2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 大日本サムライガール1感想 兼おすすめ! | トップページ | 7月読書メーター。 »

Rewrite レビューと感想。

Rewrite 通常版

瑚太朗はオカルト研究会の部長、千里朱音に助けを請い、知り合いの生徒たちをも巻き込んでの調査を開始するのだった。それは瑚太朗にとって、ちょっとした 冒険心のつもりだった。騒がしく仲間たちと過ごしていけるなら、それで良かった。瑚太朗はまだ気付かない。それが誰も知らない『真実』の探求へ繋がってい くことを。    

Amazonで発売日に買った筈なんですよ。でもなんかちょっとやっては積み…を繰り返したせいでこんな時期までかかってしまいました。というかぶっちゃけるとHFが出るので慌ててやりました。微妙に損した気分になるのでゆっくりじっくりやることをお勧めします。
総プレイ時間はぶっちゃけあんまりわかんないんですけどざかざか飛ばして30時間かからないくらい、ですかね。ボイス全部聞くとかなら倍くらいかかるんじゃないでしょうか。

○音楽
流石Keyというか、一年以上週一でOPEDと一部のBGMを聞いてるのでだいぶ耳になじんでますがやはり毎度毎度いらっとかしない心地いい感じ。
ボーカル曲軒並みと、ヒナギク、深層森林、旅あたりが好きです。っていうか今曲名調べてまじまじ聞いたら結構いっぱい気に入ってます。

○グラフィック
いたるさんの絵ってすごい好み分かれると思いますからまああれなんですが、全部通してやるとこれしかない!っていう感じですよね。作品の特性上自然多めのスチルが多くてそれがかなり好きです。

○システム
前の選択肢に戻るにオート、既読・強制スキップにオートとボイスのスピードコントロールまでついてこれ以上何を望むというのか!…あ、でも章ごとスキップはあってもいいかも。
特異なシステムとして、マップ上のポイントを探したりするマッピーがあります。
これ、面白いには面白いんですが…あるルートに行くためには埋める必要があるので、まあぶっちゃけちょっとめんどくさいです。

○シナリオこみ総評
リトバスとクラナドしかやって無くてAIRもアニメ見ただけの人間が言うのもなんですが、いままでのkeyとはなんか違う感じしますね。
でもやっぱり泣きゲー的展開もありますし、燃え展開としては熱いし厨二心がくすぐられるしで結果的に値段分は十分に楽しみました。ブランドに拘らずノベルゲーとして面白いものをやりたい!って場合はお勧めできると思います。
あとはまあ合う合わないでしょうし、その辺は体験版あったはずですからそっちやった方がいいでしょうね。
あと通常版からは説明書についてるらしい特典小説はクリア後にどうぞ。さんざん言われてると思いますが。

とりあえず今はハーベストフェスタちゃんと予約しといてよかった!と思えるくらいには大好きな感じです。そのくらいには面白かった!

以下各ルート感想です。ネタバレ注意。
ちなみに攻略した順です。ついでに言えばおっぱいまだたどり着けてません気力がないです。

○小鳥
ずっと前の記事にも書きましたが、小鳥が体験版やってて一番ツボにはまった子です。あの独特の喋り方が本当可愛くてかわいくて。その感想は今でも変わってないのでHF超楽しみ。
で、感情移入度が最初っから高かったのもあってぼろなきしましたこのルート!
もう…幸せになって小鳥ちゃん!
全クリ・特典小説読破後にもう一回やったらまた感想が変わりそうな気もします。

○ちはや
ちはやかわいい<咲夜アアアアアアア!なんですが仕方ないですよね?ね?
ちはやの天然ボケっぷりとか強さとかそういうものも味わえない訳じゃないんですがでもこのルートから始まる咲夜伝説(?)がもうイケメン過ぎてもう…!
むしろおつきあい許して下さい的な意味では咲夜攻略してるんだから咲夜ルートでいいじゃないですか!
ところでこのルートだけいやに少年漫画的に熱血ですよね。ライター色か。

○静流
マスコット枠には見た目からは食指が伸びません。
が!そんなんどうでもいいわと言わんばかりのシナリオ!でやっぱり落ちましたよわたしちょろい!
記憶関連に私本当に弱いんですが、この歳(註:他キャラとほとんど変わりません)でそんなつらい過去を…!みたいなもう幸せになれよ!感。
ED曲と手紙とスチルがマジ反則でしたずるい。

○ルチア
これ書いたの絶対竜騎士だろと思いながらプレイ。
そしてその印象強すぎワロえない。
鬱展開好きなので世界を滅ぼす毒、とか超浪漫。浪漫ですがまた可哀そうでもあり。
ところで竜騎士の書くホラー系はマジで怖いんですが。少し筒やってる人はこのルート夜にやっちゃいけねーよ的な。
ツンデレ的にはそこまで美味しくもなかったですけどデレは可愛い。

○朱音

しゃきっとしてるのも魅力ですが自分にだけ見せる弱さというかぶっちゃけニート感的なものはギャップ萌えですね!
でもあかねさまルートはどっちかっていうと世界滅亡させる側っていう厨二的燃えに溢れてる気がします。
ところでこたさんの立ち絵でてくるのって何気にここだけですよね?かっこいいんですけどどうしてくれるんです?
 
○Moon
さっきもさんざん咲夜さくや言いましたがやっぱり咲夜ああああですよ!moon編の咲夜の登場の仕方は反則ですって!
オカ研メンバー共闘ってさり気にここまでのif展開みたいで熱いです。おおおおおお!とか素で言いました。こんな展開があったら…っていうのはまあterraまで置いておいて。
実質篝√の前篇ですが喋らないかがりんは可愛いには可愛いですけどなんか攻略できた感が微妙に薄くて切ない…。
 
○Terra
そして大詰め。いきなり別ゲーになったかと思いましたよ…。
とりあえずこたさんが喋ります喋ります。今までラジオに感じていた疎外感(?)も解消ですよヤッター。
最初は変な感じでしたけどまあ慣れますねww
ぶっちゃけ森田さんがこのお気楽高校生やってるっていうのはなんか年齢的に似合ってない気がしてたんですが実年齢考えると納得。
それにしてもガーディアン時代のこたさんはかっこいいですね。以前のルートの西九条せんせーと今宮との絡みを改めて見直したいところ。というかむしろ新たに読みたい。あと江坂さんも!
そういえばラジオでこたさんが喋ってるところはもう別ゲーとかヒロインとあんまり面識がないとか言ってた気がしますが、終えて一言、あそこまで無いとは思ってなかったですよ!かがりんとちっちゃい小鳥にあかねさまくらいじゃないですかほんとに!
あとこれ篝√の後半ですね。こっちは普通に喋った事にちょっとびっくりしましたww
ロボ的で可愛いといえば可愛いのですが…なんていうか母ですよ母。星だけに。
良いキャラだなーとかそういうのはあってもヒロインな気がしません。ついでに言えばここで年齢差をまざまざと見せつけられて個別ヒロインたちはなんか妹みたいな感じに…。
keyでラストエピソードなんで泣けるものかと思ってたんですが、泣くよりかは熱い気持ちになりました。辛い…というかがんばれええええ!みたいな感じ。
でもEDは胸に来ます。幸せかどうかはまた別ですけど、トゥルーエンドというか、最善なのかなというか。
ついでにいえばED曲のCANOEを改めて聞いたら泣きそうになりました。ごめんなさいありがとうかがりん。
…ところで何で最後こたさん制服着てるん?
 
 
○腐女子目線的な別の話
吉野も咲夜も江坂さんも今宮もそしてもちろんこたさんも男キャラ組が本当にかっこよくてどうしようですね!
ぶっちゃけギャルゲやりながら思考するべきじゃない方の思考がフル回転しかけてますww
今更ってのもまたあれなんですが同志求む…。とりあえず咲夜はなんか受けっぽいと思うんだ余計茨の道だけど…

« 大日本サムライガール1感想 兼おすすめ! | トップページ | 7月読書メーター。 »

ADV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193384/46463876

この記事へのトラックバック一覧です: Rewrite レビューと感想。:

« 大日本サムライガール1感想 兼おすすめ! | トップページ | 7月読書メーター。 »