2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

アルノサージュを強烈に勧めたいプレイ感想

アルノサージュ ~生まれいずる星へ祈る詩~

※プレイ時シェルノサージュ未プレイ並みの感想

○システム
基本:
貶すほどでもないですがさりとて過剰に擁護できるかといえば唸らざるを得ない、まあそんな。バックログと用語辞典直通はありがたいですが戦闘以外のシステムで言及できるのはそのくらいかな…。あと文句言うならばシーンかせめてムービーのスキップ欲しいとは昨日ラスボス2回目殴って思いました。
特有(?: なお比較対象はアルトネリコ3作の模様
・いつものグラスm……調合です。ヒロインごとに違うものにはならなくなりましたがそのかわり両サイドで違う調合会話が楽しめるように。そんなに埋めてないのでなんともですがとりあえずサルミアキ子さんのブレ具合には笑いました。
 あとなんといっても調合ソングとダンスあれは一体何なんだふざけ……ついかついかー♪デルタが妙に嫌そうなのが笑う。
・禊はやっぱりいつもの結晶強化+会話ですね。面倒くさいと思わないでもないんですがこれが醍醐味ともいう。アーシェスでふざけてイオンちゃんに怒られるのもデルキャス爆発しろするのも楽しい。強化の方はしらない。
・地味にサージュ・コンチェルトソーシャルとの連携がなかなかおもしろい。経験値とか2倍に出来るGPゲット出来るのもそうですが母胎想観のアレは結構面白い試みだよなと。
戦闘:
確かにベースは2ですがなんか妙な方向にジョグレス進化したような…。
画面外への攻撃で敵を一掃!というとなんかすかっとする雰囲気ありますけど後半になるとややザコでバースト溜め→中ボスもまとめて排除でもしないと中ボスにボッコボコにされかねないのと、単に全滅させないといけない気になってくるのでなかなか短期決戦で切り上げにくいのがちょっと難点。ただ、一掃した後迷子になってもエンカウントにうんざりしないという利点はあります。
謳う丘で50waveだった時はまあ切れましたが!(しかしその後2戦闘で99まで上がるという威力を実感したのでなんともいいがたい
あとアイテム類とかの効果がわかりにくいのなんとかしてつかーさい…。

○美術面
・グラフィックとか:
 モデリング自体は可愛いのになんか動きが残念…。あと演出が…。
 3Dモデリングで紙芝居会話って向かないのでは…という印象を拭えない困る。
 でも天領沙羅とかフェリオンとかの街の背景1枚絵はさすがの世界観だしキャラデザはかわいいしで差し引き普通という感想。
 ただ、アニメ入れるよりはプリレンダムービー入れたほうが可愛かったのでは無いかと本気で思ってます。
・音楽:
 正直これが7割と言っても過言ではないのは言うまでも無いですよね!
 いつも発売前日にひと通り聞いた時は微妙だなーって感想になるんですがプレイし終わる頃にはやっぱり今回も神曲オンパレードだったなーと思っています。今回もそのパターン。
 プレイとブックレット含めたら「Class::XIO_PROCEED;」とか「yal fii-ne noh-iar;」とか「ラシェール・リインカーネーション」とか以下省略というかもう全部でいいやとにかく良曲揃いです。
 言語形態が変わったのでちょっと不安だったんですがむしろ3より1に近い印象。 あと前述の調合ソングとあと攻撃魔法類が耳に残りまくりです。
フィールド音楽とかもいいのですがいかんせん詩魔法のがインパクト大きいのであまり言及できない感が。

○ストーリー
 Phase2の終盤までははっきり言って世界観丸投げ専門用語乱舞で投げそうでした。というか1回投げかけました。
 でもインターディメントが本格的に出てくるようになってからがすごい。
 あんまり詳しいとネタバレになるのでむずかしいですが割とメタで主人公=プレイヤーっていうのを違う意味で実感させられました。(まあネタバレといってもアーシェスがアーシェスとしている時点で今更ですが)
  世界観単語イミフも単語集ワンボタンで連結してるのでなんとなく分からないでもないかなってなるのが中盤以降っていうのもある。波動力学だの神話だのについていけないのはアルトネ3で諦めました。
 あと精神世界が他人とチェインするようになったの地味にいいですね!
 今まで便利モブかカオスになってたのが友情とか屈折とか増量でいい感じ。具体的にはキャスとサーリ、イオンとレナルルさんとか。
 でも便利モブといえば白鷹の便利屋度しかも本編登場遅い(一応)のは未プレイでもこう、哀れみさえ(略
  ただ、シェルノの方の完結楽しみに待ってる人はやらないほうがいいのかもしれない…私現行配信分まで終わってないからよくわかりませんが。

○総評
 概ねクソゲーと凡ゲーの境を行き来してるけど好きな人はかなりハマるタイプなのでは。  私はインターディメンドが本当上手い演出だと感じたので星評価するなら差っ引いても4つ星付けますが序盤だけなら2つ位ですしメタ嫌いならこの評価変わらなさそう。
 個人的にはシェルノは私がやってなかったし時間かかるしで別にやらなくてもいいと思いますが、アルトネリコ系プレイしてないと世界観が完璧にイミフっぽい気がするのでどっちかやったほうがいいかなーとは思います。イミフ状態の序盤が多分FF13より何言ってるかわからない。あれ単語集開かなくともプレイしてれば裏設定はともかくなんとなく何言ってるかは分かりますし。
 アルトネファンなら余裕でおすすめしますしイオンは俺の嫁っていうならじゃあやれよ夫なんだろと満面の笑みで言えます。

 まあ、グダグダ言わずとも評価を端的にまとめるなら増税前ブーストかかったとはいえ本体ごとシェルノサージュ買ってきた、で十分ですね。イオンかわいい



以下、ちょっとインターディメンドとかねいちゃんとかでネタバレ

続きを読む "アルノサージュを強烈に勧めたいプレイ感想" »

采配のゆくえプレイ感想

采配のゆくえ

前提: プレイしたのがバサラ直後で戦国に限らず無双はほぼ未プレイでついでに戦国知識メインがホライゾン&織田信奈だよりでおまけに逆裁プレイヤーです

○システム
 ADVと聞いてたけど一瞬ストラテジーかと思ったけどやっぱりADVでパズル要素高めだった。
 最悪総当りでも何とでもなるので難易度は低めかと。
 天眼モードの存在は割と謎というかあれのおかげでパズルの印象が強いです。あとあの長い演出半分にらなかったのか。
 要所要所で逆裁…と呟いてしまった私は悪くない程度になんか逆裁っぽいシステム。システムだけ。あとあんまり推理ADVやらないので比較対象があんまりないのと発売当時の印象で。

○美術面
 2Dだし普通にDS並みの画質って印象。でも1枚絵とか背景とかのライティングは超好み。
 キャラデザについてはなんか史実人物云々とかで単純に言っていいのか悩みますが私は好きです。女性キャラがみんな美人なのと吉継が異様に美しかったのがすごく印象的。
 逆にネタキャラ度は高いのか低いのかわからない…。
 音楽はプレイ後しばらくした今まったく覚えてないので別に良くも悪くも普通だったのかなーと。

○ストーリー
 関が原の戦い。で西軍。当然のように胃が痛い。
 史実以下略ですが戦況の話は(なんとなく知ってるので)ともかく、キャラクターが魅力的なので面白いんですが胃が痛い。
 とはいえ滅びの美学というよりお前の死は無駄にはしない!なので熱い系ですね。史実だからネタバレじゃない。でも史実だと思ってたら家康に勝ててびっくりしたけどな!ラスボスもなだめすかしただけだし!ラストだけそういう意味ではすっきりしない…。

○総評
 三行でいうと、
  第一印象(と事前評の一部)が逆裁
   でも中身はファンタジー込み熱血戦国
   こばやかわしょす
ってところですかね。
 780円で買って2日でクリアしましたがあと500円なら余裕で出せる。1000円だと迷う。そんな感じです。
 しかしなんで推理系ADVで作ろうと思ったのか。

BASARA4の感想を

戦国BASARA4

発売日に買って一通り全員普通~難しいでクリアした程度で別にコンボやりこみとかはやってない程度での感想です。
なんか分類して書くの難しいんで箇条書きで感想をば。 ちなみにこの前に宴買ってストーリー全員分と三成で統一くらいしかやってないので操作性でまともな比較が出来るキャラはそのくらいになります。っていうか三成しか違いがわからん
要するに主に比較対象は3ですという話。

○良かった点
全体的にシリーズ的な安定感はあったなーという印象。
シリーズタイトルとして辛口評価になるのもわかりますがやっぱりこれが1作目としてポンとでたと考えると高評価するでしょうし。要するになんだかんだで楽しかったですという話。
とはいえ改良かというとどうなんだろうというのもなくは…。

・一番最初にびっくりしたのが開門がシームレスなことですよ。ラグが入るし一部ムービーのままではありますが全部START押さなくてすむのはいいです。

・空中発動出来る技増えた印象。
 三成やってて鬱屈と慘悔が空中発動可能になっててびっくりしました。単純にかっこいいのと斬滅刹那・断罪あたりの運用性が増えたのちょっと嬉しいです。ちなみにどちらにせよワンパンキャンセル鬱屈or慘悔で究極くらいまではどうとでもなると思いますというかします(脳筋
 他のキャラの使用感は(多分宴と大差ないけど)長政・天海・金吾・最上あたり面白いです。キャンセルとか溜めとか手数とかが好きというだけの話ですともええ。

・新キャラ組も結構操作性が面白い。左近の操作感の軽さとか勝家の切り層上げとか直虎の固有技つなぎとかは爽快感もあっていい感じでした。面白いだけでいえば鹿之助も又兵衛も屈指のとんがりですし。突っ込みどころもありますが後にします。

・固有奥義が全部使える。戦闘中に変更可能になってロマン使用が可能になったのかなり大きいと思います。持ちキャラが斬滅一択三成なので余計恩恵を感じる…。そうでなくとも戦闘の幅が増えたのはいいことです。

・強化印籠で外部経験値ストックがあるので使用せずともレベル上げが可能。得意キャラで苦手キャラが育成できるので練習とか戦友と合わせてストーリー進行にはだいぶ利点になりました。

・軍の色分け数が増えて複数の軍が出てくるマップとか見た目的に面白いです。見た目だけですけど。書いててすごくどうでもいい気がしてきましたがマップに緑だの紫だのが居るの「あっ増えてる」っていう感想を

・戯画バサラが見た目的にかっこいい。実用性は運用次第ですが。範囲攻撃としては有難いんですけどボス相手だと交代でバサラ技使った方がピンポイントアタックできる場合もある上私が温存型なので超いいよ!って感想ではないですが割といい変更点だとは。

・完全に好みの問題な上賛否両論の主犯ですが、それでも私は今作のストーリー結構好きです。将軍周りとかリア充爆発もとい長政とか。

・PS2時代のノリが3より強い印象。特に武田軍あたり全力で通常営業。3は3で好きなので良い点に分類するか否かは微妙なところですが全編シリアスよりは楽かな?

○良し悪しが微妙な変更点
別に悪くはないけど良いわけでもない変更点が結構。

・なんか前と主に顔のモデリングが変わった気がします。特に慶次で顕著だと思うんですがなんかこう…野村FFっぽいというか…。おかしくはないんですが妙な感じです。

・公式にも謳ってますが陣形と陣の段階化。固いし強いしで邪魔ではあるんですけど組み上がる前に一撃で倒すのとかタイミング判定で壊すのとかもそこそこ楽しいので歯ごたえか無駄強化か微妙なラインです。あと今作カオス芸担当の1つだし。

・有料DLC導入。好き嫌い別れるところですけど特典の直虎とか左近とかの衣装が結構気に入ってるので特典オンリーよりは購入を悩む余地があるのはいいことかなあと。嫌なら買わなきゃいいですしソーシャルと違って課金前提レベルの難易度じゃないですし(モバマス中堅層並の感想)

○悪い点
改悪点が一番指摘しやすいですね!いいとこそのままでも指摘できませんしね!(多分フォロー

・とにかく銘システム化と装具システムの廃止。見た目で武器が選べるとか育成する感覚とかは好きなんですが、いかんせん面倒くさい。育成が楽しいと言っても結局フルカンスト脳筋ビルド&打札俊足場合により六道極安牌感があるのが哀愁を誘うところ。緑札のランダム性が高いのも地味に辛い。
後なんといっても専用装備が廃止になったの痛い。いくらキャラ固有性能細分化が進んだからっていっても特化の結構な部分でしたからね。お陰で恐皇がネタってレベルじゃねーぞ!4で一回もまともに使ってませんMAXなのに。

・武器強化できない初期での敵がほんと強い。それで富嶽行って普通なのに暁丸にけちょんけちょんにされた恨みは忘れていません。その内余裕が出てくると力全振りでlv10(保険に交代可能戦友付き)でも難しいさくさくいけますけど初期どうにかならんかったのか。

・新キャラの性能格差大きくね?という話。格差というより極振りというのが近い気がしますが、個人的に鹿之助と又兵衛がどう使っていいのか脳筋殴り以外で検討が付きません。前述3人の方は使いやすい部類なんですけど。ただ左近と勝家の固有奥義は1以外使い方に困るな、とは思ってますけどこれはまあ別の問題ですかね。

・客観的に見てストーリーが割とどうよ感あるのがわからんこともない。左近あたりやってて思うんですが展開が急すぎるうえに説明がないのでいきなり何!?という感想を抱かざるを得ないのはなんとも。
 アクションゲーの中心はアクションだろ!と言ってしまえばそこまでですがキャラゲー売りでもあるのでキャラクターが雑なのはどうよって話ですね多分。筆頭の英語気にしないからって全部力技で納得はできないんだなーなんでだろーとか考察始めるレベル。
 ついでにキャラの不平等も火種だなぁとは…。旧キャラは一応(本当に一応)主人公格の優遇かなあという感じですけど新キャラ勢特に鹿之助の扱いが謎。初期状態で出てない割にアニメルートありってどういう…

・これあんまり言いたくないんですけど三成過剰に贔屓しすぎじゃ無いですかね。信者の端くれが言うので相当ですよ。

なんか改悪点はいろいろ思いつくんですが私には珍しくちゃんと全員分1通りやったのでかなり楽しんだ方です。新キャラ勢もそれぞれ好きだし、続投キャラも面白かったし。忠勝とか好きです。

結論としてどの層に勧めるべきかは迷うところ。尼レビュとか見ても旧作からのファンが低評価つけてるのも多いけど私も旧作からのファンではあるし。
あるいは新規さんの方が比較対象ないぶん純粋に楽しめるかもですね。無印とは比べ物にならない操作性なので。

……でもまあPS3で迷ってるなら3の方すすめるかもなああっちのが簡単だし… (HDリマスターの方はやってないのでノーコメントで)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »