2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1 | トップページ | メビウスFDの方の感想。 »

大正メビウスラインvita版の感想

最近脳内が京一郎かなしい(古語的ダブルミーニング)botと化してるのでこの熱が引かない内に感想書いておこうと思って。
FDももうやったんですがそっちはそっちで散々言いたいことがあるので記事分けますレーティング変わるし。

大正メビウスライン Vitable

・総評
プレイ感覚が概ねDies irae。(神咒~は未プレイだからこう言う)
こいつは人の中二魂(と書いてソウルと読む)をべちべち叩いてくるやつだ……!
メビウス好きな人にはそっちも勧められるやつ。逆は流石に無理だけど!
バトル描写というか詠唱が!だからこういうのには弱いんだって!
で、燃え中二偏重で萌えないかって言うとまったくそうでもなく。
主人公・京一郎が割とルートによって別人なのが人格スクラップビルド萌えにドストライクはいってて……。
ついでによくこれ全年齢で出したな……って。
全体的には萌えよりは燃えのがつよい気分でしたがFDをやった上で色々鑑みるとこれ全年齢版だからだな!多分PC版やったら逆になるわ!
逆に事件に対する展開の方を楽しみたいならこっち、なのかもしれない。

・システム系統
プレイ感覚って言いましたけどシステムは比較するのが可哀想なレベルで段違い。いやアレが悪すぎるだけなんだけど……。
必要な物が揃ってるのと、地味にQセーブ複数とログからの再開があるのが助かる。
いちいち確認されるのは面倒だけど選択肢行き戻りもあるのもいいです。
ボイスセーブはいまいち恩恵に預かったことないからノーコメント。
あとどうでもいいけどこうやってADVのUI周りに一喜一憂するのが好きです。今回は喜。

以下個別感想。主に攻略順でネタバレ無考慮。
とはいえ1エンドやったら次キャラ、で4つ分やってからその順でED回収したんですが。

・時雨
なんか普通っぽそうだったからとかいう理由で一番にやったけどプレイ後の感想も普通っぽいだった。いや他が濃いのか…。
基本兄貴分風の友人で割と流れと勢いでくっついた系BL。
そんな感じの軽いやり取りがデフォでありつつなんだかんだでお互いに格好いいとか可愛いとか思ってる感じが凄い……今思うと安心する……。
というか五本刀衆自体がアットホームで安心する。
本編自体はどこへゆこうと雄真ルートみたいな……時雨の。
謎の清々しさ的には力を返すエンドのが好きです。ちなみにこっちを先にやった。

・千家
本当は館林のほうがマイルドそうだからそっち行こうとしたら千家に捕まっていた。天命を感じた。嘘だけど。
概ね王道の体から始まるやつ(露骨)。
ただ、千家の生い立ちのせいというかある意味本人の意志の薄さ的に私欲が感じられないせいで手段がえげつないだけで憂国の士である、って側面ばかりが見えてそこに沿って行く、っていう流れとしては結構納得。
いや、そうでなくともミュンヒハウゼン症候群みたいな情の形好きなんですけどね!
一番最初に入ったエンドは黄泉路で戦うエンドだったんですけどまさかこれがある意味一番平和だとは思わなかった。
普通に軍人してるエンドには特に言うこと無いんですけど、あとの2つがドストライクすぎて。
死霊化の飼われてる感と!数段ぶっ壊れた千家京一郎が!!!
千家京一郎のために祝詞CD買いました。30秒ないラストトラックで十二分にしにました。

・館林
多分別名伊勢兄弟ルート。
っていうか薫が可愛い。可愛くも格好いいというか潔いのがとてもよい。
平和な世界で3人で普通の学生生活でも送って欲しい。
閑話休題。
主にラストの「開様」のせいで私の印象は王子様みたいな貴族軍人と年下の素直な愛人。
伊勢兄弟の件を除けば大体穏当なせいでよかったねー的なふわっとした感想しか出て来ない良い方のエンドは。
未亡人エンドの漂うエロさにやられた事のほうが記憶に残ってます。っていうかそういうのが好きってだけけど。

・ミサキ
なんかこの声癖になってくる……。感情のこもる部分のトーンのせいかな…。
胡散臭いけど頼りになる大人的ポジションだと思ってたらまあそれも一面ではあるけどどっちかといえば母親兼父親兼兄だった。同人的意味でのオカンって言ったほうが早いな!
対する京一郎が息子か弟みたいな状況のせいでわがままも言う割と幼めな面がでてるのが可愛い。
といいつつお上のために恐れつつも迷わず死ねるあたり好きです。
あと地返しを唱える時にデフォでくっついてるのが好きです。
真相の方というか、昂后のあれこれも嫌いになれないというか、その情念漂う狂気が結構に好きでこまる。迷惑だけどその迷惑さがな……。

・京一郎
ぽやぽやしてそうに見えて実際割とお坊ちゃんだけど、思ってたのの3倍くらい血の気が多かった。
あとお国主義の日本男子っぽさ。
……という一面を見た後で恋する乙女みたいな心情を吐露されるとかわいい……以外に私はいうことが無いです。
あとえろい。でもえろい話はFDの話をする時までとっておきます。

« 割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1 | トップページ | メビウスFDの方の感想。 »

BLゲー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193384/64262490

この記事へのトラックバック一覧です: 大正メビウスラインvita版の感想:

« 割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1 | トップページ | メビウスFDの方の感想。 »