ビジョンは何を突っ込んでいいのかわかってるのにどこに何指摘すればいいのか困りましたがそれはまあこのシステムでなくともいつもの……。
託宣が指摘で更新されてくのはココロスコープみたいな証言の掘下げシステムとして割と好き。アレも好き。
あと地味に過去本編に出てきたシステムは全部ある…と思う。数が増えて自信がないけどインタビュー読んだ限り多分そう。

〈美術〉
音楽は今回あんまり聞いてなかった…霜月さんが託宣の時の歌(正式名称を忘れた)歌ってるってことにすべての気を取られた……。
今回どっちかといえば演出強化の方に目が行った感じ。
5ではアニメーション増えた!って言ってた(自分の発言を確認してきた)けど今度は3Dモデルがアニメーション的な動きをするようになった。
で、5の時のムービーシーンっぽいのとは別に会話時のムービー的モーションがやたら多い印象。すげえ!派手!という感想をちょくちょく抱いた。
……テンポが悪いというのは余り否定出来ないけども…。

追記:
オプションでいつもの既読B長押しで早送りが未読でも出来るのでとりあえず話はそれからですからね!まあナユタ検事の蝶のモーションとかは飛ばないけど!

〈シナリオ〉
※多少はネタバレかつ過去作もネタバレ
基本的な批判点がオドロキくんだなあと思って私の感想を翻ったところ、私はどちらかといえば設定が生えるのが好きな方なのでむしろ楽しかったという結論に至った感じ。
というわけで一応出生だけは説明されてた&アオイが友人という点だけの過去があったオドロキくんに過去が増えた。
便利だなお前!と思いつつこういうの好きなんだよ…。
あと5話がすごい……ああいう少年漫画的展開好きなんですよ……。
序盤、設定上弁護士が憎まれてるだけあって割と無双ゲー始めたくなる感じはあるんですけど結局最終的なデレへのツンみたいなもんなので耐えて下さい。

ちなみに、結論としては「何言ってんだお前逆裁はナルホドくんのものだろ」って人は素直に過去作やろうね☆という程度には今回の主人公はオドロキくんです。ぶっちゃけ4より主人公してるんじゃない?

以下各話感想。
ネタバレかつ多分腐萌えじゃないけど関係性萌えではある視点なので注意。

続きを読む "逆転裁判6クリア後感想" »

割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1

ちまちまゲームしてはいるんですけどニンテンドーのイカと仕事で感想まとめるまで至ってない奴が溜まってきたけど感想自体は書きたいのでさっくりまとめることにしました。
そしてそのさっくりでもまとめ終わらずに続く!


名探偵ピカチュウ(公式サイトへ)
PVでた時にCV大川透さんのピカチュウで有名になったアレ。
久しく本家のポケモンはやってないのもあってポケモンが動く…かわいい…とかいいながらクリアしました。
謎解き系ADVとしては無難に面白い出来。
問題はこの直下の記事のアレに引き続き察せないことは無くともTo Be Continued......なことです!
頼むから先に言ってくれ覚悟してからやるから!

Ever17(Magino Driveの製品ページへ)
記憶を消してもう一回やりたい奴だけどどういう楽しさとか認識してないと途中で積む奴!
※以下ネタバレを多少含む(気がする
ぶっちゃけアルノサージュの流れでやって、その時点で割とネタは割れてたんだけどそれでも例の鏡でゾワッとしてその後の解決編で膝を打った。
その流れのせいでメタフィクション熱が上がったもののメタフィクションと知ったうえで見るそれは意味が無いな……と思ってすぐ冷めました。
溜めが長いって意味ではひぐらしみたいなやつだったけど頑張って衝撃を受けるまでやってくれと先人と同じことしか言えない!

SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~(Amazonへ)
タクヨ作品月影とカエルしか他やってないんですがメーカーファン化するには事足りる感じのやつの3作目に。
恋愛ADVだしまあ恋愛してると思うんですけどむしろ歪んだ依存的サムシングの関係性ゲーみたいな印象でとても楽しかった。
主人公が基本世の中諦めてる系というか卑屈な感じなのがよい。
攻略対象キャラ概ねダメ人間で真っ当な感情ベクトル持ってそうなのも根底の設定がアレだったりで真っ当な恋愛ものは期待しちゃダメだと思われるけど破滅愛好きとぶっちゃけ月影好きにはなんの迷いもなく勧められるやつ。
あと地味にきょうだい関係がフィーチャーされてて主人公以外の二組に転げまわる程萌えた。なんか違うぞ……。

あとちょっとエロゲだからたたむ。

続きを読む "割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1" »

大逆転裁判 プレイ感想 

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

〈前置き〉
ある事柄についてのネタバレを全く差し挟むこと無くこのゲームの感想をいうことができないのでAmazonの自称非ネタバレレビューも見たくないレベルの方は諦めてプレイして私と同じ感想を味わって下さい。


〈前置き・もとい一番の感想〉
一応、事前情報は特に調べない派だった私にも非は無いわけではないことは認めます、が!
今までみたいな次回作は前作を踏襲してるけど作品ごと大筋は完結してる、っていう形式を崩すなら先に言ってくれ!!!
お陰で私は先が気になって仕方ないんじゃ……次は何年後なんですか????ねえ?????

〈システム〉
5でバックログが搭載されたことに一人で感動してましたが今作未読スキップ設定が出来ることに感動しました。
ただバックログは使いにくくなりましたがまあ、そんなに使うものでもな…い?

レイ逆で生まれた良システムこと他の証人の反応伺い(名前がわからない)がついに本家に!
SE鳴るんで探してる感はそんなに無いのと若干見ぬく的指摘ワンパが気になるのはアレですが真犯人系キャラの無欠感演出には一役買っている気もしますね!
まあ一つ一つ精査させられても困るのでこれはこれでいいです。

あと新システムといえばホームズの推理を軌道修正するやつ(引き続き名前がわからない)。
若干視線の先たどるワンパターンが気になるのとこの空間何だっていうメタツッコミ不可避感こそあれ、総3D状態を活かして推理もといあら探しをするのがなかなか楽しい。
ぶっちゃけすぐわからないこともないんだけどあっこいつの持ってるの○○じゃないか!っていう発見する事自体がなんか知らないけど面白いんですよね…。
あとくるくる回ってポーズ決める2人がうざ面白いです。

難易度はそんなに詰まらなかったことを思い返すとさほどでもない、といったところ。5よりは多少難しかった気がする。
いやノープラン特攻して数回ゲームオーバーしましたけど。
移動時にガイドが入るのと調べられる場所のカーソルがチェック済みに印付くあたりは難易度じゃなくて不便さの解消に分類していいはず。

〈ネタバレ抜きで総評〉

5から正統進化の方向に行った印象。
妙もとい特徴的なタクシュー節っぽい言い回しもそこかしこに見られてなんというか、「ぽい」。
で、シナリオも謎が気になって止め時に困る。
ただし前述の通り未完で気になる伏線ばかりが残ってて、今までの次回作なくても問題ないけど次の作品は前作を踏まえてる形式から完全にシリーズ化前提(多分)になったのでこれ今他人にすすめることはできないもしくは一緒に苦しめというアレになってしまった…。
もしかしたらDLC完結なのかもしれないですけど、何にせよ今言えるのは評価のしようがないってことです。
あっキャラはいつもどおり面白かったです。
問題は同じく伏線のせいで正しいキャラ認識ができないことですけど。

続きからネタバレ含めつつ普通に感想。

続きを読む "大逆転裁判 プレイ感想 " »

Dies irae ~Amantes amentes~ (PSP版)感想

Dies irae ~Amantes amentes~ (通常版)

中2と愛と友情を足して3で割った上に中2をトッピングした作品だった。
プレイしてると中2バトルにテンション上げるんですがふとした瞬間に我に返ると文章のくどさにちょこちょこやる気をそがれ放置、を繰り返し約2年。そもそもどこでこの作品知ったんだったか……。
最近某刀のアレのテンションに水銀思い出して頑張って続きやったら勢いでクリアできた感じです。
くどい、中2、だがそれがいい。
少ない燃えギャルゲ語彙だとfateしてる時とテンションが同じでした。


[システム]

多分スキップが放置不可?そしてなんかやたらフリーズした悲劇。読み込みに時間がかかるのがフリーズっぽいだけかもしれないけどその辺の判定はなんとも言いがたい。
最終的にUMD版を諦めPS+のパスポートで受け取ってたvita版をDLして玲愛ルート終盤以降だけvitaでやりました。演出の読み込みもラグらず快適でした。
……多分PC版やったほうがいいと思います。
正直言ってぎりぎり必要なものだけなんとか揃ってるとしか…vitaの神咒~も同じようなら迷わず移植版を候補から外すレベル。

[美術]
音楽がタイトル通りというべきか怒りの日とその同系統クラシックのアレンジが使われててしかもバトルのテンションに合ってて盛り上がり的にはとてもポイント高いです。
というかいっそテーマソング挿入が邪魔。
他の曲も特にバトル曲のテンション高いロック系(多分)の曲が格好いいのなんの。
ただちょっと問題として基本声の方の音質とか音量の調整が変な感じっていうか小さいので自前で音量調整してもなんかしっくりこなくて音楽的に楽しめてるかは微妙……。

あと絵はもともとGユウスケさんの絵好きでむしろそれに後押しされて買ったので終始新ビジュアル出てくるだけでテンションあげましたと述べるにとどめておきます。

[シナリオ]
多分感想でさんざん書かれてると思いますが主人公勢より敵が格好いい。
主人公勢というか蓮の永遠の今がほしいっていう気持ちは私今マジでそんな心境なのでそういう意味ではとても応援しつつプレイしました。
でもそれと同レベル以上に、共感度は何言ってるんだこいつ、位なのにその信念貫き通して散ってく敵キャラのかっこよさ。
ついでに味方サイドでも蓮より司狼のが格好いい気がするのはチンピラだからか。チンピラが格好いいシナリオ。

そして中2全開のバトル!バトルが性に合わなかったら多分1ルート終わる前に投げるので体験版必須であろう割合かつくどさかつ中2のバトルですよ!
もちろんこの中2は心からの褒め言葉です。

あとやたら暑苦しくてホモ臭いを自称するレベルの友情と強敵と書いて友と呼ぶみたいな感じの因縁とか。
そして同じような関係性を女性キャラにもそのままスライドした感が若干ある女同士の戦いとか。
なんというか萌系エロゲの流れとまた別の下ネタ系というかなんというか形容しがたい移植元18禁ですを主張する言い回しとキャラ立ちとか。
全体的に人を選びそうでぶっちゃけ弾かれかけましたが独特の魅力が有りますよね…。
でもヒロイン皆魅力的ですけどその魅力が大体同じ「自立した上で男を支えるかっこいい女」としての魅力なので男キャラの魅力のバリエーションに比べてパターン少な…ん゛ん゛!

アザエピは…そのうちやります。
余談ですけど終わってから移植元のサイト見てそういや元はエロがあるんだよな、と思ったくらいには何処に入れるんだよ感ありました。むしろグロのほうがレーティングされてるんじゃないか…。

神咒~もやりたいような、レビューの類を見てると怖いような、また積むような……。とりあえず、積んでる泣きゲの類を崩してから考えます。


采配のゆくえプレイ感想

采配のゆくえ

前提: プレイしたのがバサラ直後で戦国に限らず無双はほぼ未プレイでついでに戦国知識メインがホライゾン&織田信奈だよりでおまけに逆裁プレイヤーです

○システム
 ADVと聞いてたけど一瞬ストラテジーかと思ったけどやっぱりADVでパズル要素高めだった。
 最悪総当りでも何とでもなるので難易度は低めかと。
 天眼モードの存在は割と謎というかあれのおかげでパズルの印象が強いです。あとあの長い演出半分にらなかったのか。
 要所要所で逆裁…と呟いてしまった私は悪くない程度になんか逆裁っぽいシステム。システムだけ。あとあんまり推理ADVやらないので比較対象があんまりないのと発売当時の印象で。

○美術面
 2Dだし普通にDS並みの画質って印象。でも1枚絵とか背景とかのライティングは超好み。
 キャラデザについてはなんか史実人物云々とかで単純に言っていいのか悩みますが私は好きです。女性キャラがみんな美人なのと吉継が異様に美しかったのがすごく印象的。
 逆にネタキャラ度は高いのか低いのかわからない…。
 音楽はプレイ後しばらくした今まったく覚えてないので別に良くも悪くも普通だったのかなーと。

○ストーリー
 関が原の戦い。で西軍。当然のように胃が痛い。
 史実以下略ですが戦況の話は(なんとなく知ってるので)ともかく、キャラクターが魅力的なので面白いんですが胃が痛い。
 とはいえ滅びの美学というよりお前の死は無駄にはしない!なので熱い系ですね。史実だからネタバレじゃない。でも史実だと思ってたら家康に勝ててびっくりしたけどな!ラスボスもなだめすかしただけだし!ラストだけそういう意味ではすっきりしない…。

○総評
 三行でいうと、
  第一印象(と事前評の一部)が逆裁
   でも中身はファンタジー込み熱血戦国
   こばやかわしょす
ってところですかね。
 780円で買って2日でクリアしましたがあと500円なら余裕で出せる。1000円だと迷う。そんな感じです。
 しかしなんで推理系ADVで作ろうと思ったのか。

逆転裁判5感想など。

逆転裁判5

※逆裁4も検事シリーズも楽しんでる人間の感想です
↑とレイ逆のモーションみてシナリオにも3Dモデルにも特に不安はなかったのですが不安とか言う必要ないくらいには面白かったですね。

・シナリオ
ネタバレになるのでうまく表現出来ませんがいつものちょいちょい伏線がはられる→4話が布石になる→5話で総まとめ、のパターンですね。
ただ黒幕を全く予想できなかったのもあって総まとめがいきなり感溢れてました。
いやそれ以前にオドロキくんにいきなり設定が増えてぽっと出感が…
とはいえ5新キャラレギュラー(?)組の3人を皆好きになれたのでやっぱり楽しいです。ナルホドくんにそれなりの落ち着きが出た代わりと言わんばかりの若手2人組のすっとこ具合がなんとも面白可愛い。
あとスターシステム的な御剣の登場でなんか色々許した。ガリュー弟は不憫ですが。
マジでネタバレなのであんまり言えませんが2話のグレート九尾とか3話の全員なんか抱えてる感とかメインストーリーの総出演感とか好きです。

・美術面

音楽が3DSによってゴージャスに!
楽器っぽいBGMが大好きなのでいいなーとは思ったんですが曲自体は耳に残るのは少なかったような気もします。ただし番刑事のテーマは耳に残る。
あとモデルが3Dに!
場面転換でぱっと切り替わるのに違和感はあるもののなめらかに動くとギャグ動作の面白さが増加しますね。3話の真犯人の発狂モーションとか。
あとココネちゃんの拳突き合わせるモーションとかでれでれモーションとかかわいい。
それからアニメーションが今作豪華にというかボイスの入る証拠以外のムービーが演出で入るようになりました!そしてみんな喋るように!
あのナルホドくんの声じゃないのにはちょっと違和感覚えましたけどまあ直ぐ慣れました。
……っていうか、レイ逆よりずっとうまいですからね(遠い目
アニメ自体は正直どっちでもいいです。
あと3Dもどうでもいいですね。3DSのゲームは大体そうです。

・システム

心理分析、結構好きです。
いやこれもこれもおかしいだろ!って言い出したらきりはないんですがかくしきれない感情の視覚化ってもはやロマンです。完全に好みの領域の話に。
過去のシステムも続投してますが配分は少なめ。サイコロックはまあいつもの矛盾の指摘とも近いしなあと思わないでも無いです。
全体的に難易度は簡単な部類かとも。あんまりセーブアンドロードしなかったし。私はRPGなら2週目のデータで俺TUEEEしたいタイプなので気にはしてませんが、気になる人はトコトン気になりますよね。
ちょっと不満なのは調べられる場所の少なさ。犯行現場以外も調べたいです!
あと地味ながら重大な変化として、バックログがつきました!!!すごい!
この調子でノーウェイト文字送りをB連打以外でやらせてくださいお願いします

・総評
4も検事も楽しめてれば買いだと思います。
というか4以降のキャラクターが好きなら、かもしれませんが。4より過去キャラもでてきますし活躍してくれますし。そして新キャラも負けてない。
あと前作よりオドロキ君の魅力が出てる気がします。設定いきなり変な増え方し過ぎぃ!と思わなくもないですが、4の微妙に影が薄い感じよりずっといいです。どうでもいいから好きキャラまで昇格しました。
難易度が低いっていうのは逆に間口が広いってことでもありますし、ぜひここからでも。そして面白かったり過去作キャラが魅力的に感じたら過去作へ、でもいいかなあと。
実際私は2から1にポロロッカしましたからね。

・余談:DLC
推理クイズの方はどことなくレイトンを彷彿とするまさにクイズです。ストリー性は皆無に等しくはあるんですがキャラクターの掛け合いは可愛いです。それとこういう論理クイズ的なものが好きなら買ってもいいんじゃないでしょうかね。150円で25問だし。特に牙琉検事ファンにはおすすめですね。本編より出てるんじゃないか…
逆転の帰還は や り ま し ょ うとしか言えませんね。いいじゃんこれ3話辺りに入れて4話を5話に入れ込めばー!と正直思わないこともないのですがなんだかんだで良い話だったし可愛かったしでこれは許さざるを得なかったです悔しいですが。DLC商法ぐぬぬもう1話くらいお願いします!お願いします!買いますから!
そして超余談ですが久々に4プレイしたら話をかなり忘れ去ってたのですごい楽しいです。特に5で影の薄い2人が可愛いやらかっこよむかつくやら。あとやっぱり4の終わり方が好きだなあと再確認。

以下折りたたみでネタバレ感想ちょっと。

続きを読む "逆転裁判5感想など。" »

スーパーダンガンロンパ2の感想!

とりあえず、なんか評判いいから2だけでも~という方はまず1をプレイした方がいいと思います。この記事ですらネタバレになる可能性ありますから。
まあぶっちゃけ私1より2のが好きですけど、2から入ったらもう1は楽しめないと思いますし1やった方が2も楽しめますからね。
あ、iOS版もありますけど1のセーブデータ読み込むとちょっと良い事があるので特にこだわりが無ければPSP版でやることをお勧めします。


○グラフィック
前作は大分新鮮だった2.5Dが既におなじみのものになってる感はありますがそれはシリーズですし置いておいてww
グラレベルとしてはまさにPSP製のADVゲームっていう感じですね。多少荒くてもまあPSPだし。ポリゴンもそんな気にするようなシーンで使われてないですし。
あえて言うなら今作背景が前作より舞台的に幅が多いのでそういう意味では進化かも。
あと完全に趣味の話ですけど、小松崎さんの描かれる太ももが凄く好きです。

○音楽
だんがんアイランドのOPがとても中毒性が高くて…。これとEDと議論BGMだけでも私は結構高評価しますよ!
要所要所は前作からおなじみでキタ―!っていうもの(のアレンジかな?)だったり、でもちゃんとフィールドとかは一新されてたりと、何というかダンガンロンパ新作感。

○システム
裁判パートが1とだいぶ変わってます。っていうか地味に変化してるところが結構あるので油断して説明聞き流したり説明書スルーしてるとゲームオーバーしかねません注意。
とまあドジ踏むか否かはともかく、新システムの反論ショーダウンがなかなかに楽しい、というかカッコいいです。カットインとか斬るときの日向の台詞とかクライマックスよりテンションあがりますよ!そもそもクライマックス推理テンションあげるものじゃないですけどね!
でもロジカルダイブに関してはなぜそんな鬼畜仕様に…と思わないこともないです…。
あ、あと日常パートでもスキルが一人分コンプリートしないともらえなかったり希望のかけらでスキルもらえたりするって変更点がありますよ。特に後者私気づかなくてですね…素手ゴロでロジカルダイブに挑んでHP減りまくってですね…

○シナリオ&キャラクター
捨てキャラなしで脱落してくのがこのシリーズの醍醐味なわけですがやっぱり脱落者が出るたびうわあああああんというかこう、泣きたい気持ちになります…。
特に今作、個人的には1より感情移入できたもので、毎回毎回やられてました…。
ネタバレですから多くは書けませんが、今回のキャラクターたちも濃いです。特に眼蛇夢をあのキャラでやろうと思ったスタッフは何を考えているのか(いい意味で)!
ところで今作凄くメタい気がしたんですけど前作からこうでしたっけ?

○おまけ要素
本編クリア後のアイランドモードは心が癒されます。マジで。
しかもおまけとは思えない作り込み。始めた時はスタッフGJ!といった気持でしたよ!
マジカル☆モノミも選択肢失敗した後にロードしてメニュー画面に戻ったときにあー、ちょっとやってからにしようかなーという感覚で出来るのが何とも。
ノベルに至っては私成田さんが書いてるって時点で嬉しいですよ!あと残姉かわいい。

○総評
超面白かった!1が好きでメタネタやオタクネタ、下ネタあたりに凄い拒否感を感じるのでなければ間違いなく買いです。あと「ダンガンロンパ/ゼロ」読んでない方は読んどくといいかも。無くても支障はないですけど楽しい。
1あっての2、むしろ1から2までまとめてダンガンロンパっていう感じはするんですが、私2超好きです。なんか続編としての3は難しそう…というか風呂敷が収拾がつかなくなりそうだとは思いますが、ダンガンロンパシリーズのシリーズでいいので次回作が今から楽しみ。自分でハードル爆上げしちゃってるのが心配と言えば心配ですがねww
上手く言えませんが、久々にすごいゲームやったなーという感じ。最近やったゲームはみんな手堅く面白いって雰囲気だったので、とがったものをやるのもまた楽しいですね!


以下ちょっとだけネタバレな感想、というか単に若干キャラ感想に偏重した叫びです。

続きを読む "スーパーダンガンロンパ2の感想!" »

Rewrite Harvest festa! レビューっぽい感想!


Rewrite Harvest festa!

ヒロインとの蜜月の日々、失われた楽しい日常、明かされなかった謎、「Rewrite」の世界をより深く楽しめる内容です。大ヒット作「Rewrite」 のスピンオフストーリー集です。今作はキャラクターにより深くスポットを当て、ライトでコミカルな内容を中心に、本編で語られなかった謎など、よりディー プな内容まで幅広く描きます。「Rewrite」の魅力的なキャラクターと深いシナリオ、両方をさらに楽しむことができるファンディスクです。              

まあミニゲームはまだ終わってないのですがストーリーとアクセサリーの話をいい加減に書いておかないと忘れそうだったものでww

○シナリオ部分
ラブラブですね!
ぶっちゃけエロゲレベルのいちゃつきぶり(※偏見)よりもくっつき始め位のもだもだ感が大好きなのでもうご褒美ですよこれは!本編そんな感じじゃないですからなおさら!
そんな感じの視点により小鳥さんとかちはやちゃんとかがかわいくてかわいくて…。
そのほかのルートも笑えたり泣けたりででも本編より気楽で私みたいに本編クリア直後にやると救われます。これが本編でいいよ本編あってこそのFDですが!
というわけでキャラファンなら買って間違いなしです。
ついでに言えばクリアはしてませんけどミニゲームも好きなキャラでRPGできるってお祭りゲー的な雰囲気好きにはたまらんものがあります。

○アクセサリ
プリセットの効果音に飽きてたところだったのでシステムボイスが楽しくて仕方ありませんww
今は会長にしてますがことあるごとにはいすみません!って言いたくなるようなww
壁紙については好みですねまあ。私これについては飽きっぽいのでなんとも。
ガジェットは今CPUがだいぶあれなのでちはやCPUつかってますがなかなか面白…かわいいですww

以下個別シナリオのネタバレ含む感想です。
ちなみに攻略順。

続きを読む "Rewrite Harvest festa! レビューっぽい感想!" »