2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

最後の約束の物語 レビュー…のような何か。

最後の約束の物語(特典なし) 最後の約束の物語(特典なし)

販売元:イメージエポック
発売日:2011/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クリアした即日売ってきました。10%アップがあっても1100円でした。…まあ、そういう事なんだと思います。というか今知ったんですがアマゾン新品価格もひどいじゃないですかw
結構こき下ろしてますので好きな方は注意。


○戦闘とかシステム回り
キャラ固定の世界樹っぽい。ポイント振りとか難易度とか。
ただその難易度に関してはちょっと微妙かも。
確かによくRPGでやる終盤雑魚相手に俺TUEEEEできないのは難易度高いって言えるかもですけどボスに対してもレベル上げと死に覚えで何とかなる程度。
というかラスダンまでSP全保存(ラスダンは最後だと思って大放出した)でしかも1週目でグッドエンド来れた時点で…。ちなみに私はむしろ難易度高いのはやや苦手な方です。
あ、あとポイント振りのシステム自体は好きなんですけどこれに対しての苦言。ポイント要りすぎだろ!特化成長しろってだけかもしれませんけどこれは無理!ツリーの頂点にいるようなの覚えらんないよ!
褒められる点と言えばヘイト操作を可視化してシステム化したあたりかなあ。今までいまいち意識したことなかったんで結構新鮮でした。
なんだかんだ言いましたけど戦闘はそこそこ。むしろこのゲームの数少ない長所。…ただし、比較的。
その他のシステムで言うと敵ドロップ売却でアイテム追加なあたりも世界樹。いやこういうの好きですけど。
約束システム(?)は結構どうでもいい。後述しますけどキャラそのものに魅力がないせいでそれに魅力を感じないというか。
あと基本的にお使いゲーなのもちょっと。飽きっぽい私がよくクリアできたものだと思うレベル。それで何になるの、っていうのがはっきりしないんですよねこれ。ただ助けてるだけというか。
そして本気で致命的なのがスキップ機能がないこと!ボスで詰んでた時に同じムービーさんざん見せられた時は本気で投げてやろうかと思いました…。
さらに周回ボーナスが…なんとも…。いやそりゃあレベル引き継いでも意味ないのはわかりますけどやっぱりやる気起きるほどのものでは。
とまあこの3点が周回推奨ゲーとしてはどうなのって言うか…。

○キャラとかストーリー
薄い。重い話なのにどういう訳かすごい薄い。
キャラクターに感情移入できないのもその一端を担ってます。いや相互作用なのか。…まあいいや。
なんかいろいろ鼻につくんですよ。民衆の行動とか。
あと滅びるかどうかの瀬戸際でその緊迫感のなさってどうなの。
という訳でストーリーに期待して買うとがっかりします。キャライベント全部やったらまた違う感想なのかもしれませんけどそもそも1週目で周回プレイさせるだけの魅力がないっていうのはだめだと思います。

○音楽とかグラフィックとか
このゲームほぼ唯一の長所。
BGMはちょっとオーケストラ調というかファルコム臭というか。バイオリンが目立ってる雰囲気というか。私は好きです。
というかいっそゲーム買うならサントラ買ったらいいと思います。
ただOPはちょっと。164さんもルシュカさんも好きなんですけど本編BGMと比べてすごい浮いてるんですよ。ミスキャストと言わざるを得ない。
グラフィックも結構好きです。キャラは多分アークラっぽい感じ?人物の顔の造形が好き。
背景も私の大聖堂系建築好き補正がかかって結構好きな部類。
加えてキャラデザの倉花さんも好きなんでほんと美術面は結構いいんだけどなー…。

○まとめ
難易度高いゲームやりたいんなら世界樹先にやりましょう。もしくは他のwizゲー。
イメエポさん好きなんですけどこればっかりはいまいち人に定価ではすすめづらいなあ…。
でも電車の暇つぶし程度には楽しめるので興味があればやってもいいかもしれないです。
…でもやっぱり何が魅力なのか私には説明できません。
PSPゲーやりたいなら今の精神状態ではむしろシュタゲをお勧めします。ジャンルすら違うけど。

それにしてもラスランとこれキャスト似すぎじゃありません?
主人公かぶりとか尋常じゃないですよ。そのほかにも3人くらいかぶってますし。好きなんですかね上の人とかが。

