2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

乙女ゲーの攻略対象に(略)2巻感想!

51sunsjrm2l_sl500_aa300_
乙女ゲーの攻略対象になりました・・・。2 (電撃文庫)

ついに「俺ルート」突入なのか……?死亡フラグが立ちまくって困る 乙女ゲームの世界に放り込まれ、なぜか攻略対象になってしまった、フツメンの俺。どうせ 美少女たちはイケメン狙いだろうと安心していたのだが、どうしてか、死亡エンディングてんこ盛りの「俺ルート」に突入してしまったようで……。 もう女ど もには関わらない!と決意するものの、どうしても美少女たちのほうから寄ってきて、死亡フラグが立ちまくる! 俺は死ぬしかないのか……。 斬新な(?) デスゲーム・ラブコメ、いよいよ佳境の第2巻!(e-honより)

目指せ、起死回生!(多分
前巻も思いましたけど作者さんは男性なんでしょうか。男性ならこれ良く検証してるなあとちょっと思います。
私そう数やる方じゃありませんけどライバル多くね?っていうラノベ的必要要件を覗けば結構忠実なんじゃないですか?ギャルゲーも基本的には一緒なのかもしれませんが。
というわけで、ドクロに吹きました。ええ、これが言いたかっただけです。

ヒロイン誰中心、という事もなくまんべんなく焦点当ててる感じ。でもそのせいで男キャラの影が薄くているのこいつら感。攻略対象ズより放送部長の方がキャラ濃いってどうよ。
そしてさらに新ヒロイン登場。割といい感じのネタではありますけど大丈夫ですか増やしてとちょっと心配にもなる…。
ストーリーは好きなんですがキャラクターの濃度がむらがあるっていうよりグラデーション化してて魅力があるんだかないんだかとはちょっと思います。

一言:「主人公」より姉がヒロインに見える。

カゲロウデイズ 感想

51azbhtue5l_sl500_aa300_
カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)

『カゲロウデイズ』他、関連動画再生数1000万超の物語がここに! 本人書き下ろしノベル登場!

『カゲロウデイズ』他、ニコニコ動画に投稿された楽曲の関連動画再生数が1000万を超える超人気クリエイター・じん(自然の敵P)。その本人による書き下ろしノベルが登場! 全ての関連楽曲を繋ぐ物語が初めて明かされる!

――これは、8月14日と15日の物語。やけに煩い蝉の声、立ち揺らめくカゲロウ。真夏日のある日にある街で起こった一つの事件を中心に、様々な視点が絡み合っていく……。
新感覚の燦然たるエンタテインメント体験がここに! 『目』が眩むほどの衝撃を見逃すな!
(Amazonより)

あとがきでぶちこわしだよっ!御陰で書こうとしてたことが吹っ飛びましたよええ…

読んだ時点で人造エネミーとメカクシコードまだ聞いてなかったんですが帰ってニコニコ繋いで真っ先に見に行きました。新曲収録ってことでCDの販促効果もあるかも。ちょっと欲しくなってきた。
正直なところ世界観にだいぶこんがらがってたのでこういう形での補完はありがたい、というか十分に楽しめていいですね。
今回はまだ表題:カゲロウデイズの本題には入ってない感じでしょうか。章題にもある人造エネミー、メカクシコード、如月アテンションが中心?まあ前述のとおり半分は内容知らなかったんですが普通に物語として楽しめました。
でも、私カゲロウデイズの世界観好きでそれを期待していたが故にある意味期待外れというか、端的に言って早く続き読みたいというか。

そういえば一時期結構売切れ+再版未定コンボかかってるようですね。今はアマゾン曰く30日再販予定みたいですが。
発売直後に手に入れられたの結構にラッキーだったんだなあ…。

一言:改行&空行多いのが気にはなります。悪くはないですが。

あまからカルテット 感想

1106081323

あまからカルテット

薫子は編集者、満里子は美容部員、咲子はピアノ教師、由香子は専業主婦。女子校時代からの仲良し4人組が30歳を目前にして、恋に迷い仕事に悩みながらも 友情の絆で乗り越えていく連作集。咲子が花火大会で一目惚れした時、由香子がネット・バッシングでへこんだ時、満里子に恋敵が現れた時、薫子が仕事をなげ そうになった時、いつも美味しい食べ物が解決の鍵になります。伸び盛りの新進作家のビタースウィートな世界に酔ってください。(文藝春秋より)

この本のせいで夕飯が餃子になりました。厳密に言えば食べるラー油に。

女友達4人組の友情物語ですが割り切れないような微妙な距離感が重視されてるまさにあまから、みたいな。
各編それぞれに中心となる食べ物があるんですが、どれも美味しそうなんですよ。
特に上に書いたラー油。もともと食べるラー油好きなんですがこの作品に出てきたものが本当に美味しそうで…どっかに売ってないかな。
一番好きなのは最後の話です。オムニバスから群像形式に!
4人それぞれのわだかまりを全部まとめて片づけちゃうのはなんだかんだで爽快感があっていいです。

一言:読んでてどころかこの文章起こしてておなかすきました…ラー油…。いやグルメ小説じゃないんですけど…

嘆きの美女 感想

1106103206

嘆きの美女

生まれつき顔も性格もブスな耶居子は、会社を辞めほぼ引きこもり。顔のにきびをつぶすことと、美人専用悩み相談サイト「嘆きの美女」を荒らすことが最大の 楽しみだった。ところが、ある出来事をきっかけに「嘆きの美女」の管理人のいる、お屋敷で同居するハメに…。美しくても、美しくなくても、たくましく生き る女性たちの姿を描く。外見、趣味、食べ物、男性からの視線―。生きてきた環境があまりにも違う彼女たちが、いつの間にか繋がっていく。女の人たちの物 語。(Amazonより)

文庫化された「終点のあの子」を読んだら面白かったのでわさっと手を出しました。
御陰で、というか奥沢エイジが登場したのにはちょっとおお、と。

不細工女の美女見返してやるぜー見たいな復讐物語かと思ったら違った。成長ものですね。
美人に対する僻みとか、逆に美人のどろっとした感情とかがこんな題材なのに透明な感じで書かれていて、さえない女が変身、みたいな話としては凄く楽しめました。カタルシス。
ただ…ダメ人間耶居子に感情移入というか自己投影してしまった身としては「人間見た目じゃない!」だけでなく「結局は才能だよ!」まで書かれてる気がして何とも…。

一言:自分宛でない他人の悪口というのはどういう訳かカタルシスが得られる気がします。


アイドライジング!4 感想

518l8q3qjtl_sl500_aa300_

アイドライジング!〈4〉 (電撃文庫)

年末。短いシーズンオフを利用して、保養地である箱根の温泉宿に羽を伸ばしにやってきたモモとサイ。だが、突如モモが大晦日の特別試合に出ねばならなく なってしまう。いきなりの試合設定にサイは忙殺されてしまい、訓練方法に悩むモモ。そんな彼女に手を差し伸べたのは、アイドライジング最強の“女王”マツ リザキ・エリーで―!?『アイドライジング年末特別番組“ゴールデンアワー”がやってまいりました。今年は新人賞を賭けた超豪華試合を大晦日に生中継。注 目のカードは七岡製薬所属の不思議系アイドル、ミジョウ・レンゲVSおなじみミニテックス所属、アイザワ・モモ。冬の寒さや雪の嵐もなんのその。最高の夜 をお届けします』。(Amazonより)

百合うめえ。毎巻思いますが女の子がきゃっきゃうふふしてるのは和みますねえ…。
旅行で温泉で新人賞争奪戦。並べたてると盛りだくさんですね。
でもそんなことよりエリーですよエリー。
今回モモはエリーに特訓してもらう訳ですが、その特訓というか交流を通じて見えてくる人間性が。
今まで不敗の女王キャラなせいか何考えてんのか分からないミステリアスな感じでしたけどクイーンだろうと人間なんだなあみたいな。
ラスト、彼とのシーンはもう…ギャップ萌えみたいな!
あっ、百合萌えもいいですがバトルも燃えですよ!上手くこの興奮を説明できる気がしないのであえて特に言いませんが、いつも通りの面白さ。
今回は相性の悪い相手ということでこういう不利な状況からいかに盛り返すか、っていうのは燃えですね。

一言:オリンちゃんは絶好調ツンデレかわいい

大奥のサクラ2 感想

51dsqpt3dsl_sx230_

大奥のサクラ  現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)

大奥女学院の行事“花しらべ”―それは身体測定!硝子壁の学園だから、触れることは出来ないが出資者は鑑賞できちゃう一大イベントなのだっ。そこに登場し た序列四位の『金獅子』と『銀狼』が再会した時、大奥を殺し合いの学園にした元凶である序列一位『絲妃』を倒すバトルロイヤルが始まる!一方のさくらと秀 影はらぶらぶデートなんて、はしゃいでいたら、さくらの身体に深刻な事態が起こり!?美少女たちの戦国学院、第2幕。    
(Amazonより)

えげつねえ…。
最近いけめん彼女とかそんな感じの緩い方の日日日さんばっか読んでたせいでちょっと忘れてましたけどそうでしたねこの人割合シビアなんでした…。うう、ダメージが…。何で(ネタバレ)金獅子もう退場してしまうん?

前巻のあらすじには身体測定キャッキャウフフとか書いてあった気がしますけどまあ嘘じゃないですがラーメンのメンマとネギを指して野菜入りを堂々謳うレベル。
前巻と同じく最終的にはガチバトルですしねww
でもキャッキャウフフ分は秀影とさくらちゃんのデートでおなか一杯になれます。背景が背景なので爆発しろと言えないリア充。

1巻が導入なら2巻は大奥への反逆に関してだいぶ動きます。えっこの展開にもう入っちゃうの?ってくらい。
という事はおそらく大きい流れはもっと別の所にあるのかなあとも。
次巻どういう流れになるのか気になります。って、もう出てるんですけどねwwまだ読むのは先になりそうですが。

一言:赫竜の台詞読みにくくないですか?

 

5月読書記録ー

5月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:6981ページ
ナイス数:13ナイス

あまからカルテットあまからカルテット
読了日:05月29日 著者:柚木 麻子
嘆きの美女嘆きの美女
読了日:05月28日 著者:柚木麻子
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE)私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE)
もうやめて!と1巻でも思ってたのになぜか続きを買ってしまった。そしてやはりもうやめて!って思った。でもきっと続きも買う。
読了日:05月26日 著者:谷川 ニコ
アイドライジング!〈4〉 (電撃文庫)アイドライジング!〈4〉 (電撃文庫)
読了日:05月25日 著者:広沢 サカキ
大奥のサクラ  現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)大奥のサクラ  現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)
読了日:05月24日 著者:日日日
好敵手オンリーワン1 (講談社ラノベ文庫)好敵手オンリーワン1 (講談社ラノベ文庫)
読了日:05月24日 著者:至道 流星
はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫)はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫)
読了日:05月22日 著者:和ヶ原 聡司
夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)
読了日:05月21日 著者:緑川 ゆき
テキトー王子、父になる!(七人)。 (ビーズログ文庫)テキトー王子、父になる!(七人)。 (ビーズログ文庫)
読了日:05月21日 著者:汐見まゆき
ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)
所詮漫画家さんだしとか思っててすいませんでした!演説と俺TUEEEが大好きなのでどストライクでした。2巻も期待してます。
読了日:05月21日 著者:榎宮祐
断章のグリムXVII 白雪姫・下 (電撃文庫)断章のグリムXVII 白雪姫・下 (電撃文庫)
読了日:05月17日 著者:甲田 学人
断章のグリム〈16〉白雪姫〈上〉 (電撃文庫)断章のグリム〈16〉白雪姫〈上〉 (電撃文庫)
読了日:05月17日 著者:甲田 学人
消えちゃえばいいのに (富士見ファンタジア文庫)消えちゃえばいいのに (富士見ファンタジア文庫)
読了日:05月15日 著者:和智 正喜
すべての希望にエールを HERO個人作品集4 (ガンガンコミックスONLINE)すべての希望にエールを HERO個人作品集4 (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:05月14日 著者:HERO
まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに 特装版まおゆう魔王勇者 5あの丘の向こうに 特装版
経済ものとしても戦記物としても王道ファンタジーとしてもハイレベルでとても楽しかったです。これで初出がSSだって言うんですから名作は本当にどこで生まれるか分かりませんねー。
読了日:05月14日 著者:橙乃ままれ
終点のあの子 (文春文庫)終点のあの子 (文春文庫)
読了日:05月13日 著者:柚木 麻子
遠まわりする雛 (角川文庫)遠まわりする雛 (角川文庫)
読了日:05月12日 著者:米澤 穂信
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く(下) (GA文庫)アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く(下) (GA文庫)
正直展開など引っかかることが全くないわけではないのですが、ファンとしてはこれ以上ない程に楽しめました。実は3はまだ未コンプなのですがティリアの可愛さにはやられたww
読了日:05月08日 著者:富松 元気
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く(上) (GA文庫)アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く(上) (GA文庫)
読了日:05月08日 著者:富松 元気
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (ファミ通文庫)ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (ファミ通文庫)
久々にこの方のコメディを読んだ気がします。軽いノリとキャラクターの可愛さが楽しい。あと個人的には「~~~~~」これが大好きなので増量で嬉しいですww続刊も楽しみ。
読了日:05月07日 著者:野村 美月
坂道のアポロン (9) (フラワーコミックス)坂道のアポロン (9) (フラワーコミックス)
ラストページは本当…反則。終盤の坂道に込められた気持ちの序盤との違いにもなんだかこみあげてくるものがありました。
読了日:05月07日 著者:小玉 ユキ
坂道のアポロン (8) (フラワーコミックス)坂道のアポロン (8) (フラワーコミックス)
読了日:05月07日 著者:小玉 ユキ
さくら荘のペットな彼女〈2〉 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女〈2〉 (電撃文庫)
読了日:05月07日 著者:鴨志田 一
アリアンロッド・サガ・リプレイ(7)  終末のエンプレス (富士見ドラゴン・ブック)アリアンロッド・サガ・リプレイ(7)  終末のエンプレス (富士見ドラゴン・ブック)
読了日:05月07日 著者:F.E.A.R.,菊池 たけし
冷蔵庫探偵 3 (ゼノンコミックス)冷蔵庫探偵 3 (ゼノンコミックス)
読了日:05月07日 著者:遠藤 彩見
ヤンデレ彼女(8) (ガンガンコミックスJOKER)ヤンデレ彼女(8) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:05月01日 著者:

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

これからレビュー書こうと思ってた本のネタバレ注意(笑)
今月は柚木さんの終点のあの子読んだら芋づる式に既刊に手を出してしまいました。
この心に刺さる様な優しいような感じがとても好き、というか我ながらおこがましいですけど理想です。
漫画含めて今月は4冊最終巻がありますね。どれも素晴らしい出来で終わるのが寂しかったような終わりを見届けられて嬉しいような。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »