2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« ステラグロウプレイ感想 | トップページ | 割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1 »

大逆転裁判 プレイ感想 

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

〈前置き〉
ある事柄についてのネタバレを全く差し挟むこと無くこのゲームの感想をいうことができないのでAmazonの自称非ネタバレレビューも見たくないレベルの方は諦めてプレイして私と同じ感想を味わって下さい。


〈前置き・もとい一番の感想〉
一応、事前情報は特に調べない派だった私にも非は無いわけではないことは認めます、が!
今までみたいな次回作は前作を踏襲してるけど作品ごと大筋は完結してる、っていう形式を崩すなら先に言ってくれ!!!
お陰で私は先が気になって仕方ないんじゃ……次は何年後なんですか????ねえ?????

〈システム〉
5でバックログが搭載されたことに一人で感動してましたが今作未読スキップ設定が出来ることに感動しました。
ただバックログは使いにくくなりましたがまあ、そんなに使うものでもな…い?

レイ逆で生まれた良システムこと他の証人の反応伺い(名前がわからない)がついに本家に!
SE鳴るんで探してる感はそんなに無いのと若干見ぬく的指摘ワンパが気になるのはアレですが真犯人系キャラの無欠感演出には一役買っている気もしますね!
まあ一つ一つ精査させられても困るのでこれはこれでいいです。

あと新システムといえばホームズの推理を軌道修正するやつ(引き続き名前がわからない)。
若干視線の先たどるワンパターンが気になるのとこの空間何だっていうメタツッコミ不可避感こそあれ、総3D状態を活かして推理もといあら探しをするのがなかなか楽しい。
ぶっちゃけすぐわからないこともないんだけどあっこいつの持ってるの○○じゃないか!っていう発見する事自体がなんか知らないけど面白いんですよね…。
あとくるくる回ってポーズ決める2人がうざ面白いです。

難易度はそんなに詰まらなかったことを思い返すとさほどでもない、といったところ。5よりは多少難しかった気がする。
いやノープラン特攻して数回ゲームオーバーしましたけど。
移動時にガイドが入るのと調べられる場所のカーソルがチェック済みに印付くあたりは難易度じゃなくて不便さの解消に分類していいはず。

〈ネタバレ抜きで総評〉

5から正統進化の方向に行った印象。
妙もとい特徴的なタクシュー節っぽい言い回しもそこかしこに見られてなんというか、「ぽい」。
で、シナリオも謎が気になって止め時に困る。
ただし前述の通り未完で気になる伏線ばかりが残ってて、今までの次回作なくても問題ないけど次の作品は前作を踏まえてる形式から完全にシリーズ化前提(多分)になったのでこれ今他人にすすめることはできないもしくは一緒に苦しめというアレになってしまった…。
もしかしたらDLC完結なのかもしれないですけど、何にせよ今言えるのは評価のしようがないってことです。
あっキャラはいつもどおり面白かったです。
問題は同じく伏線のせいで正しいキャラ認識ができないことですけど。

続きからネタバレ含めつつ普通に感想。

〈ネタバレしつつシナリオ関連の感想〉
・1話

アソウギがいい奴過ぎてこいつ死ぬか真犯人や…ってなったのは多分私だけじゃない。まあこれは後述で。
アウチ検事もすごい服になってるのに違和感なくアウチで一人だけ違和感なく従来作してたのにはなんか笑いました。
机バンが最初ぺちんでおどおどしてるのもキョドってんなあと笑ってたらだんだん目の焦点合ってきて最後にはちゃんとバン出来た事には妙な感動を。
それにしても振り返ると1話が1番長かったんじゃないかと思いますね…裁判オンリーのせいですかね…。

・2話
1話で良くしてくれた人が死ぬってそういや千尋さんもでしたね…。
あの人はその後も物理的に助けてくれたので喪失感特になかったんですがこっちは心のなかに生きてるだけですからね…アイテム欄の腕章の存在だけで胸が痛むやつですよ。
しかも伏線かもとはいえ死亡の流れがパッとしないことがまた涙なのか消化不良なのかわからないものを誘う。
5の時にアオイがいきなり親友になっててせめて過去描写してやれよ!って言った覚えが有りますがマジでやられると辛いです。
あとホームズが初出なわけですがマップ上の変な所にちょくちょく張り付いてるのをみてもう変人なことを十二分に理解しシナリオの中でウザさを味わうアレ。
いかにも変人っぽくていいといえばいいのですが、この人本当に天才名探偵なんですかね…。

・3話
消化不良とはこのことだと言わんばかりというか…それが目的の伏線シナリオだったのは分かるし疑心暗鬼疑い寄りにプレーヤー誘導してるのも分かるんですが積極的に再プレイする気にならないタイプの…。3の4話的な。
3話あっての5話ではあるんですが。
この頃は若干バンジークス疑ってましたが全編通した限り嫌われてるだけでこの人真っ当ですね。
隠蔽しない検事……と思ったけどそういや最近の検事キャラ厳しいだけですね。
あとこの人机に踵落しするときの足なんか凄くエロくないですか。

・ 4話
ワガハイがかわいい。あとアイリスが可愛い。
天才キャラ好きの宿命としてアイリスを気に入らないわけがなかった。
というかホームズに比べ真っ当に天才すぎてなんだこの子は。
あとなにより夏目漱石。いちいち写真のポーズをさせるな笑うだろ!大体暗い変人ってあたり微妙に本物通りなのも一体何なんだ。

・5話
3話とちょっと関わってるどころか3話のもはや続編でそこまでつながるのか的に結構話し構成は好きです。
ただ事件の真相がここまでで3話も不幸な事故だったので、今作のテーマか何かかと思ってなにか裏が?と思ったら伏線だけ撒いて今作終わったのでいうことがない…。
あえて言えばホームズが初めてかっこ良く見えたとかそういう…。

総じて、あの謎何だったのかとかこの人本当はどういう人なのかっていう疑問が一部残ったままなのでキャラについても公式で紹介されてる+簡単な考察で実は真面目ポイントあるだろとかそんな方向にしか気に入る事ができずに結果やっぱり今の段階ではなにも言えない、ってことに。
私アニメも全部見終わった後じゃないと今一キャラクターに関する感想がはっきりしない方なのでこの状態凄いもやっとします……前述したような気もしますがものとしては面白いだけに余計にだ!

« ステラグロウプレイ感想 | トップページ | 割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1 »

ADV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193384/60754714

この記事へのトラックバック一覧です: 大逆転裁判 プレイ感想 :

« ステラグロウプレイ感想 | トップページ | 割と前にクリアしたゲームの感想のまとめADV編1 »