最約も終わったので放置してたカオスヘッド再開しようかと。
カエルFDとかワンドとかもちょっとやって積んでるんですがシュタゲとかリライトとかややギャルゲ寄りのゲームの方が楽しくてそっちよりの思考になっててやる気が…。
どうやったら治るんですかねこれ。…治す必要もないか。
ちなみにリライトは発売日に買ったというのにまだ小鳥しか終わってません。でも小鳥ルートおもしろかった。
あ、あとPSNでセールしてたんでついダンガンロンパ買っちゃいました。とりあえずカオスヘッド片付けますけどもうわくわく。セール万歳。

比翼恋理のだーりんまとめ感想

STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(通常版) STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(通常版)

販売元:5pb.
発売日:2011/06/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こっちも終わってしまってもう頼みの綱はアニメと蝶翼reverse(買ったけどまだ読んでない)しか…っ。いやドラマCDとかいろいろありますけど、その…お財布が…。
総プレイ時間は20時間無いんじゃないかな。内部時計がアレなことになってて正確にはわかんないんですが25時間くらいかかった本編より短かったってことで。
ちなみにメールとかtips回収は投げました。苦手なんですよこういうの…。extraは見たいんですけど。

○とりあえず総合感想
本編でラボメン好きかつあのエンディングが寂しい人には全力でお勧め。
とはいいつつこのタイミングでシュタゲ始めた人は移植版からの人多そうで箱の普及率には疑問が…ゲフンゲフン。
あとかっこよくない方のオカリンが好きな人にもお勧め?
慌てるというか素が出てるオカリンが結構に拝めます。オカリンかわいいよオカリン。
シュタインズゲートよりよっぽどこっちの世界線目指すべきだと本気で思いますけどそこは
突っ込まないのがお約束?www

以下攻略順でキャラ別感想。

○紅莉栖
本編ラストのデレてきた助手とはまだ別の破壊力。ツンデレ万歳。
どの世界線でも4℃が出てくるいい例。シリアスシーンなのに吹くっつーの!
ラスト、というかオチは結構バレバレなんだけどあそこまで公開処刑とか助手マジかわいそう。それでオカリンの反応が変わんないあたりもかわいそう。そして可愛い。

○萌郁 ところで萌郁って打つより指圧師って打った方が早いってなんなの
トラウマとか大好き。で、無表情キャラの精一杯の笑みとか大好き。
本編が本編なんであれですけど指圧師もこうやって見るとやっぱりかわいいなあ。
いや見た目は可愛いっていうか美人なんですけどね。
深夜のラジ館で顔に出ないけどビビってたシーンとか可愛くて好きー。

○フェイリス
これはフェイリスルートの皮をかぶったラボメンメイド服ルートだと思う。
照れる助手は可愛いし鈴羽と指圧師コンビって新境地だったりルカ子のメイド服(本命)だったり、オカリンが執事服着てたり!一番それに反応するあたりなんか違う!でもこのルートのルカ子は見ててほんと自重しろって気持ちになったw
このルート、フェイリスの可愛さっていうより経営者とかとしてのかっこよさをむしろ感じた…気がする。

○ルカ子 …確かルカ子が先。
何 故 攻 略 対 象 に し た 。おかげでお茶の間でやってた私のライフはもう0よ!私が悪いと言われたらそこまでだけどww
というわけでそればっか気になってそこまでの印象はないような。
どうでもいいですけどだーりんのルカ子なんか吹っ切れてないですか?一人だけわかりやすいフラグ立てまくりですごい気になってしょうがないんですよ逆に!
あとこの二人これ以上進展する気が微塵もしないのは私だけですかね?

○鈴羽
実はこのルート一番好きです。いやもとからバイト戦士好きなんですけどね。
ラスト、笑顔でもう一回やってきた鈴羽がなんていうかすごくかわいく見えるっていうか。
未来の方で鈴羽が今まで1回しか会ったことないオカリンに会いに行ってー、とか考えるとすごく楽しいですw
でも冷静になってみると親友の娘(年齢差は軽く20オーバー)と恋愛って普通に考えて犯罪ですよねwww

○まゆり
本編が紅莉栖本命なこっちはまゆりがおそらく本命…のような。ただのイメージですが。オカクリが夫婦ならこっちは熟年夫婦みたいな感じの2人がやっとくっつくよ!みたいな。
本編の時から普段子ども扱いしてる幼馴染(=まゆり)がふと気づいたら成長しててどぎまぎする思春期丸出しなオカリンが見たかったのでもうこれは願ったりかなったりですよ!
…ただストーリー自体の印象は薄かったのがなんというか。

Steins;Gateまとめ感想と前書いたのの続きの感想

Steins;Gate(限定版) Steins;Gate(限定版)

販売元:角川書店
発売日:2011/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

というわけでクリアしたのでいつもみたいにまとめの感想です。レビューほど役に立たないって意味で「感想」。

○ストーリー
なんか何言ってもネタバレになる気がしますw
前半はキャラの日常的なほのぼの&ギャグパート中心、後半はシリアス展開中心でかなりのジェットコースター。
特に後半は先の展開が気になりだすと止めどきを見失いかねません。
どこかで記憶をなくしてもう一回やりたいゲームとかって言われてるのを見たことがありますが確かにそんな感じ。事前ネタバレは本当に致命的です。
ただ主人公の厨二病とか2ch用語がんがんなのがもぞもぞしだすと気になりだすと進められなくなるような。
ラノベ慣れしてる人なら大丈夫だとは思いますけどね。
要素はSF…なのかな。量子力学の話までは実在の科学でしょうがタイムマシン関連になるとたぶんもうSFの領分ですよね。細かな違いはよくわかりませんが。

○システム
フォーントリガー、つまり携帯メールとか電話とかの返信の仕方で分岐するわけですけどこれはすごい斬新だと思います(これ発売したのが2年前なのに斬新っていうのが適切な表現かどうかはともかく)。
単純にメールに返信してそれの返信がまた返ってくるっていうだけでも面白いし、ゲーム中の携帯の壁紙とか着メロとか変更できるっていうのもなんとなく好きです。
まあ分岐の仕方がわかりづらいっていうのはありますが。
あと文章送りにノーウエイトが欲しかった。たしかなかったような。
あとワンボタンでバックログ開ければなあ。

○キャラクター
私の各キャラに対する好感度は(流石に一部の悪役は入りませんけど)だいぶ高いです。
キャラの要素が鼻につかなければ嫌いなメインキャラできないんじゃないかな、と。
キャラに感情移入できれば後半の衝撃とかも上乗せですしこれ重要。
個人的なキャラの好みとしてはまあみんな好きで誰が明確に1番好きって言えないですけどツンデレ的な意味で紅莉栖かなあ。あとオカリンもへたれかっこよくて結構好き。

○音楽
どういうわけかPSP版のテーマソングよりスカイクラッドの観測者(たしか箱版テーマ)の方が耳に残ってます。そっちのがいいってことですかね。まあたまたまサウンド再生で真面目に聞いたのがっこっちってだけかもですがw
BGM聞けばどれか分かるけどものすごく印象に残ったものはない、っていうのはまあ普通というか並みっていうかそんな感じ。
でも緊迫したシーンで本気でドキドキしてくるのはBGMの功績でしょうかね。

○総合的に
こういう感じのADVゲー苦手じゃなくてSF系の話がだめじゃなければ買いだと思います。
プレイ終わって前半みたいなコメディパートが恋しくなったらファンディスクもありますしね。…箱だけど!
限定版じゃなくてもよかったよなーとも思いますが(内容的に)発売日に買ったのは正解でした。
アニメもやってますし最終回というかクライマックスまでに追いつけたら相乗効果でもっと楽しめますから興味があれば早めに買って一気にクリアするのがいいかも。

ここから下、前回の続きの紅莉栖エンドとかの感想です。
ネタバレ注意。…たためればいいんですけどやり方わからないんですすみません。





紅莉栖エンドがてら個別ルートも消化。
一番好きなのは鈴羽ルートですかね。エンドレスループは来ると思ってましたがこれはやっぱり精神に来るものがあります。これはEDの後も見てみたい。この場合ミスターブラウンを保護(?)するのはこの2人になるという事で。夢が広がる。
フェイリスの世界線大移動も好き。シチュエーションが。これが唯一エンドだったら流石に切れますがサブエンドで出てくるなら大好き。
逆にルカ子はなんだかなあ。本人には大きな問題なのはわかりますが私から見ると一番小さな問題なのになんで今更そこであきらめるんだっていう。あとせっかく男の娘なのに(ry
個別ルートじゃないですけど萌郁のところで一旦Dメールしないで置く方もこの時にプレイ。
怖い!あの幼女怖いよ!

で、肝心の紅莉栖ルート。なんだこの助手マジかわいい。まゆりの方だといっそかっこいいって印象だったんですけどデレ助手の威力半端ねえ。
それだけに改変後のオカリンの叫びの切なさ倍増。

で、エンドにたどり着くちょっと前に気が付いたんだけど一個トゥルーへのフラグ間違えてたんだ…。ただでさえ1時間は余裕でスキップ放置だったというのにセーブとってなかったせいでもう一回スキップ地獄で精神に超来ました。

で、トゥルーへ。鈴羽から電話かかってきたときのキタ――!って感じはもう素晴らしいね!
鈴羽の恰好、ジャージとスパッツもすごく好きですけどこの野戦服っぽいのとあとまとめたおさげが好き。
あれタイムマシンじゃねって思ってたのはまさにそれだった。でも思い至れよとも思う。
紅莉栖のあれは…なんていうか鬱展開の極みだよね。この世界線のオカリンよく立ち直れたなあ。
未来からの映像メール見たときはこれがクライマックスだ!と言わんばかりの熱さにほんとわくわくですよ。
…ただ、実はこれ、サークル参加してるとき人が少ないからって言ってやってたんですよ。そしたらちょうどこのあたりから人が増えてきまして。これは一人でやるべきだったと本気で思います。
おかげでEDも感動が薄く…。はあ。

おもしろかったんですがトゥルーあたりでいろいろ腑に落ちなかったのは私だけですかね。
wikiの考察とか覗いてみたらいいのかもしれない。

そういえば1枚だけCG未回収だったんでさっき回収しました。
…巷で噂のげるまゆでした。攻略見てさっさと埋めとけばよかったorz

Steins;Gateプレイ感想その1

いらない子化しだした我が家の箱○どうにかしようと思ってたときに評判が良かったんで気になってたんですけど、本末転倒ながら移植を期に購入。
…限定版を!アニメすら見てないのに!
今のところ白衣とスリッパの使用予定は有りませんwwというかこの白衣着ると多分裾引き摺るんだけど…。

現在まゆりエンドで一周しました。
wikiみたらまあなんの捻りもなく進んだ結果の気がしますけどまゆり好きだからいいや。
で、助手ルート方向で他も回収中…ですが途中のセーブデータとってなくて最初からスキップ全開で垂れ流し。そしてなかなかたどり着かない。

最初のころの能天気かつわくわくする展開も中盤以降の心臓抉れる展開もどっちも好きです。
中盤まではまゆりと助手一辺倒でしたけどそれ以降その他のメンバーも可愛いわ切ないわで好感度急上昇ですよ!
…で、そんなところに中古ゲーム屋行ったら比翼恋理が有ったわけで。…後は、分かるな?
ああもうリライトもまだ全然終わってないのに!
あ、あとオカリンも可愛いと思います。妙にチキンなとことかマッドサイエンティストぶりながらなんだかんだで優しいとことか。
単純に好みの問題ですけど乙女ゲーの攻略対象とかより一般ゲーとかギャルゲーのキャラのが好きです。無理やり格好つけさせられてない感じが。

作品全体の仕掛けというかタイムマシン関連とかの感想はEDフルコンプしてからまた書きます。
トゥルー見ないと多分伏線全部わかんないだろうし。とりあえず現時点の感想は「なんかすごい」。…頭悪っ。SFそんなに読まない人間の感想なんてそんなものです。

で、比翼連理のだーりんの方も買ってきて、携帯機じゃない関係でぷちぷちプレイ開始。

そしてさっき何も考えずにやってたら助手ルートに到達。
ツンデレケンカップルマジかわいい。完全デレ化もいいけどやっぱりツンデレっていいなあ。
そしてそのツンデレ枠の中にはオカリンももちろん含まれて(ry

