2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 鬼畜眼鏡/プレイ感想 | トップページ | 裸執事/プレイ感想 »

鬼畜眼鏡R 感想

新年あけましておめでとうございます。

新年早々からこれかよ感あるけどまあ年末にプレイして感想ちまちま書いてたのでしょうがないです。
端的にまとめると紛うこと無くFDだった。本編を超楽しんだテンションのままプレイしたらとても楽しかった。
一部情念めいたネガティブ思考感の闇が薄れたのは不満ですがハッピーなら仕方ないな。

システムと音楽は新録あったものの感想が概ね変わらないのでやっぱり割愛。

年齢制限と長さ的に以下のキャラ別感想はたたんでおきます。
いや発言自体は引っかからないはず…って本編の記事でも同じことを言ったような

鬼畜眼鏡R 鬼畜眼鏡ファンディスク 通常版(→密林

〈御堂さん〉
眼鏡
 すっごい公私ともにデレる御堂さんに画面越しに私が照れるという事案が。特に仕事の有能性をあれだけ褒めそやされると私眼鏡じゃないのに俺TUEE的な気分でついつい楽しくなってしまいますが仕方ない。
 眼鏡がぐらついてる不安に対して話してもらえないのを寂しがってる御堂さんの話だった。眼鏡に因果応報ならともかくそれが御堂さんに行くとちょっとこのひとやられすぎでは…という気持ちになって複雑。
 全体的にお互いベッタぼれで可愛すぎるだろ!と全力で壁を殴りそれ以外の話をかなり忘れた感がないではないです。
(別エンド)
 普通:テンプレな邪魔が入って笑う。拗ねてる眼鏡もレア可愛い。
 刺殺:電話が掛かってきただけにまた御堂さんの前からいなくなるとかあの人大丈夫かよ…また刺殺wwwとか笑ってる場合じゃねえよ…
 ノーマル交代:えっ?受けとMが2人だけどこの子たち大丈夫? という下世話な心配から入らざるをえない。克哉には克哉だし愛自体は変わらなくてもノーマル大分性格違うし違和感を抱えつつやっぱり克哉だから、ってそのまま生活するのかなあとか思うとせつなさみだれうち。
・ノーマル
 出孝典さんで私が照れた。GOOD ENDは普通に普通でいちゃついててそもそも大体ラブラブで眼鏡よりノーマルが素直なだけにもう可愛すぎかと↑の2倍ほど消費アイテム:壁が消えていった印象。
 でもバッド?が凄い凄くてそれどころでは(ボキャ貧)
 監禁エンド:記憶喪失とヤンデレ×ヤンデレという私の萌えポイントにブルズアイ。監禁喜んで受け入れるってシチュエーションが好き過ぎて。これがキーかはともかく、嫉妬に喜ぶ心理の情念度合いぱなくてあれだけよく覚えてます。
 Rに捕まるエンド:眼鏡を掛けようとする心理の卑屈さと自己中自己犠牲が本当よいです…。支配されたいってまともな人間の言うことじゃねーぞ!でも実際言ってみたらどういう反応返ってくるんですかね。DVD見る前後の御堂さんの壊れっぷりもとてもよいです。

〈本多〉
・眼鏡

 軽口の叩き合い的な友人の延長系カップルの日常の良さを認識した。けなし合いが逆に信頼感を醸し出している…。この2人は絶対心中とかしないなって…この発想もどうかと思うけど。
 公開土下座からの修羅場が凄い本多らしくていいなーって。
 後何より普通に眼鏡が告白するとガチ照れする本多はやはり可愛い。
 グッドと別のエンドの差自体はよくわからない上にグッドに辿りつけずに40分くらいウロウロしてたので別エンドは割愛。
・ノーマル
 アルコール入れつつプレイしてたら萌えすぎて吐くところであった。
 卑屈さと嫉妬の尊さを本編に引き続き再認識しやはり青春。
 なんかちょいちょい自分の魅力は体にしかないのではとか思ってる節がある雰囲気がやはりノーマルは自己評価が低い。萌えます。
 あと罵られる妄想で自慰始めたときはもうどうしてくれようかこいつと思いながらのたうち回る他ないです。その後も何されてもいいとか言った時点でやはりドM以外の言葉を失いました。
 眼鏡に任せるエンド:眼鏡が妙に不本意というか不甲斐なさげな顔をしてるのが更に哀愁を誘う。
 プレイエンド:タイトルが衝撃的すぎて。いや中身も衝撃ですが!松浦と本多を遮断して本多が独占できるって思考になってるの怖い。褒めてる。

 

〈片桐さん〉
 どっちのエンドでも結局なんか結婚数年目の夫婦みたいなんですけどそれは。くそなんだよこの40代前半可愛いな!
 ついでに片桐さんにはでっれでれな眼鏡も可愛い。
 片桐さんの思考がどんどん後ろ向きになるのを隣人5くらいのポジションでふんじばって眼鏡の前に供えてきたい位で基本的にテンションが可愛いのがなんか安心する…。
 あえて言うなら本編の不安になる感じも大好きなのでその成分は欠けたのが勿体無いことか。


〈太一〉

 いきなりバッド突っ込んで縛られてる克哉がエロいとか思ってすみませんでした。でも普通に進んでも縛られててあれ?ってなったのは内緒。
 本編と合わせて逃げただけでなく一応のケリをつけて眼鏡とも和解して後日談というか延長線上にあった感じ。特に眼鏡との対話全ルートの中で一番向き合ってた。本編かと思うほどには。
 そういう意味ではむしろここからの後日談も見てみたい関係性ではある。
 あと表面上むしろ克哉のほうが上位っぽい感じの関係にみえて実質克哉が心底陶酔してる感じの関係凄くなんか可愛いのにえろいの不思議。
 輪姦バッド:本当に最初に入ったエンドがこれです。あっ…ってなる。事の大きさ的にはむしろ太一の手のが重傷ですが主にCGのせい。
 Rに捕まるバッド:御堂さんと同じパターンでも太一のがよりぶっ壊れてる感が…。もとがより不安定なだけにこの後がより怖い。


〈秋紀〉

 これ秋紀側から見たらスーパー攻め様×美少年の割合王道BLっぽいと本編でも思いましたがちゃんと恋愛はじめたことでよりそれっぽく。
 秋紀が小悪魔なのは言うまでもないけどそれ以上になんだかんだで眼鏡もデレデレなあたり結局割れ鍋に綴じ蓋というか…。
 本編が飼猫エンドでハッピーとは状態だっただけにある意味ここまでセットですよね秋紀も。
 調教師エンド:飼い猫が進化して性奴隷に!!大差ない!!困ったことに眼鏡が一番イキイキしてる気さえ…。

〈鬼畜打〉
 とりあえず大笑いした後に半分照れて中学生の気分になり最終的に無の境地へ。これがアホエロというやつか…。
 ノーマル克哉が最高にエロく喘ぐのに気を取られて失敗するかと思えば難易度自体は大したことがなかった。むしろその後のRに動揺してウインドウを有効にし直すのを忘れた。
 チャレンジSも案外簡単に行けたんですが鬼畜モードは長文でちょっと処理落ち起こして御堂さんで諦めました。

〈果実〉
Rをやってやったぜ と 克哉×2による新婚生活 のインパクトのせいでもう他のことは覚えてない。
あとメタ発言に申し訳なくなりつつ(?)笑ってしまうのでずるい。

« 鬼畜眼鏡/プレイ感想 | トップページ | 裸執事/プレイ感想 »

BLゲー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193384/58462558

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼畜眼鏡R 感想:

« 鬼畜眼鏡/プレイ感想 | トップページ | 裸執事/プレイ感想 »