2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

艦これ2015冬イベの話

※攻略じゃないです

そもそもこのブログで艦これしてますとか言ったこと無いんですが横鎮提督な程度には前からやってます。そもそも定期的に見てくださってる方がいるかわかりませんがいらっしゃったらありがとうございます。
E6もとい2か4で掘ろうと思ったらぜんっぜんボスに到達できなくなってきて疲れたので日記でも書いて気分転換しようかと。
いやーまったく苦戦しなかったはずなんですけどね…。

2/13追記:
E5堀の末資材と私のMPだけが減りました。お疲れ様でした(遠い目

あと今回の冬イベといえばこれですよ!!!!
2015
嫁が!!!チョコを!!!ありがとうございます!!!!!!!天使か。
ただ、これでカットイン砲撃MVPなんでもこなすのはちょっとシュールで笑ってしまう。

全部スクショ取ったはず!と思って記事書こうとしたらE4だけ編成スクショがなかったのがちょっと情けない上編成で撮ってあるのが突入前後バラバラだったという。

長いのでたたみます。

続きを読む "艦これ2015冬イベの話" »

TOZDLC(多分「第一弾」)の雑感

追記:「第一弾」じゃないらしいです えっ投げっぱなしのが気になるわ

まとめ:

・この長さでしかもあからさまに続きモノで1,300円は高い

・金の鍵本編じゃ手に入らねーのかよ!!!探したわ!

・ロゼとアリーシャの殴り合い友情モノとしては好き でも本編でやれ

・本編でやれ

概ねこんな感じの感想。
アリーシャが和平活動×ED後導師活動第一号にロゼが就任、っていう二つの道がED後ようやっと重なって和解、そしてスレイの今を知る、って感じのシナリオでした。
もともと仲がぎこちない状況から殴り合い(比喩)を経て友人になる展開が好きです。
が、まさか女二人でマジ殴り合いするとは思わなんだ。
まあ第一印象仲良くはなさそうだし本編で仲良くなる尺が割かれてないしそうなるか…とは思いますが!本編でやれ!
あと真・過去との決別とこれからの決意。いい話だけど本編でやれ。

あとマップ面。
アリーシャでまともに戦闘出来るDLCではありますが移動の自由はあんまりないしやっぱり神衣がないとちょっと難易度跳ね上がるしダンジョンが遺跡型でカメラワークが特に悪いタイプだしでそっちはあまり…。
ソーサラーリングもとい天族の能力が使えないので油断してたら別の方向に謎解きというか迷路してて迷子になったのでマップ自体も微妙というかついホーリーボトル使ったらDLC中ずっと継続しちゃったのでただ歩きづめになるという。
やたら宝箱弾んでくれるのはいいのかもしれませんがその宝箱に関して金の鍵絶許なので。

いやまあ、シナリオは結構好きなんですよ。本編でもうちょっとゆっくり喧嘩からの友情尺取ってやればいいのにって思うだけで。
まともなツッコミ不在の感じなコメディ方向も結構好き。ほぼ全面ツッコミのミクリオが居ないだけでこのPTはここまで脱線するのか……。
その他は相変わらずまともに人間操作しないのでもうADVで良くね?ってなってはいます。

テイルズオブゼスティリアをやや擁護するプレイ感想

テイルズ オブ ゼスティリア<豪華2大予約特典>

そりゃ擁護する気にもならん批判点もあるのも確かですがそれでも評価したいとこもある、が率直な感想です。
細かい点は項を分けて。

つーか正直これに文句言うならとっくにTOVとかいうクソ商法ゲーが淘汰されてなきゃおかし(ry

〈シナリオ面〉 率直に言えば35点。素材だけは本当に好み。
[批判点]

アリーシャがヒロインまで言わずとも重要なPTキャラの扱いで宣伝しておきながら重要な国主ポジションのサブキャラ程度の扱い、と言うのは流石に宣伝詐欺がすぎると思います。それで追加エピソードDLCはちょっと。いっそそれも無ければ諦めもついたのですが。まあ正直珍しいガチ堅物女騎士系統でしかも逆境描写があったんだからそこからの成長描写が欲しかったところではある。

あと、多分設定自体は作ってあるようですがそれを一部しか開示しないので消化不良な点が幾つか。
特に気になるのが天族の種族的背景。テンプレハイファンタジー的な種族なら別に説明無くても分かるんですよ。でも天族どことなく精霊的成り立ちをしてるっぽいようでいて断片的設定からはお約束を外してるような点も散見されるのでそのへんちゃんと取り上げて欲しかった。
それに付随してPTメンバーもミクリオ以外の天族メンバーは余り過去が詳らかにされないのでミステリアスなまま。従来作の精霊キャラっぽい印象を受けます。
それと「穢れ」の定義が割とふわっとしてる。ほぼイコールでエゴだとは思うのですが。

基本的な印象は説明不足。あるいはキャラエピが半分のTOL。
ついでにご都合主義/現実主義の分類に関して特に後者がTOX2でウケたからか盛り込もうとして若干ずれてる感じはします。

[評価点]
テイルズで主人公が権力者の苦悩をしてるっていうのが新鮮。
スレイが基本お人好しなのにただ安易に目の前の人を自分のフルパワーで助けることは真の救いにはならない、という問題を考えさせられているという問題は結構に好きです。
あとテイルズの基本的魅力の1つだと思われるキャラクターに関しては皆良いキャラしてると思ってます。特に年長天族組の軽いノリでいて素で感覚が違う感じなかなか好き。
キャラが気に入ると割とあばたもえくぼ化する自覚はまああります。展開は褒めませんがキャラは褒めます。

っていうか私が主人公勢が目に見える形で自己犠牲を払うシナリオ好みなだけといえばそれまでなんですが。。TOAも好きですしTOSも好きです。

[その他]
○なんでミクリオのポジションに素直に女キャラ据えてヒロインにしなかったのかさっぱり理解できない。一応テイルズヒロインの主流は行動の動機になるか価値観の違うボーイミーツガール系が定番ではあると思いますけど、それでも仮にミクリオが女キャラなら異論なくヒロインとしてプレイヤーに受け入れられたであろう扱いをされていると心底思います。

○そんなにロゼ作中で1人だけ持ち上げられてる?むしろ天族がパーティにいる人間キャラを等間隔で褒めるのでアリーシャよりロゼが褒められてる、なんならスレイがやたら風組以外に褒められてるっていうかそれが一番気になるような印象さえあるんですが。特にライラが人間好きなんだなっていうか。いやアリーシャのPTイン期間が短いのはそれはそれで問題なんですが!!

○離脱するのに衣装DLCかよ!っていうのをネタバレ考慮かもですがデゼルとザビーダに誰も言わないので私が言います。

〈戦闘〉
[批判点]

カメラワークだけは本当になんとかならなかったのか!
その場を戦闘フィールドにするという試みは面白いのですが、壁の都合のカメラワークがキャラにめり込むことが多々有りその場合本当に見難い。詠唱が阻止されたかもわからない。
その場戦闘の問題はたまに引っかかる事にも有りますが一応そっちは自分で操作して引っ張り出せばいいだけでまだ対処が楽なのでまあ。
あと仲間キャラを神衣化させっぱなしにする作戦行動が今一良くわからないことはちょっと困った。

[評価点と特色的雑感]
戦闘中に天族キャラさくさく切り替えが出来るのが凄く楽しい。
PT選択の自由どころではない。弱点ごとに切り替えして違うキャラ操作できるのは斬新です。
というかそれ前提のためか属性攻撃基点にしたコンボを求められます。脳筋だとすぐ死ぬ。

魔法の詠唱の仕様が魔戦士スタイル戦闘プレイヤー歓喜。連携数に応じて詠唱時間が割合減少するのでヒット数稼いで上級魔法を短時間詠唱で連発するのが楽しい。

神衣もなかなかおもしろいシステム、というか今作↑の為に回復術の類が詠唱長めなのでライフボトル回復するくらいならゲージ貯めて神衣で復活→回復がメイン。
特にボス戦なんかだと神衣タイマンが割とデフォになる。テイルズっていうかACTやってる気分では有りますがまあそれでも気を抜いたら死ぬ。

他にも回復が割とスキル任せな感じやゲージの仕組みなんかはリバースを彷彿とします。どういう戦い方を想定してるのか掴むまで死にまくるあたりはそっくりですね!
ただ基本は通常攻撃が特技系の攻撃だったりヒートレッド等魔術師が前衛に関与する必要があったり、といったあたりの操作感はグレイセスに近い。

設定上人間キャラ2人分は固定になります。
ただ、私は操作しないし神衣欠く編成したいと思ったことも無いし変更可能の流れで戦闘後掛け合い目当ての苦手編成しなくて良いとも思うので余りデメリットには感じませんでした。でも賛否は別れるよなあ……。

〈戦闘外システム〉
○戦闘フィールドもですが、イベントの挿入などがシームレスな印象を受けます。特定ポイントに差し掛かるとそのままイベントが発生したり、戦闘中や街の中などでもポップアップで会話が挿入されたり。そういった演出は結構好みです。街中歩いてるとうわさ話が聞こえてくるのはNPCも会話してるっぽくてなかなか。

○サポートタレントなるマップ上歩いてる時に発動するスキルが導入されたんですが、これがなかなかおもしろい。
特に速駆け。↑のうわさ話や戦闘で移動速度が一定時間上がるスキルなんですが移動速度下げたくないがために効果切れる前にかけ直し戦闘してしまう…。
あと料理が宿で食べるものになり、その枠はスキル「おやつ作り」に。料理関係のスキットがその分減った気はしますが、料理自体じゃぶじゃぶ手に入るハーブが完全回復だったり時間経過で自動回復するスキルがあったりで必要性が下がったのでどうでもい……影が薄いです。

○装備品がドロップメインかつスロットにランダムで付くスキルを武器同士の融合で吟味する形式に。凝ると延々出来そうですがまあ私はぶっちゃけ面倒なので適当にやってます。

○あとスキット発生がディスカバリー発見/セーブポイントに接触/宿に泊まる、のどれかのタイミング出ないと発生しなくなりました。もしかしてこれなら見逃さないのでは!と思ったらスキットプレイヤーすかすかだったので油断は禁物です。発生何処だよ…。

○マップ先頭はスレイに固定になった代わり人間キャラのもう一人が後ろからついてきてくれます。話しかけるとその時々で違うこと話してくれたりサブイベントのヒントくれてイベント管理が楽だったりで一緒に旅してる感も利便性もなかなかいいと思います。問題は今作他の4人が合体してるから見た目上居ない設定に出来るからこそできたことであって今後このついてくるのは取り入れられそうにないことと、たまに狭い所でちょっと引っかかることですかね。

〈美術面〉
[音楽]
桜庭曲はまあ割といつもの桜庭テイルズ曲っぽい感じですが椎名曲っぽいところは結構TOLに寄せて作られている印象を受けます。
というかぶっちゃけ神殿の曲あれ絶対椎名だろ!
ちょいちょい荘厳な感じで印象的なシーンにボーカル入りで入ってくるので結構重用されてるような。
ちょっとサントラほしいような私はそれより先にヒュムノスミュージカルのアルバムさっさと買うべきのような、位の優先順位。

[グラフィック]
というか動きの話なんですが歩行モーションくらい遅走りじゃないの作りましょうて……。
それ以外はいつものテイルズか。
秘奥義モーションとかはスピーディ寄りで格好いいです。惜しむらくはBGかつかつで秘奥義にまわしていられないことか……。
あとアニメーションは事前に放送したアレに全力したような印象。本編のアニメーション特に印象に残ってはいないかな…。


〈総じて〉

文句言うのもわかりますし私も言いはしますがこれはこれで楽しんだ人間が存在したっていいじゃないですか!
っていうか冒頭の話しに戻りますけど商法の話をするならこんなの安いものですよ箱2万に比べれば!!!!だから私の中でPS3版TOVはクソゲーです。これ絶対同意得られないけど。
それでいてなおやっぱりシリーズプレイすると楽しいのでまあ正直信者な自覚はあるんですが楽しいことは楽しかったので!

どうせこの評判だとすぐ安くなると思うので3500円以下からなら楽しめるんじゃないですかね(小声

↓あとちょっとネタバレ込みで余談。ちょっと飛び火してアークライズファンタジアのネタバレも混ざってるのでプレイする予定のある方は注意っていうかどうせなら誰かプレイしませんか

続きを読む "テイルズオブゼスティリアをやや擁護するプレイ感想" »

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »