2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

ADV

ファタモルガーナの館 感想

vita版がセール始めたのでセールで買ったPC版を積み崩した結果vita版を買った。
という一文で私がいかに落ちたかが伝わるのではないかと……
ぜひ現代編やってほしい。蛇足かもしれないけどもう蛇足でいいから幸せになってくれ……
いや蛇足っていうには本編なんだけどさ…

これ書いたときまだセールしてたのに載せるの完全に忘れてた…

○サスペンスホラーとか書いてあったしビジュアルこそやや耽美ホラーだけどプレイ後感想はサスペンス……?ホラー……?。
ジャパニーズホラー的な惨劇感とか後味の悪いエピソードとかはあるもののむしろ悲劇への悲しみとか愛とかそんな感じのものの方が印象強い。
というか平和の描写から入るのが退屈扱いされるかもだけどそれがある分崩壊が凄いこう…胃に来るパートになっててヤバイ(語彙力)。

これ言うとネタバレというか純粋に楽しめないかもしれないけどテーマが予想外ってだけあってどんでん返しが多くて中盤からはもうノンストップだった。

あっちなみにあらすじにある4つの悲劇の話までで中盤くらいです。総プレイ時間(本編)12~15時間くらい?寝る時間の参考に(※佳境だと思ったらまだまだあった並感

余談:悲劇ものにはお涙ちょうだいと作者の性癖の二通りあると思うんですがこれ後者では?

○絵が怖いっていうのはわからんでもないけどたぶん作中絵別にそこまでホラーでもないから最終的には細密で耽美なよく合った絵って感想に落ち着くと思うからいいからやって。(ごり押し

○ADV積むのが得意技の私が積まなかった理由の一つが一章入ってすぐのボーカル入りBGM。
というか全体的に女性ボーカルBGM(何語かわからない)が印象的でたぶんニーアとか好きならすごい好きになれると思う。
っていうかなんで音楽のいいゲームの話題でまったく見かけたことがなかったのかがわからない。

○外伝つらくてまだおわってないのでそのうち追記する…

アフターとフラグメントは尊さに死んだ。
地獄の後の日常物はヤバい。
あとミシェルが多少積極的になってるのがすごい…いい…。

○現代編
完全プレイ前は現代編ってどういう意味だ現パロ?と思っていたのを土下座します。
完全に地続きじゃないですかーやったー
誓いがちゃんと続いててよかったなあと思う反面メルとユキマサのとこはそれ本当に大丈夫かなあというか……。
あとモルガーナCV小清水さんが想像以上。毒舌ながらも割と敬虔な普通の少女で声がいいっていうモルガーナそのものですごい。
そして現代になった時のヤコポのこの……犯罪感……がんばれ…。

Detroit: Become Human  プレイ感想


なんかどっかで名前見て体験版プレイしてあっこれ買おうってなって買ったら大当たりしてそして胃も死にました。
さあこの胃痛体験をみなさんも共有しよう。

正直体験版やってください好きな人はそれで落ちるって感じなので適当にピックアップして感想をば。
あと総合的にいえば面白いから探索型ADV苦手でなければとりあえずやってって感じ。

○自分の選択の展開へのダイレクト反映っぷり
やるドラシリーズやったことないんですけど名前の響きから想定するものがこんな感じだなーって。
話題から手段から意志までめっちゃ選択ができるしその上でQTEで自分がそれを達成できるかまで左右される、ある意味の自由度の高さがすごい、ただしそのすごさが全て責任に跳ね返ってきて胃が痛い。
これで主人公が喋らない系とかクズ野郎とかだったらいいんですけどね……物騒なことと嫌われることがルート分岐的には要るんだけどやりたくない!
そのせいで別ルートを目指す途中で積んでる……。

ちなみにシナリオ自体は特別目新しかったりはしないのであくまで自分でプレイすることによる胃痛感あるいは全能感がシナリオの評価を決めるものだと思う、ので購入予定のある人はプレイ動画を見る前にせめて体験版を……。

○リプレイ性がない
で、分岐性が重要なポイントでもあるんだけども。あまりリプレイさせる気があんまりなさそうというか。
単純に一部やり直し→そのルートで、とかスキップ系がないっていうシステム性能の話と、もう一度やろうと思うと苦境にもう一度立たされるっていう精神的なやつ。
でもオンリーワンだと思うのもいいかもしれない。エンディングだけ脳内でハッピーエンドだったことにしようとかでも。
……いやそれはそれでもったいないな…。

○映像がきれい
体験版やってくれっていう話なんですけど、周囲探索のUIと選択肢の表示がすごいSFオシャレ系。にわかUIオタク歓喜。
それ以外も世界観が近未来SFなので身近なガジェット類のSFアップデート版って感じで(画面が透明なタブレットとかアンドロイドの内蔵通信機能とか)にわかガジェットオタク歓喜。
まあ両方私が好きってだけの話なんですけどね!

あとほぼドラマっていうか実際の俳優が演じて表情とかもモーションキャプチャで作ってるので映像的にはドラマみたいなもんだと思うんですがそれを知ったのがプレイ後で何が言いたいかって言うとありがちな現実の人間をもとにしたモデリングに何も違和感を感じなかったすげえ…ってやつ。
そのためか二次元特有の完全美形ではないのに最初違和感…まで行かない程度の変な感じを覚えたことにちょっと我ながら傷ついている。

○コナーパートが楽しい
キャラ萌の件はともかく。
捜査するのが探偵ゲー的な楽しさに満ちててすごい好き。番外編で探偵ゲー的DLCでたらいい値で買う。

○割と設定はご都合主義感ある
最初プレイしてたときはそんな深く考えてなかったんですけども。
なまじっか面白かったので考えてるうちに細か……くもないところが気になってくると言うか。
生みの親カムスキーが愉快犯みたいな立ち位置なのを加味しても妙にアンドロイドに都合がいいなあって点が見えてくるなあと。
アンドロイド判別のためにこめかみのLEDがあるなら自分で外せたらまずいのではとか服装も着替えられる程度のものだし…とか(一応判定の手段他にも出てくるけど)
全体的にプログラムを過信しすぎたセキュリティの甘さが見えなくもない。
まあそこまでやられたら絶望度割増だった気もするのでどっちでも良いや…

余談:
あとほんと全然別の話になるんですけど意思のある主人公を高次元にいる「私」が操作してるって設定のゲームがあるんですけどね?
そのゲームだとこっちとしては介入して世界救ってるつもりなのでそんなに罪悪感覚えなかったんですけどもね?
これほんと私の選択のせいで事態が悪化してくんだもんな……いや選択次第では向上するんだけどそこまでの道が険しすぎて開始時点が一番平和なんじゃないかっていう私のこう……停滞こそ穏便っていうタイプの……性癖?を発揮してきてな……半分言い訳だけど……

あとネタバレもといEDの話なので一応続きを読むの方に。ちょっとだけど。

続きを読む "Detroit: Become Human  プレイ感想" »

名探偵ピカチュウ 感想

名探偵ピカチュウ 
(画像が引っ張って来れなかった…)

前置き:以前DL版で出たやつが序章ならこれで第一部完、って感じの位置づけ。
あとDL版なら前作購入者はその分安くなります。4月22日まで。
私はこれを購入後に知りました……

推理ADVとしてみると難易度低すぎてたぶんその手のものを求める方には物足りないんじゃないかと思うものの、
ギャルゲ乙女ゲでないADVの時点でレアリティかなり高いと思うので
キャラが魅力的で捜査系ADVやりたいって需要ならマッチするかと。
正直そこまで真相の気になるシナリオってほどでもないので結局ポケモン好きかつライトな推理ADV好き向けではないでしょうか。

ボリュームはまあそんなではないです。
よく喋るムービーが早送り不可なのでそれでプレイ時間伸びますが多分休日2日も費やせば終わるくらい。
作り込みを斟酌すれば値段的にはまあ、
もちろんピカチュウ(ただしメンタリティが完全におっさん)とかピカチュウのおかげで何を言ってるのかわかるポケモン達がめっちゃかわいいという動機もあれば完全にお得。
っていうか私はネタで買ってポケモンかわいいって散々言いながらクリアしました。
……本編クリアまでできたのはサファイア(無印)を最後にサンを序盤で積んでるんですが。
でもやっぱり値段云々はいいのでもうちょっと長く楽しみたかったっていうのが本音でないこともないです……。

あと、若干ネタバレではあるんですがあんまりすっきり話が完結しないです。
大逆転裁判1→2のお前いいかげんにしろよレベルまでは言いませんが(※余談:2までやると神ゲーなので積んでるひとはやって)、結局アレはどうなったの?っていう要素が。
だいたい想像つくんで大したことでなくもないような…でもたいしたことのような…。

まあ端的に総評を述べると育成面倒な人向けポケモンかわいいゲーです。私だ。

大逆転裁判2をクリアしたので感想

大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覺悟-

ド余談かつ私怨かつ逆恨みですがこれプレイしてる最中FGOでホームズと新茶爆死しました。
というどうでもいいマイナス補正がかかっててなおホームズおまえ……!ってなったので1プレイしてない人は1・2連続プレイしてくださいお願いします面白いですお願いします

あととりあえず前作面白かったのにこんな切り方で終わるのかよ!今回大丈夫かよ…という感じの方は安心してさっさと買ってプレイしてください

(一応前作の感想がこっち→大逆転裁判プレイ感想

システムに関しては概ね前作と同じなのでコメントは省略。
ただ6と比べてキャラのモーションがすっきりした&早送り効くようになったので全体的にややスッキリした印象。

美術的な面というかグラフィック・音楽は前作の時点でかなりよかったというか好みだったのでそっちも高評価の上省略。

今回の本題はシナリオで良いと思うんですよね。
あんまり深く何が面白かったっていうとネタバレになるので後述。
とにかく前作の「続きを待て!」と言わんばかりの伏線の山が(多分)全部回収されてます。
正直まあそうだろうなと思うものも結構にあったんですけどそれをベタと取るか王道と取るか。
私は王道だと思います。
あまりに怒涛の展開なのでこれもしかして3部構成だったのではと思ってますが!
それでも話数を重ねることでの話の壮大さの演出という意味では結果的に成功したのでは。続きものだと思ってやれば(これ重要)シリーズ屈指の名作だと私は思います。
あとバンジークス卿の株ド上がりのキャラゲーとしてめちゃくちゃ楽しみました(小声

以下ネタバレありで各話感想。

続きを読む "大逆転裁判2をクリアしたので感想" »

カオスチャイルド 感想

カオスチャイルド(psvita)

実はまだアニメのほう2話くらいしか見てないんですけどネタバレ食らう前にと思って積み崩ししました。
半年くらい前にノーマルエンドプレイしたときすごい面白くて止まらなかったんですが個別が…カオヘの方も個別で積んでて……。
個別もテンション乗り出したらノンストップで終わりました。

結論から言えば無茶苦茶面白かった。
でも疲れてる人には元気になってからプレイしてほしいやつです。最近他にやったゲームが軒並みどシリアス展開の山で私はぐったりしました。

科学ADVシリーズっていうかカオスヘッドの続編というかテイルズで言えばシンフォニアとファンタジアくらいのまあ知らなくても支障はないかなくらいのつながりです。
支障はないんですけど、で前述の通りカオヘの方はノーマルエンドで積んでるんですけど、プレイしてたほうが絶対面白いとは思います。
ギガロマニアックス関連が本当公式サイトにあるくらいしか記述がないので(多分)急になんだとか思わなくて済むのと、あと本当に「そうきたか」と。

科学ADVシリーズといえばシュタゲって感じですけどあれが割りと明るいというかスポ根っぽい(?)のに対してこっちはマジで恐怖と焦燥感がひたひた忍び寄ってくる感じがなんというかやばい。
どっちが上とかないです。好みの問題でどっちも傑作では。
ついでにどっちもネットスラングが山盛りでTIPSに丸投げです。
あと純粋にグロ系Z指定なのでそういう。

瑕疵のないハッピーエンドを求める人には全く向かないゲームですがPSストアでセールもやってるんでぜひ。
私はシュタゲゼロところげてをPS+のクーポンで買おうと思ったらメール配信切ってました。アホですね。

逆転裁判6クリア後感想

冷静になる前に書こうと思った。(クリア直後
とはいえ↓を貼るためにAmazon多少ちらっと見て多少な、なるほど?と思いはした…。

逆転裁判6

〈システム〉
本格的に霊媒が突っ込まれたわけですが霊媒なんてあるんだしもっと真相究明に使えないのかって思ってたので鍵としてまともに扱われてるのが個人的に面白かった。
霊媒ビジョンは何を突っ込んでいいのかわかってるのにどこに何指摘すればいいのか困りましたがそれはまあこのシステムでなくともいつもの……。
託宣が指摘で更新されてくのはココロスコープみたいな証言の掘下げシステムとして割と好き。アレも好き。
あと地味に過去本編に出てきたシステムは全部ある…と思う。数が増えて自信がないけどインタビュー読んだ限り多分そう。

〈美術〉
音楽は今回あんまり聞いてなかった…霜月さんが託宣の時の歌(正式名称を忘れた)歌ってるってことにすべての気を取られた……。
今回どっちかといえば演出強化の方に目が行った感じ。
5ではアニメーション増えた!って言ってた(自分の発言を確認してきた)けど今度は3Dモデルがアニメーション的な動きをするようになった。
で、5の時のムービーシーンっぽいのとは別に会話時のムービー的モーションがやたら多い印象。すげえ!派手!という感想をちょくちょく抱いた。
……テンポが悪いというのは余り否定出来ないけども…。

追記:
オプションでいつもの既読B長押しで早送りが未読でも出来るのでとりあえず話はそれからですからね!まあナユタ検事の蝶のモーションとかは飛ばないけど!

〈シナリオ〉
※多少はネタバレかつ過去作もネタバレ
基本的な批判点がオドロキくんだなあと思って私の感想を翻ったところ、私はどちらかといえば設定が生えるのが好きな方なのでむしろ楽しかったという結論に至った感じ。
というわけで一応出生だけは説明されてた&アオイが友人という点だけの過去があったオドロキくんに過去が増えた。
便利だなお前!と思いつつこういうの好きなんだよ…。
あと5話がすごい……ああいう少年漫画的展開好きなんですよ……。
序盤、設定上弁護士が憎まれてるだけあって割と無双ゲー始めたくなる感じはあるんですけど結局最終的なデレへのツンみたいなもんなので耐えて下さい。

ちなみに、結論としては「何言ってんだお前逆裁はナルホドくんのものだろ」って人は素直に過去作やろうね☆という程度には今回の主人公はオドロキくんです。ぶっちゃけ4より主人公してるんじゃない?

以下各話感想。
ネタバレかつ多分腐萌えじゃないけど関係性萌えではある視点なので注意。

続きを読む "逆転裁判6クリア後感想" »

割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1

ちまちまゲームしてはいるんですけどニンテンドーのイカと仕事で感想まとめるまで至ってない奴が溜まってきたけど感想自体は書きたいのでさっくりまとめることにしました。
そしてそのさっくりでもまとめ終わらずに続く!


名探偵ピカチュウ(公式サイトへ)
PVでた時にCV大川透さんのピカチュウで有名になったアレ。
久しく本家のポケモンはやってないのもあってポケモンが動く…かわいい…とかいいながらクリアしました。
謎解き系ADVとしては無難に面白い出来。
問題はこの直下の記事のアレに引き続き察せないことは無くともTo Be Continued......なことです!
頼むから先に言ってくれ覚悟してからやるから!

Ever17(Magino Driveの製品ページへ)
記憶を消してもう一回やりたい奴だけどどういう楽しさとか認識してないと途中で積む奴!
※以下ネタバレを多少含む(気がする
ぶっちゃけアルノサージュの流れでやって、その時点で割とネタは割れてたんだけどそれでも例の鏡でゾワッとしてその後の解決編で膝を打った。
その流れのせいでメタフィクション熱が上がったもののメタフィクションと知ったうえで見るそれは意味が無いな……と思ってすぐ冷めました。
溜めが長いって意味ではひぐらしみたいなやつだったけど頑張って衝撃を受けるまでやってくれと先人と同じことしか言えない!

SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~(Amazonへ)
タクヨ作品月影とカエルしか他やってないんですがメーカーファン化するには事足りる感じのやつの3作目に。
恋愛ADVだしまあ恋愛してると思うんですけどむしろ歪んだ依存的サムシングの関係性ゲーみたいな印象でとても楽しかった。
主人公が基本世の中諦めてる系というか卑屈な感じなのがよい。
攻略対象キャラ概ねダメ人間で真っ当な感情ベクトル持ってそうなのも根底の設定がアレだったりで真っ当な恋愛ものは期待しちゃダメだと思われるけど破滅愛好きとぶっちゃけ月影好きにはなんの迷いもなく勧められるやつ。
あと地味にきょうだい関係がフィーチャーされてて主人公以外の二組に転げまわる程萌えた。なんか違うぞ……。

あとちょっとエロゲだからたたむ。

続きを読む "割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1" »

大逆転裁判 プレイ感想 

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

〈前置き〉
ある事柄についてのネタバレを全く差し挟むこと無くこのゲームの感想をいうことができないのでAmazonの自称非ネタバレレビューも見たくないレベルの方は諦めてプレイして私と同じ感想を味わって下さい。


〈前置き・もとい一番の感想〉
一応、事前情報は特に調べない派だった私にも非は無いわけではないことは認めます、が!
今までみたいな次回作は前作を踏襲してるけど作品ごと大筋は完結してる、っていう形式を崩すなら先に言ってくれ!!!
お陰で私は先が気になって仕方ないんじゃ……次は何年後なんですか????ねえ?????

〈システム〉
5でバックログが搭載されたことに一人で感動してましたが今作未読スキップ設定が出来ることに感動しました。
ただバックログは使いにくくなりましたがまあ、そんなに使うものでもな…い?

レイ逆で生まれた良システムこと他の証人の反応伺い(名前がわからない)がついに本家に!
SE鳴るんで探してる感はそんなに無いのと若干見ぬく的指摘ワンパが気になるのはアレですが真犯人系キャラの無欠感演出には一役買っている気もしますね!
まあ一つ一つ精査させられても困るのでこれはこれでいいです。

あと新システムといえばホームズの推理を軌道修正するやつ(引き続き名前がわからない)。
若干視線の先たどるワンパターンが気になるのとこの空間何だっていうメタツッコミ不可避感こそあれ、総3D状態を活かして推理もといあら探しをするのがなかなか楽しい。
ぶっちゃけすぐわからないこともないんだけどあっこいつの持ってるの○○じゃないか!っていう発見する事自体がなんか知らないけど面白いんですよね…。
あとくるくる回ってポーズ決める2人がうざ面白いです。

難易度はそんなに詰まらなかったことを思い返すとさほどでもない、といったところ。5よりは多少難しかった気がする。
いやノープラン特攻して数回ゲームオーバーしましたけど。
移動時にガイドが入るのと調べられる場所のカーソルがチェック済みに印付くあたりは難易度じゃなくて不便さの解消に分類していいはず。

〈ネタバレ抜きで総評〉

5から正統進化の方向に行った印象。
妙もとい特徴的なタクシュー節っぽい言い回しもそこかしこに見られてなんというか、「ぽい」。
で、シナリオも謎が気になって止め時に困る。
ただし前述の通り未完で気になる伏線ばかりが残ってて、今までの次回作なくても問題ないけど次の作品は前作を踏まえてる形式から完全にシリーズ化前提(多分)になったのでこれ今他人にすすめることはできないもしくは一緒に苦しめというアレになってしまった…。
もしかしたらDLC完結なのかもしれないですけど、何にせよ今言えるのは評価のしようがないってことです。
あっキャラはいつもどおり面白かったです。
問題は同じく伏線のせいで正しいキャラ認識ができないことですけど。

続きからネタバレ含めつつ普通に感想。

続きを読む "大逆転裁判 プレイ感想 " »

Dies irae ~Amantes amentes~ (PSP版)感想

Dies irae ~Amantes amentes~ (通常版)

中2と愛と友情を足して3で割った上に中2をトッピングした作品だった。
プレイしてると中2バトルにテンション上げるんですがふとした瞬間に我に返ると文章のくどさにちょこちょこやる気をそがれ放置、を繰り返し約2年。そもそもどこでこの作品知ったんだったか……。
最近某刀のアレのテンションに水銀思い出して頑張って続きやったら勢いでクリアできた感じです。
くどい、中2、だがそれがいい。
少ない燃えギャルゲ語彙だとfateしてる時とテンションが同じでした。


[システム]

多分スキップが放置不可?そしてなんかやたらフリーズした悲劇。読み込みに時間がかかるのがフリーズっぽいだけかもしれないけどその辺の判定はなんとも言いがたい。
最終的にUMD版を諦めPS+のパスポートで受け取ってたvita版をDLして玲愛ルート終盤以降だけvitaでやりました。演出の読み込みもラグらず快適でした。
……多分PC版やったほうがいいと思います。
正直言ってぎりぎり必要なものだけなんとか揃ってるとしか…vitaの神咒~も同じようなら迷わず移植版を候補から外すレベル。

[美術]
音楽がタイトル通りというべきか怒りの日とその同系統クラシックのアレンジが使われててしかもバトルのテンションに合ってて盛り上がり的にはとてもポイント高いです。
というかいっそテーマソング挿入が邪魔。
他の曲も特にバトル曲のテンション高いロック系(多分)の曲が格好いいのなんの。
ただちょっと問題として基本声の方の音質とか音量の調整が変な感じっていうか小さいので自前で音量調整してもなんかしっくりこなくて音楽的に楽しめてるかは微妙……。

あと絵はもともとGユウスケさんの絵好きでむしろそれに後押しされて買ったので終始新ビジュアル出てくるだけでテンションあげましたと述べるにとどめておきます。

[シナリオ]
多分感想でさんざん書かれてると思いますが主人公勢より敵が格好いい。
主人公勢というか蓮の永遠の今がほしいっていう気持ちは私今マジでそんな心境なのでそういう意味ではとても応援しつつプレイしました。
でもそれと同レベル以上に、共感度は何言ってるんだこいつ、位なのにその信念貫き通して散ってく敵キャラのかっこよさ。
ついでに味方サイドでも蓮より司狼のが格好いい気がするのはチンピラだからか。チンピラが格好いいシナリオ。

そして中2全開のバトル!バトルが性に合わなかったら多分1ルート終わる前に投げるので体験版必須であろう割合かつくどさかつ中2のバトルですよ!
もちろんこの中2は心からの褒め言葉です。

あとやたら暑苦しくてホモ臭いを自称するレベルの友情と強敵と書いて友と呼ぶみたいな感じの因縁とか。
そして同じような関係性を女性キャラにもそのままスライドした感が若干ある女同士の戦いとか。
なんというか萌系エロゲの流れとまた別の下ネタ系というかなんというか形容しがたい移植元18禁ですを主張する言い回しとキャラ立ちとか。
全体的に人を選びそうでぶっちゃけ弾かれかけましたが独特の魅力が有りますよね…。
でもヒロイン皆魅力的ですけどその魅力が大体同じ「自立した上で男を支えるかっこいい女」としての魅力なので男キャラの魅力のバリエーションに比べてパターン少な…ん゛ん゛!

アザエピは…そのうちやります。
余談ですけど終わってから移植元のサイト見てそういや元はエロがあるんだよな、と思ったくらいには何処に入れるんだよ感ありました。むしろグロのほうがレーティングされてるんじゃないか…。

神咒~もやりたいような、レビューの類を見てると怖いような、また積むような……。とりあえず、積んでる泣きゲの類を崩してから考えます。


采配のゆくえプレイ感想

采配のゆくえ

前提: プレイしたのがバサラ直後で戦国に限らず無双はほぼ未プレイでついでに戦国知識メインがホライゾン&織田信奈だよりでおまけに逆裁プレイヤーです

○システム
 ADVと聞いてたけど一瞬ストラテジーかと思ったけどやっぱりADVでパズル要素高めだった。
 最悪総当りでも何とでもなるので難易度は低めかと。
 天眼モードの存在は割と謎というかあれのおかげでパズルの印象が強いです。あとあの長い演出半分にらなかったのか。
 要所要所で逆裁…と呟いてしまった私は悪くない程度になんか逆裁っぽいシステム。システムだけ。あとあんまり推理ADVやらないので比較対象があんまりないのと発売当時の印象で。

○美術面
 2Dだし普通にDS並みの画質って印象。でも1枚絵とか背景とかのライティングは超好み。
 キャラデザについてはなんか史実人物云々とかで単純に言っていいのか悩みますが私は好きです。女性キャラがみんな美人なのと吉継が異様に美しかったのがすごく印象的。
 逆にネタキャラ度は高いのか低いのかわからない…。
 音楽はプレイ後しばらくした今まったく覚えてないので別に良くも悪くも普通だったのかなーと。

○ストーリー
 関が原の戦い。で西軍。当然のように胃が痛い。
 史実以下略ですが戦況の話は(なんとなく知ってるので)ともかく、キャラクターが魅力的なので面白いんですが胃が痛い。
 とはいえ滅びの美学というよりお前の死は無駄にはしない!なので熱い系ですね。史実だからネタバレじゃない。でも史実だと思ってたら家康に勝ててびっくりしたけどな!ラスボスもなだめすかしただけだし!ラストだけそういう意味ではすっきりしない…。

○総評
 三行でいうと、
  第一印象(と事前評の一部)が逆裁
   でも中身はファンタジー込み熱血戦国
   こばやかわしょす
ってところですかね。
 780円で買って2日でクリアしましたがあと500円なら余裕で出せる。1000円だと迷う。そんな感じです。
 しかしなんで推理系ADVで作ろうと思ったのか。