« Detroit: Become Human  プレイ感想 | トップページ | ファタモルガーナの館 感想 »

ゼノブレイド2 感想

ゼノブレイド2

とりあえず総評から、と思ったけど感想がまとまらない!
褒めるところがいっぱいある代わりにどうにかしてほしいところもいっぱいあるゲームって印象。
特に序盤のシナリオの痛さとかUIとか割とわかりにくいシステム解説とかが振り落としにかかってきてて実際振り落とされて半年以上積んでた。
でもそこに慣れてくると戦闘が脳汁出るしシナリオも最終的にはそこそこ。そしてやりこみ要素が半端ではない。
この文章最初書き始めたときクリアしたてだったんですがそこから60時間以上やって今度は二週目限定要素始めてるところです。いやその中身は中身でアプリゲクラスの単純周回だったりしなくもなかったりであの…まあ…
ちなみに今のところ総プレイ時間が(バグではっきりしないものの)多分120時間とかそのくらいです。
そしてこの後DLCのイーラ編が待っている……。

割と文句言ってるんですがこれ改善されてたら超神ゲーだったなあくらいのノリでお願いします。
総評的には4.5くらいのやや神ゲー。

○シナリオ
ボーイミーツガールの王道って感じ。無印が青年漫画ならこっちは少年漫画。ガワは。
なんだかんだそんなに悲壮感がないので1より明るい雰囲気。がいいのか悪いのかは人による。
500年前の聖杯大戦の因果関係が明らかになってくる中盤あたりからは割と世界観もはっきりしてきて面白くなってくるけどそこまでがぶっちゃけクソガキ集団感があって苦痛。

一応フォローを入れると中盤くらいからクソガキ集団でもないことがわかってくる&成人が加入するので割と楽しくなってくるって側面もある。

余談ですが世界樹まできたらゼノブレイドと聞いてがんばって進めたんですよ。世界樹まで来たら確かにゼノシリーズでしたが8割近くシナリオ進んでました。お、おう……
それとは別に決定的にゼノブレイドな要素があるのでお楽しみに(?)。あのマップもっと広くてもよかった。

○バトルシステム
多分通じないけど大別するとアルトネリコ2とかアルノサージュみたいなタイミングを求められる系コマンドRPG。あと戦闘中にリソースが減らないタイプ。

それはそれとして説明のタイミングが悪い!
昨今のゲームらしくちゃんとチュートリアルはいるんですけど!けど!
おそらく大多数の人がキャラとか装備とか整ってない段階でコンボのことを話されてるでしょうこれ!チュートリアルでゲージ準備してくれて実践させてくれるけどガンガン実行できるまでにはタイムラグがあって訳わからなくなるのではっていうか私はしばらくなってた。
しかもこのへんはヘルプで載ってない。電子説明書はしらない。困ってる人は多分公式サイトか非公式wikiが一番くわしいと思われる。

自分でコンボ打てるようになるまではリキャストたまるのを眺めてたまに技を打つゲームではっきり言ってつまんないのでアレ。
困ったことにこれができるようになるとめっちゃ楽しいねんな……ブレイド3人装備できるようになってコンボつながるようになったら楽しすぎて無駄に喧嘩を吹っかけて回っていた…

あと最終的にレックスが技を打った時のスキルでリキャストがたまってキャンセルで延々技を打つマンになってからは脳汁がヤバい。ちなみにこれでは格上には勝てない。要するにDLCのチャレクエにさっぱり勝てない……
1から割と順当進化して順当に脳汁出させることに終始してる気がする。多分。


○その他のシステム
スキップトラベルは改善したので許す。でも+でメニューXでスキップトラベルのボタン配置は逆のほうが良かった。

あと発売前から謎だったソシャゲみたいなシステムことブレイド…
最終的に各人3人ずついればまあどうとでもなるしそのくらいなら拾える程度のコアで賄えるので必須なわけではないんだけども公式垢でKOSMOSに狂喜した人間にはコアクリスタル獲得マラソン死ぬんですが。でもやっちゃう……罪づくりめ……!
40くらいはいるレアにそれぞれエピソードつきのクエスト(ボイスあり)あったりおそらくドライバーごとでイベント内容多少かわったりで蔑ろになってるわけでもなく実装してるのがまた。
ソシャゲみたい、の利点として好みのキャラが一人くらいはできるっていうのはある。序盤アザミの可愛さ(可愛さ?)に救われてたところもある。

TIGERTIGERと傭兵団というかナナカツを考えたやつは正気に帰れ。
(一応の注釈:
ナナカツ:ブレイド・ナナコオリの強化のために艦これで言う遠征を一回10分編成セットなしで100はやる必要があるやつ
TIGERTIGER:ブレイド・ハナの強化のために必要な諸々を昔のアケゲーみたいなミニゲームでしかかせげないやつ)

○美術面
音楽:
まあぶっちゃけ無印の方が好きなんですが。
下手に同じ路線な分先に聞いた方が印象が強いっていうのもあるかも。
無印と同じく壮大な感じのフィールド音楽がよくて、サントラ買うか悩みました。ただまだ延々と消化するものがあることを考えたときゲーム外でも聞くのか?って思ってとりあえず買ってない。この手のゲームの宿命な気がする。逆にイベント曲・戦闘曲はそこまで引っかかって来ない感じ。

グラフィック:
今時主流のフォトリアル系ではないですけどトゥーン調(という表現でいいのかわからないけど)のキャラグラとしてよく出来てると思います。表情豊か。あと元絵の1.5倍位えっちなホムラ。いやホント何なん下手なエロゲよりえろいぞ
あと無印から連綿と続く数多の絶景が健在。
私は特に桜の咲いてるインヴィディアと後半の建造物類が好きです。天候・桜吹雪とかやたらスクショが残ってる。

あとネタバレ込でキャラとかのそういう雑感。

ぶっちゃけモチベ上がらなすぎるタイミングでネタバレ考察でどうつながるのか読んでしまったので驚き分だけもったいないことしたなあと思ってます。でもホントやる気しなかったんや…
幸いにも(?)内容だけだった分モルスの地でびっくりはした。というかこういうオーパーツSF萌えに優しかったので軌道ステーションもっと探索したかった……それこそお前ゼノクロかサーガでもやったらって話ではあるんだけど…

最初なんだこの中2集団って思ってたイーラ組がだんだん魅力的に感じてくるやつ。最終話付近の一連の流れはずるい。
でも最初の方にメツとシンに何がしたいかわからなくもないけどいまいち思考がはっきりしないなあという感想を抱いてたら生い立ち的にはふたりとも人間への恨み的なものこそあれ実際確固とした目的っていうよりはそれしかないからそれを実行してるみたいな節があるなあとか考えてしまってあながち間違ってないかなみたいな……。なんだかんだで人間味を抱えた悪役には弱い…。
あと巷で話題のメツブレイドは割とマジでみたいからやめてくだもっとやって

« Detroit: Become Human  プレイ感想 | トップページ | ファタモルガーナの館 感想 »

RPG」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼノブレイド2 感想:

« Detroit: Become Human  プレイ感想 | トップページ | ファタモルガーナの館 感想 »