追伸:ついっさっき「比翼連理」じゃなくて「比翼恋理」なことに気が付いたorz
あわてて修正。すいません。

6月読書歴

6月の読書メーター
読んだ本の数:47冊
読んだページ数:10240ページ

21/44が本。しかもほとんどラノベ…はまあいつものことなんだけど。

GIANT KILLING(18) (モーニングKC)GIANT KILLING(18) (モーニングKC)
読了日:06月30日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(17) (モーニングKC)GIANT KILLING(17) (モーニングKC)
読了日:06月30日 著者:ツジトモ
ささみさん@がんばらない 5 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 5 (ガガガ文庫)
読了日:06月30日 著者:日日日
GIANT KILLING(16) (モーニングKC)GIANT KILLING(16) (モーニングKC)
読了日:06月29日 著者:ツジトモ
こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)
話の収束の仕方が好き。
読了日:06月29日 著者:カミツキレイニー
たいようのいえ(3) (デザートコミックス)たいようのいえ(3) (デザートコミックス)
読了日:06月28日 著者:タアモ
アリアンロッド・リプレイ・ブレイド(2)  クッキングコロシアム (富士見ドラゴン・ブック)アリアンロッド・リプレイ・ブレイド(2)  クッキングコロシアム (富士見ドラゴン・ブック)
読了日:06月27日 著者:丹藤 武敏,F.E.A.R.
青の祓魔師 5 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 5 (ジャンプコミックス)
読了日:06月26日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 4 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 4 (ジャンプコミックス)
読了日:06月26日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 2 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 2 (ジャンプコミックス)
読了日:06月26日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)
読了日:06月26日 著者:加藤 和恵
蜜ドキパルフェ(1) (ワイドKC)蜜ドキパルフェ(1) (ワイドKC)
読了日:06月25日 著者:美川 べるの
ストレンジ・プラス 11巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ストレンジ・プラス 11巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:06月25日 著者:美川 べるの
ちはやふる(13) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(13) (Be・Loveコミックス)
読了日:06月24日 著者:末次 由紀
霊能力者小田霧響子の嘘 6 (ヤングジャンプコミックス)霊能力者小田霧響子の嘘 6 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:06月23日 著者:甲斐谷 忍
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
読了日:06月23日 著者:松山 剛
シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と緑の工房 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と緑の工房 (角川ビーンズ文庫)
読了日:06月23日 著者:三川 みり
父派なわたしじゃいけません? ① (バンブーコミックス)父派なわたしじゃいけません? ① (バンブーコミックス)
読了日:06月22日 著者:渡辺 圭祐
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と白の貴公子 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と白の貴公子 (角川ビーンズ文庫)
読了日:06月21日 著者:三川 みり
MOMO 7 (りぼんマスコットコミックス)MOMO 7 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:06月21日 著者:酒井 まゆ
冷蔵庫探偵 1 (ゼノンコミックス)冷蔵庫探偵 1 (ゼノンコミックス)
読了日:06月20日 著者:遠藤 彩見,佐藤 いづみ
ソード・ワールド2.0リプレイfrom USA(2)  姫騎士襲撃─プリンセスナイト─   (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイfrom USA(2)  姫騎士襲撃─プリンセスナイト─   (富士見ドラゴン・ブック)
読了日:06月20日 著者:ベーテ・有理・黒崎,グループSNE
生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5
読了日:06月19日 著者:葵 せきな
漢式青春ばくはつ劇場(3)<完> (KCデラックス)漢式青春ばくはつ劇場(3)<完> (KCデラックス)
読了日:06月18日 著者:美川 べるの
漢式青春ばくはつ劇場(2) (KCデラックス)漢式青春ばくはつ劇場(2) (KCデラックス)
読了日:06月18日 著者:美川 べるの
漢式青春ばくはつ劇場(1) (KCデラックス)漢式青春ばくはつ劇場(1) (KCデラックス)
読了日:06月18日 著者:美川 べるの
この佳き日に (二見書房 シャレード文庫)この佳き日に (二見書房 シャレード文庫)
読了日:06月18日 著者:海野 幸
歴史教育はこれでよいのか歴史教育はこれでよいのか
読了日:06月17日 著者:高橋 史朗
神のみぞ知るセカイ 12 (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 12 (少年サンデーコミックス)
読了日:06月16日 著者:若木 民喜
最上の明医〜ザ・キング・ オブ・ニート〜 4 (少年サンデーコミックス)最上の明医〜ザ・キング・ オブ・ニート〜 4 (少年サンデーコミックス)
読了日:06月16日 著者:入江謙三,橋口たかし
おとめ妖怪ざくろ 5 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 5 (バーズコミックス)
読了日:06月16日 著者:星野 リリィ
おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス)
読了日:06月16日 著者:星野 リリィ
おとめ妖怪ざくろ 3 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 3 (バーズコミックス)
読了日:06月16日 著者:星野 リリィ
おとめ妖怪ざくろ 2 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 2 (バーズコミックス)
読了日:06月16日 著者:星野 リリィ
花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
読了日:06月14日 著者:西尾 維新
消閑の挑戦者3 ロスト・エリュシオン (角川スニーカー文庫)消閑の挑戦者3 ロスト・エリュシオン (角川スニーカー文庫)
読了日:06月13日 著者:岩井 恭平
日本と韓国の歴史教科書を読む視点―先史時代から現代までの日韓関係史 (教科書に書かれなかった戦争)日本と韓国の歴史教科書を読む視点―先史時代から現代までの日韓関係史 (教科書に書かれなかった戦争)
読了日:06月09日 著者:
エレGY (星海社文庫)エレGY (星海社文庫)
これどこまで本当なんだろうと思いながら読んだ。こういうのも青春にカテゴライズされるんだろうか。
読了日:06月09日 著者:泉 和良,huke
烙印の紋章〈8〉竜は獅子を喰らいて転生す (電撃文庫)烙印の紋章〈8〉竜は獅子を喰らいて転生す (電撃文庫)
ラストがちょっと前から分かってはいたけどそれでもかっこよかった!これから戦況がどうなっていくのか本当に楽しみ。それにしてもオルバは西方の人に実にモテモテだと思う。半分以上男だけど。
読了日:06月09日 著者:杉原 智則
アリアンロッド・リプレイ・ブレイド(1)  サムライプリンセス   (富士見ドラゴン・ブック)アリアンロッド・リプレイ・ブレイド(1)  サムライプリンセス   (富士見ドラゴン・ブック)
NPCの濃ゆさといい悪いダイス目ネタといい全編にわたり公衆の面前だというのに隠し切れない大爆笑してましたw
読了日:06月08日 著者:丹藤 武敏,F.E.A.R.
彼女を言い負かすのはたぶん無理 (スマッシュ文庫)彼女を言い負かすのはたぶん無理 (スマッシュ文庫)
読了日:06月07日 著者:うれま 庄司
織田信奈の野望 5 (GA文庫)織田信奈の野望 5 (GA文庫)
ここにきて架空戦記としてだいぶ熱い展開になってきた。ラブコメもいいけどシリアス部分が面白くて仕方ない。
読了日:06月06日 著者:春日 みかげ
セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)
読了日:06月05日 著者:橘 紅緒
セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22)セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22)
読了日:06月05日 著者:橘 紅緒
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
これで最後かーとしみじみ読んでたらラストのあの人にやられたっ、って気分になりましたw未来の話ももっと読んでみたかったですがきれいな終わり方なのでこれでいいのかな。
読了日:06月03日 著者:野村 美月
“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)
読了日:06月02日 著者:野村 美月
勇者召喚ッ!! 条件その1・美少年であること (B's-LOG文庫)勇者召喚ッ!! 条件その1・美少年であること (B's-LOG文庫)
前作は好きなんだけどなんというか…微妙?勢いだけでどうにかしようとしてるかのような。
読了日:06月01日 著者:志麻 友紀

読書メーター

青エクは一応5巻のあたりまでSQ本誌で読んでたんですけどアニメ見だしたんでついでに復習というかそんな感じ。3巻だけ読んでないのは3巻だけ貸し出し中でレンタルできなかったからですwそれにしても原作背景とか小物とかすごいオーラですね…。帝国少年さんの絵とか大好きなんでこの系統はとっても好み。

今月読んだ非シリーズor一作目でのおすすめは「彼女を言い負かすのはたぶん無理」、「雨の日のアイリス」、「こうして彼は屋上を燃やすことにした」あたりですかね。
…って全部今更な上条件該当作品のほとんどなんですけどねー。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »