2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« ドラマダリコネクトの方の感想。 | トップページ | テイルズオブベルセリアクリア感想。 »

逆転裁判6クリア後感想

冷静になる前に書こうと思った。(クリア直後
とはいえ↓を貼るためにAmazon多少ちらっと見て多少な、なるほど?と思いはした…。

逆転裁判6

〈システム〉
本格的に霊媒が突っ込まれたわけですが霊媒なんてあるんだしもっと真相究明に使えないのかって思ってたので鍵としてまともに扱われてるのが個人的に面白かった。
霊媒ビジョンは何を突っ込んでいいのかわかってるのにどこに何指摘すればいいのか困りましたがそれはまあこのシステムでなくともいつもの……。
託宣が指摘で更新されてくのはココロスコープみたいな証言の掘下げシステムとして割と好き。アレも好き。
あと地味に過去本編に出てきたシステムは全部ある…と思う。数が増えて自信がないけどインタビュー読んだ限り多分そう。

〈美術〉
音楽は今回あんまり聞いてなかった…霜月さんが託宣の時の歌(正式名称を忘れた)歌ってるってことにすべての気を取られた……。
今回どっちかといえば演出強化の方に目が行った感じ。
5ではアニメーション増えた!って言ってた(自分の発言を確認してきた)けど今度は3Dモデルがアニメーション的な動きをするようになった。
で、5の時のムービーシーンっぽいのとは別に会話時のムービー的モーションがやたら多い印象。すげえ!派手!という感想をちょくちょく抱いた。
……テンポが悪いというのは余り否定出来ないけども…。

追記:
オプションでいつもの既読B長押しで早送りが未読でも出来るのでとりあえず話はそれからですからね!まあナユタ検事の蝶のモーションとかは飛ばないけど!

〈シナリオ〉
※多少はネタバレかつ過去作もネタバレ
基本的な批判点がオドロキくんだなあと思って私の感想を翻ったところ、私はどちらかといえば設定が生えるのが好きな方なのでむしろ楽しかったという結論に至った感じ。
というわけで一応出生だけは説明されてた&アオイが友人という点だけの過去があったオドロキくんに過去が増えた。
便利だなお前!と思いつつこういうの好きなんだよ…。
あと5話がすごい……ああいう少年漫画的展開好きなんですよ……。
序盤、設定上弁護士が憎まれてるだけあって割と無双ゲー始めたくなる感じはあるんですけど結局最終的なデレへのツンみたいなもんなので耐えて下さい。

ちなみに、結論としては「何言ってんだお前逆裁はナルホドくんのものだろ」って人は素直に過去作やろうね☆という程度には今回の主人公はオドロキくんです。ぶっちゃけ4より主人公してるんじゃない?

以下各話感想。
ネタバレかつ多分腐萌えじゃないけど関係性萌えではある視点なので注意。

〈1話〉
傍聴人に無双ゲーしたくなる奴。
おっ控室じゃないところから始まったぞ?と思ったもののまあ法廷のみのいつものやつ。
でも入りで孤立状態でも依頼人を信じるっていうなるほどくんらしさを感じられたの割と印象に残ってる。

〈2話〉
なんか妙にナユタ検事に含みがあるな…知り合いかな…とこの時は思っていました(後述
いつも不敵なみぬきちゃんの弱さが垣間見えつつそれをあまり表に見せない強さにこのこやべえ!(褒めてる方の)ってなる。
1話に続き周りの理不尽さに多少の苛立ちを覚えつつもそれよりミミちゃんとかメンヨーのアクションとかに気を持ってかれてこの辺ではどうでも良くなってます。
あとキキちゃんのツンデレ。

〈3話〉
マヨイちゃんが!唇が大人っぽい!とモデルを見るたびに思いつつ犯人仕立てにまたかよ!っていう。
この話仕掛けがかなり好きです。
正式に霊媒状態で普通に証言してるところとか、託宣前提に死んでるところとか、こんな舞台でもなきゃ仕掛けないやつだろうなあと思いますね!
戸惑うレイファさまとそれを見守る感じのマヨイちゃんのシーン、マヨイちゃん成長したなあという感じで結構好きです。
好きですがそんなに繰り返さなくてもわかるから!ってくらい回想するな!今回地味にわかったわかったって感じの回想が多いです。
で、2話のオドロキくんの布石に対する答えが出てハア?って。
ついでにダッツとの会話で革命側があんな一枚絵出されてたけど恐怖の対象とかでなく同志なのでは?と思い始める。革命側が皆良いキャラなのもあるけど。

〈4話〉
4話の割に日常回だった。そしてその日常回に殺される私。
シーンプレイヤーはココネちゃんですが他の2人が居ないのでサポート役がユガミさんです。
自覚があるのかないのか、ユガミ検事完全にココネちゃんの保護者ですわ…。
完全にやりとりが漫才でした。
さらになんだかんだメンタルの弱いココネちゃんとそれを叱責するユガミ検事。私は死んだ。
ココネちゃんはまだちょっと一人前にはなりきれてないかな、という雰囲気という意味では5話への布石ではあるのかな…。

〈5話〉
5話を経た私は完全に死体です。
何がヤバイかって徹頭徹尾ですよ……。読書感想文をあらすじそのまま書く小学生みたいな事になってしまう。
まずドゥルクが魅力的な人間という点とそのドゥルクを親として尊敬してるけどモノローグでしかそれがわからないオドロキくんとか。オドロキくんとドゥルクの一枚絵とか。
親の意志を継ぐ展開とか。
意志じゃなくて遺志だったあたりとか……
なないろリンカーネーションで琴梨ルートやってた時ももしかしてこれ…からのその通りです→うわああああああああああ(AA略)したけど同じ苦しみをそう間を開けず味わうとは…
ボロ泣きしましたしましたともええ。
5の時に一言も喋らず被害者が親友って言われてもな…って言いましたが大逆裁の時に仲の良さをちゃんと見せられるとやばいな…と言いました。
今回は仲直りしたと思ったら死んでた。やばい。
あとナユタの諦めに支配されてるっていう状態が字面として好み過ぎて死ぬ。
クライン王国側の縁の濃さもヤバイですが地味に熱いのが初の民事裁判。
えっ無理無理と思いながらやってましたが逃げ道の存在でなんとか勝敗が曖昧な感じなのなんとも。

〈ED〉
いくらミツルギとかメイちゃんとかがなんだかんだ3までいなくなったり戻ったりしてるとはいえこれ続き出すにはオドロキくんはそういう扱いにならざるを得ないのでは。
といいつつ離れることにはなるけど仲間とともに自分の理想に向かって頑張っていきます、というこの展開自体は凄くオドロキくんの成長的なものを感じて好き…。
あとづけでも好きなんだからしょうがないです……。

〈余談〉
今回一番話の展開として可哀想なのは縁が出来ては死ぬオドロキくんですが
メタ的に一番かわいそうなのは牙琉検事一択ですよね。

別に今までもそんなにカップリング的というよりコンビ萌えだったせいか過去への執着が意外と無いのかもしれない…とナユタに殺されながら思いました。
ちょっと私この感想死ぬとか殺されるとか言いすぎだなあと思っては居ますけどしょうがないですボキャ貧なので。

〈全く関係のないド余談〉
プレイしたの割と前なんですけどななリン神ゲーでした。5話の展開で真っ先に出てくるレベルには。

« ドラマダリコネクトの方の感想。 | トップページ | テイルズオブベルセリアクリア感想。 »

ADV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193384/65983642

この記事へのトラックバック一覧です: 逆転裁判6クリア後感想:

« ドラマダリコネクトの方の感想。 | トップページ | テイルズオブベルセリアクリア感想。 »