2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

好敵手オンリーワン1 感想。

51vr75isgnl_sl500_aa300_

好敵手オンリーワン1 (講談社ラノベ文庫)

桜月神社の一人娘、桜月弥生。天都教会の一人娘、天都水貴。美少女二人と孝一郎は幼なじみである。仲良く過ごしていた三人だが、孝一郎の一言をきっかけ に、弥生と水貴は対抗するようになる。テストや体育、ラブレターの数まで、ありとあらゆることで勝負する二人。審判役としてつねに巻き込まれる孝一郎だ が、余計な一言からさらにやっかいなことになる。それは「どちらの家がより資金を増やせるか勝負する」というもの。賞品は――「孝一郎を一生奴隷にする権 利」!! それなのに二人の事業をそれぞれ手伝わされる孝一郎の運命は!?

神社の一人娘、桜月弥生。教会の一人娘、天都水貴。美少女二人と孝一郎は幼なじみだ。仲良く過ごしていた三人だが、孝一郎の一言をきっかけに、テストや体育、ラブレターの数まで、あらゆることで弥生と水貴が勝負するようになる。審判として巻き込まれる孝一郎のさらに余計な一言から、「どちらの家がより資金を増やせるか勝負する」という内容に変わる。しかも賞品は――「孝一郎を一生奴隷にする権利」!?(Amazonより)

ああ至道流星だわ、と。私羽月梨音の帝国しか読んでませんけどファーストインプレッションはこれです。
いつも通りラブコメメインで買うと首を傾げることになりかねないけど経済小説系統ラノベとしては期待通り、みたいな。
ただ今シリーズはキャラチートすぎません?羽月梨音~も大概と言えば大概ですけどメイン人物が減った分圧縮されすぎてる気がしてちょっとそこは気にかかります。
それにしても宗教法人でやるとは…宗教って商売できるんだっていうのも含めて目から鱗ですよ。

ラブコメ分に関してはツンデレvsツンデレによる割とテンプレ+ややチート性能の主人公の取り合い、というやっぱりテンプレ。ぶっちゃけそれ以上ではないですけど、以下でもないです。理不尽にはちょっと苛つかないでもないですが…

批判してるみたいになってますけどそんなことないですよ。
ただ、既にものすごいスケールの羽月梨音の完結を見てしまったので、ゲームで言うところの2週目プレイ開始みたいな縮小感を味わってる気がするんですよ…。
数冊出てから、余韻を忘れた頃にまとめ読みした方が良かったのかもしれません、少なくとも私は。

一言:お金が動くラノベって楽しい。interestingの方で。

はたらく魔王さま!4巻感想。

51baxvmnwal_sl500_aa300_

はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫)

バイト先のファーストフード店の休業で、職を失った魔王。さらに住居であるアパート、ヴィラ・ローザ笹塚も、ガブリエルとの戦いで壊れた壁を修理するた め、一時退去しなくてはならなくなってしまう。職と魔王城を同時に失い失意の魔王は、大家・志波の勧めで“海の家”ではたらくことに。その店は、志波の姪 だという女性・天祢が経営しているらしい。しかも、魔王に恋する女子高生・千穂や、魔王の命を狙う勇者・エミリアまでもが魔王を追って海の家にやってきて —!?夏で海でも仕事です!な、庶民派ファンタジー第4弾。【「BOOK」データベースの商品解説】
(hontoより)


魔王城の外に出ますよ!と書いてよくもまああの漆原がとちょっとww
1章タイトル(=無職ホームレス)だけで言うとまるで深刻ですが結局のところ水着回ですよ。多分。
今まで本当に真奥ってバイト戦士的に有能なの?とちょっと疑問に思わないでもなかったですが有能でした。すみません魔王さま。
シリアスパートの本筋としては魔王群襲来、ですが日常パートがかわいすぎてそっちばっかりですよ。
とりあえずアラス・ラムスちゃんが全力で幼女可愛い。そして骨抜きになってる真奥もかわいい。
ついでに褒められてキョドる芦屋も可愛いし妙に素直な漆原も可愛い。
…女子組スルーなのは実は約1名本名と割とかすってまして微妙な気持ちを抱いてて何ともという事情が…みんな頑張ってて可愛かったですとだけ。
そして新キャラですよ!豪快美人ですよ!でも大家さんの一族ですよ!残念!…残念?
しかしどっちかというとこの人の登場による背景の広がり方を私が理解できていない事の方が気になります。
(ネタバレ?)というか、だんだんセフィラがなんなのかわけわかめな感じに…!暇が出来たら読み返すべきですかねこれは。(ここまで)

一言:魔王様かっけえ。

言ったら怒られそうな余談:…文章媒体の水着回ってそれ美味しいんですかと実は前々から思わないでもないんですが…イラスト的には美味しいんでしょうか。

テキトー王子、父になる!(七人)。 感想

51g5tnwjktl_ss500_
テキトー王子、父になる!(七人)。 (ビーズログ文庫)

イキナリ結婚!! ――で、イキナリ子持ち!?

大国・バフラムの女王と婚姻が決まった、マーテル国の末王子・リヒト。

「なぜ自分が?」と疑問は残るが、生来テキトーな彼は「ま、いっか」とバフラムへ。
対面した女王は、年齢不詳の美貌と穏やかな雰囲気の女性――が。
この女王サマ、6回の離婚歴&7人の子持ちのツワモノ!! 
「おとうたまー」とチビッ子にハグされ、さすがのリヒトも大混乱! 

ところが、さらに上をいく驚きの事態が――!!
 (Amazonより)

ハートフルコメディだと思ったら!ハートフルコメディじゃなかった!いや全体的にはそうと言えなくもないんだけど…
前半と後半で割と色が違って、総合的な読後感はどちらかと言えば政治ものっぽい印象です。
私みたく政略大好き人間なら割と楽しめると思うんですけど、ホームコメディ系を求めると足りないかもしれない。かといって政治ものとして薦められるかっていうとそうでもなく…。
あと主人公がちょっと薄いかも?天然たらしと聞いて飛びつきましたが今のところそこまでたらし要素が感じられません。
父親っていうか、親戚のお兄さんみたいな感じがします。私アニメ序盤しか見たことないですけどパパ聞きみたいな。

2巻出ますけど1巻割と変化球だった印象なので現物見て考えます。

一言:悪くないけどなんか足んない。

ノーゲーム・ノーライフ1 (略) 感想。

61qzqlvo7hl_ss500_
ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少 年に異世界へと召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった――そう、国境線さえも。
他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。空と白、二人のダメ人間兄妹は、異世界では『人類の救世主』となりえるのか?
――“さぁ、ゲームをはじめよう”。(Amazonより)

評判はちらっと聞いてましたがあとがきと冒頭立ち読みして購入決定しました。今思えば一番面白い(ファニーの方で)のはあとがきだった気もしますww
冒頭読めばわかると思いますが厨二系な俺TUEEEです。
とりあえず1巻は途中でへたりもしない爽快感あり。特に知力TUEEE好きさんにはおすすめできるかと。
逆に帯に騙されてラブコメ期待すると違うかもとは今思いましたけどww
全てがゲームで決まる世界×ゲームで無敗の兄妹というだけで推して量るべしといった体ではありますが、弱小国家の逆転国盗りギャンブル劇です。ただまだ序の口と言ったところなのでこの風呂敷がどこまで広がるのか今から続刊が楽しみ。

ところでステフがツンデレ系可愛いです。ギャンブルに負けて空に惚れることを強制させられたわけですがそれが制度のせいなのか自分自身の心なのかわかんなくなっちゃって戸惑ってるあたり本当兄妹と違って普通で和むわー。
…まあヒロイン白っぽいですけどね!ぐぬぬ!

私結構に榎宮さんのイラストのファンだったんですけどあれですね、イラストも話もいいとか本当私得ですね。


そうそう。傍点の多用やら大文字やらのいわゆるラノベ的表現がお嫌いな方にはあまりお勧めできません。

一言:俺TUEEEE。

人生 第2章 感想。

51rp0ywgtl_sx350_

人生 第2章 (ガガガ文庫)

第一新聞部がパクり企画スタート!?

夏。第二新聞部の赤松勇樹は、部長の二階堂彩香から、人生相談コーナーのメンバーで合宿に行くよう命じられる。しかたなく理系担当の梨乃、文系担当のふみ、体育会系担当のいくみの三人にメールで打診するも、三者三様に断られてしまう。しかし彩香は、第一新聞部の活動に対抗しているようで、夏の海をあきらめない……。友情、貸金、盗用、性欲、勝負のこと。第二新聞部の新コーナーは大反響! みんなの相談に答えるのは、志乃、くみ、よしたかの三人……って、オマエラ誰だよ!? 超☆感覚・人生相談2回目!! 行くの? 合宿。
(Amazonより)


ただでさえ人生っていうタイトルが好きなのに単純ナンバリングじゃなくて第2章と来たか!好きだ!
あらすじの通り今回は合宿巻です。
合宿に行こうと奮闘したり行ったりで前巻より全体を通したストーリーがある感じの印象を受けます。
ただ比較対象が前巻だからってだけで全体的には相談→回答の流れなので雰囲気がガラッと変わる訳ではないのでご安心?
で、表紙のとおり今回はふみメインな感じです。
…いやふみというかふみ家族メインというか…そっちが濃過ぎて!
今回個人的に一番好きなのはふみ祖父の必殺技名ですねー。
どうして円転爺槍舞にキングオブチャンチャンコなんてルビが付くんだww他のもむだにほのぼのしてる感が妙にツボに入ってますww
このままでいけば次はいくみ押しか?と思いつつもやっぱり基本は変わらないんだろうなあ。

一言:ふみメインであろうとツンデレ好きと1巻の刷り込みで梨乃可愛いよ梨乃。

いい加減ブログ放置するのに罪悪感的なものを感じたのでたまにはラノベの感想でも書こうと思って。でもシリーズものだと前巻から引き続き面白かったで終わってしまうのがなんとも…。

ファイアーエムブレム覚醒感想

珍しく買ってから一心不乱にやってました。
それでもクリアするのもったいなくてひと月かかりました。超面白い。

○ストーリーとか
携帯機。私だけかもしれませんが携帯機だとやや感情移入しづらいというのと、フリーマップをうろつきまくるせいでストーリーがとびとびになってしまって忘れます。
でも終盤の展開は熱いですしFEの過去作と比べてもそう薄いという訳でもないと思います。…戦闘の方に気を取られ過ぎるだけで。
あと今回支援が超幅広いです。世代が同じなら誰とでもできるんじゃないかってレベル。おかげで脇キャラの掘り下げはいつもより広いかもしれないです。実際に埋められるかどうかはまた別問題ですが。
ちなみにどうでもいいですが旦那はガイアです。でも割とリベラに精神的には浮気してます。ルセア枠万歳。

○システム
戦闘が超面白い。
単にFEをやったのが久々というのもあるかもですが、やはり能力値が上がるの見てるのが楽しいです。
特に今回は4つとかザラで上手くいけば全アップも今までの都市伝説レベルからスクラッチで千円当たるくらいまで確率が下がった気がします。カンスト値も得意分野なら40超えるのでダイナミック。
その分敵も手ごわいはずなんですが数値が上がれば上がるほどテンションが上がる人間なのでもう本当に楽しい。
ついでにチェンジプルフがこの能力値上げたくなる衝動に拍車をかけて…。
あとスキル!スキルもやばいです!転職できる限りすべての職業のいいスキル詰め込みたくなる!
それと、子供。
ある程度の能力値とスキル1つずつが引き継げるので、ぶっちゃけ1週目はちょっとしょっぱい感じになっちゃったんですが、そのせいで余計2週目へ野望を燃やしたくなります。
そして上手く引き継げた方の子供ユニットが強い強い。
…今回の支援のシステムと合わせると「カップリング?何それ」になるという弊害もありますがw
戦闘そのものの追加システムだとデュアルアタックとダブルがありますね。
ダブルは弱キャラのレベル上げ、支援発生には割と使ってるんですが、公式で言うような狭いところの移動とかそういうのとしてはなかなか使うっていう発想が出てきませんorz
まあ今までの救出のステ下がらない版だと思えばそれ相応の活用は出来そうです。
デュアルアタックは正直不確定要素って感じで、ありがたくもあるんですがうざくもあるというか…。ありていに言えば時々オフにしたくなるというか…。

○音楽・グラフィック
3DS舐めてました。蒼炎暁みたいな壮大路線です。GBA系も好きといえば好きですがやはり携帯機でオーケストラ風を聞けるのはいいですね。
ただ、戦闘専用の音楽は無い?んでしょうかね。戦闘アレンジみたいな感じでシームレスに流れるんですがそれだけみたいでちょっと寂しいかも。
グラフィックの方はだいぶ新しくなりましたよね。
私この方結構好きです。オタっぽいとかで賛否両論のようですがスッキリしてる方がいいですよやっぱり。
あまり関係ないかもですが3Dポリゴンになってから戦闘アニメーション長いと思います…。今回早送りできるのはいいんですけどそれでもめんどくさくなって結局オフですよ…。

○総評
買いです。
3DSでやる物なくて困ってる方でシュミレーション全くダメとかでなければまず間違いなくおすすめできると思います。
あ、懐古主義の方はどうか知りません。所詮GBA世代なもので。
3DSのソフトは初めてだったんですがどうせDS系だし売りは3Dだけなんだろとか思っててすみませんでしたすげーよ3DS。ステマじゃないです個人の宣伝です。

○余談・DLCの件
資金と経験値のマップ買っちゃいそうでやばいです。
今のところ私の好きキャラが来てない…というかこれからもこなさそうな気がするし聞くところによると汎用だそうなのでキャラ追加はせいぜいエリンシアとエフラムが気になるくらいでやっぱり結局は好みな感じですよね。
でもまあ、通信対戦できる以上課金ユーザーにフルボッコされるのはお綺麗な事を言っていた任天堂にしては…と思わないこともないですが…。それにつられそうになってる人間が言うのもなんですけど。

4月の記録まとめ…

… わ す れ て た 。

4月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:6216ページ
ナイス数:8ナイス

メゾンde長屋さん(3)<完> (KC KISS)メゾンde長屋さん(3)<完> (KC KISS)
いきなりSFになったなあと思ったけどまあ面白いしぶっちゃけこういう設定好きなので割と好みだった。
読了日:04月29日 著者:ひうら さとる
メゾンde長屋さん(2) (KC KISS)メゾンde長屋さん(2) (KC KISS)
読了日:04月29日 著者:ひうら さとる
悲鳴伝 (講談社ノベルス)悲鳴伝 (講談社ノベルス)
凄く西尾っぽかった。とりあえず、ラストシーンと章タイトルの盛大な詐欺っぷりが好き。
読了日:04月28日 著者:西尾維新
さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫)
丁度似たようなことを悶々と考えてたので凄く読んでて痛かった。
読了日:04月25日 著者:鴨志田 一
クロス×レガリア  吸血姫の護りかた (角川スニーカー文庫)クロス×レガリア  吸血姫の護りかた (角川スニーカー文庫)
読了日:04月23日 著者:三田 誠
大嘘スウィング (花とゆめCOMICS)大嘘スウィング (花とゆめCOMICS)
読了日:04月23日 著者:辻田りり子
僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)
読了日:04月19日 著者:師走 トオル
恋だの愛だの 4 (花とゆめCOMICS)恋だの愛だの 4 (花とゆめCOMICS)
読了日:04月18日 著者:辻田りり子
氷結鏡界のエデン9 決戦限界‐アマリリス・コーラス‐ (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン9 決戦限界‐アマリリス・コーラス‐ (富士見ファンタジア文庫)
読了日:04月18日 著者:細音 啓
サイハテの救世主  PAPERI:破壊者 (角川スニーカー文庫)サイハテの救世主  PAPERI:破壊者 (角川スニーカー文庫)
読了日:04月18日 著者:岩井 恭平
レイセン  File4:サマーウォー (角川スニーカー文庫)レイセン  File4:サマーウォー (角川スニーカー文庫)
熱くなればいいのか笑えばいいのかヒデオの自虐にはっとなればいいのか迷う、いい意味で。過去作からの登場はわくわくしたけどあれー誰だっけってなったのでまた暇があったらおりがみ読み直したい。
読了日:04月16日 著者:林 トモアキ
のうりん (GA文庫)のうりん (GA文庫)
読了日:04月12日 著者:白鳥 士郎
まかまか (4) (カドカワコミックスAエースエクストラ)まかまか (4) (カドカワコミックスAエースエクストラ)
読了日:04月10日 著者:美川 べるの
東京レイヴンズ6  Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ6  Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)
読了日:04月10日 著者:あざの 耕平
三匹のおっさん ふたたび三匹のおっさん ふたたび
読了日:04月09日 著者:有川 浩
夢見る瞳に大冒険 -トップ・シークレット!!- (コバルト文庫)夢見る瞳に大冒険 -トップ・シークレット!!- (コバルト文庫)
読了日:04月07日 著者:七穂 美也子
学園キノ〈4〉 (電撃文庫)学園キノ〈4〉 (電撃文庫)
読了日:04月05日 著者:時雨沢 恵一
となりの関くん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:04月02日 著者:森繁拓真
となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:04月02日 著者:森繁拓真
境界線上のホライゾン4〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン4〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
読了日:04月02日 著者:川上 稔

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

うち13冊が小説。比率的には多いかも?
忘れてたと言っても4月冊数も少ないし続刊もの多いしで言う事もそんなにないですけどねー。
噂ののうりんに手を伸ばしてみました。噂通りくだらないギャグと意外と真面目な農業のバランスが面白かった。2巻も読もうと思ってはいるんですが、その、積読が…
それからなんといっても三匹のおっさん再びですね!
前巻もとても面白かったのでハードル上がってたはずなんですがやっぱり有川さんの書かれる小説は面白いです!
特に電車の席の話が本当にもう…あるある過ぎて…

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »