2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

うみねこ散ep5読了感想

あくまで感想。考察なんて…できる気がしない!
田舎のくせに発売日売り切れられて通販で一昨日ようやっと届きました。…10日は、長かった!
なんかどっかで十時間かかったとか聞いた覚えがあったんで身構えてたら意外と体感的には早く終わった感じ。速読したのか、いつの間にかかなりやってたのか。

ってわけでネタばれです。注意。あと脈絡がない。纏めようもない。

「愛がない」って比喩だと思ってたんですが…言われてみると確かに愛がない。いやこの場合愛の定義にもよりますけど。
ベアトの髪下ろしバージョン…可愛いですけど眼に光が宿ってないとなんか調子狂いますね。複雑。
あと全編通じて戦人がかっこよかった印象。復活時なんて震えが走る…は言いすぎですけどもそんな感じ。
あと「イエス、ユアマジェスティ」というとやっぱりギアス思い出します。でもロノウェに限らずあの魔女側組(?)登場はかっこよかったです。
そういえば新キャラも登場ですね。…はいいんですけど。
なんでみんなあの格好なんだ・・っ!いや可愛いと言えばかわいいんですが。
異端審問組は生真面目可愛くて好きですけど、ヱリカに関しては…ノーコメントで。
ただ名前がいい加減覚えられなくなってきました特に7姉妹とシエスタ。
あと多大に魔女回でしたね。なんであんな性格なんだベルン。ラムダは…まだわからないでもないですが。
その代わりというか、いとこ組すっごい影薄いw仕方ないですけど。
これはep1相当の推理編(解決?)と思っていいんでしょうか…。なんか釈然とはしませんが。
というか向こうがあまり夏妃=犯人提示してんのかしてないのかわからんです。解釈的には戦人=犯人の方提示してるともとれるような…。
のんびり暇なときにでも考えます。
でもなんていうか…ミステリのくせに(?)もう誰が犯人でも嫌というか。
碑文の方は考え方はあれなんでしょうね。考え方は。…人の発想というのは貧困です。とりあえず地図が必要なのはわかりますけど。

そういえば「音」がつく使用人、まだいるそうですけど出てこないんですかね。
もうこれくらいしか思いつくことないです。あとでwikiでも行ってこようと思います。
ああああep6はまだかあああ!待ちきれないですよ!

マグナカルタ2纏め感想レビューもどき

あんまり参考にならないことこの上ないでしょうがw

マグナカルタ2 マグナカルタ2

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

・ストーリー

普通に面白いです。やってて首をかしげるようなことも…まああったにはあったんですが単なる考え方の違い程度で。
30時間やってて特に大きなだれもなく。
詳しいことを言えばネタばれ以外のなんでもないので(まあ今更ですが)言いませんが伏線の張り方も回収もなかなかです。
キャラもなかなか魅力的で嫌いなキャラいませんし。私は。
TOS-Rのマルタ嫌いさんにはセレスティン好きになれないかもですが。(思いつく限界

・戦闘

悪い点を挙げると、武器の持ちかえがめんどくさい、上位技のムービーが飛ばせない、って言うのが2大欠点ですかね。加えて言うならオーバーヒートがだるい。チェインが敵技でキャンセルされない仕様ならよかったんですが。
でも難易度的にもシステム的にも面白いです。
大ダメージ叩き出した時の爽快感はいいですよw
カモンド強化システムは中~終盤特殊カモンド手に入れてからが本番、って感じです。
スキルはちょっと必要ポイント多いかなと。一周分、ちょっと無理して70位、その程度のスキルポイントで全部覚えられれば良かったかなーと。

・システム的なもの

ロード長い…と思ったらメディアインストールできるんですね…。さっきそんなこと聞いたんですが。
あとマップがちょっと広いかな、と。でも寄り道しなきゃ気にならないんでしょうがw
贅沢言えばもうちょっと歩行スピード早い方がいいかも。
明るさ調整ができます。家のテレビちょっと暗めなんで暗いマップだといい感じ。
グラフィックは他にTOVしかやったことないので比べようがないのですが綺麗だと私は思います。
遠景に靄がかかった感じの演出があるんですが、個人的にはそれが好きです。
音楽は…まああんまり特筆すべきこともないかな。悪くはないですがデフォルトの音量が小さいです。オプションでいじれますが。

総合的にいえばだいぶ満足のレベルです。
ただ、ボリュームが微妙なんで定価で買うのはちょっと、っていう値段ではありますが。
5000円割ってたら迷わずおすすめです。

うみねこ、田舎のくせに売り切れて買い損ねましたorz
おかげでやることが…まあないではないですが(VSのこと)。
据え置きを買う予定がないのでなんかつまらんです。なんだかんだで据え置きのがボリュームはありますしね。
まあそれよりなにより。
…課題ですよ課題。もう2週間しかないんですね…。

マグナカルタ2プレイ日記・完。

ついさっきクリアー。
ちょうど10日ですね。…まあ私が一日平均3時間もやってたせいですがw

ラ・ストラダに突入。
中には試練なるものがある様子。まあラスダンの定番ですね。
第一、明晰の試練。セレスの説明聞いてもいまいちわかりませんでしたけどまあ要するに仕掛けいじりつつどうにかして先へ進めばいいっぽい。
…まあ案の定迷いましたが。

何とか突破してヒュアレンの部屋へ…え、ヒュアレン?
出てきたのがほとんどここだけの上たいしたこと喋らなかったし強かったわけでもないのですごく影が薄いw

第二、生贄の試練。まあ要するに仕掛けに居る王女を一定時間守れっていう。
…なんだパーティ戦闘モードで楽勝、と思ったらなんか宝箱が出るとか。
一回目気づかなかったんで普通にやりましたけど二回目からは王女半無視ですw
クロセルのナックルが手に入ったのであとめんどくさくなって最後のは3回目で普通にやりましたが。…ごめんゼフィ。

これを突破するとクレアの部屋です。
クレア、強!必殺技使われるとクロセルが瀕死か死亡します。
でもカンの節約のおかげでリザレクションもキュアラも無尽蔵なんで勝てましたが。
…これ簡単だなーと思ったらカモンドが強すぎるんですね。無くしたら難易度跳ね上がりそうです。

第三…は多分王の試練とかそんな名前だったかと。4か所でモンスターやっつけてアイテム手に入れて来いってだけです。
こういうのが一番単純でいいです。

さて!シュエンザイトと対決です!
やっぱり後ろについてるのはストラスだった模様。なんでって、ラ・ストラダまで来てラスボスがペプシマンなんてオチねえだろって思ったからですがw
人部分が黒い肌に白い長髪でなんとも言えず不気味。
英雄も千年の間に曲がってしまったようで。なんか物言いがむかつきます。ラウドはまだ良心が感じられましたけど。
とりあえずザイト戦。インパクトもなく勝利。

…第・2・形・態!ですよねー。
両手倒すと本体が下りてきてそのうち復活して上がる、の繰り返し、なんですが。
回復するは災禍種降らすわでめんどくさい。
でも何とか勝利!前から思ってたけど倒す瞬間地味。

このままラ・ストラダ落とせばカンがなくなるぞ-と脅されました。その中でやっぱり気になるのが「種植えて瞬時に作物が実る」って一言。ほんとなんだそれ!
カンがない→錬換術使えない→センティネル死亡、でジュトも死ぬ(?)そうですがお構いなしに攻撃するジュト。初めてかっこいいって思ったかもしれないw(さり気にひどい)
ここで王女とジュトの主従関係に関する伏線消化。結果王女の口からジュトに死ねと言わざるを得ない、という。
「必ず生きて帰ってきて」命令ではないようです。

…3年も経ちましたよ!ところでなんかTOAのED思い出すのは私だけ?
王女一行はやっぱり憎まれてるみたいですが…いったいどうやって生活してるんだ。
結局結婚したっぽいアルゴとセレス。おい青月トレワどうしたw
イグトンはアビス族の方で頑張ってるみたいですが…なんかクロセルがはっきりしない。王都復興?
そして王女の右手、血の盟約の印が光り、ってそこで切ります?!

エンディングロール後、ラ・ストラダの方へ向って走る王女。
そして「ゼフィ」ってジュトの声と「おはよう」ってゼフィの顔。
そして「Fin」。
…いや綺麗な終わり方だってのは分るんだけどアークラに比べて世界見えてるだけいいけどやっぱりもうちょっと欲しいです!

明日にでも総括感想レビューもどき書こうかと。アークラみたいな。

マグナカルタ2プレイ日記10

ルハルト高地へ。…サブクエにかまかけすぎました。

ルハルト高原に向かう前にバイゼンさんの資料を見に行き、コタ・マレへとんぼ返り。
出掛ける前のニックスとの会話でなんかここにきてジュトに父親ができましたねw
ここのマスターシーン(他にいい名前思い浮かばなかった)のアレックスとザイトの会話からしてなんだかザイトに他人が乗り移ってるかのような印象。

高地へ進むと、ラウドが立ちふさがります。
…私、もうカンあるんだからって点では悪いけどこの人に同意するわ。
良心さんは最後まで良心さんでした。

で、石灰の丘でアレックス戦。ラウドと合わせてとても前線で戦うタイプには見えないですが。
まあ公式見る限り二人とも特技:剣術ってなってますけど。
世界を救おうとして、って言うアレックスの台詞に対して「あなたがそんな崇高な目的のために動くはずないじゃない」っていう王女の辛辣なコメントに笑いましたw

イグトン置き去りにしてサブクエつぶしです。
まずマラキア助けて貰った鍵のとこへ行って手裏剣ゲット。
ここで出てきた敵の名前が「マッドサイエンティスト」なのがなんか哀れです。
ところで今さらですけどあれは刀と手裏剣と呼べるものなのか非常に悩みます。

次、コタ・マレへ行ってバイゼンのこととカンの精気生成。
ここは何もいうことないのでスルー。
カンの精気持ってまず老孤峡谷へ行ってしまった。…よく見たら沈黙の荒野じゃないか!
そしてジャイアントモス討伐。
…私、ボルケーノはこのクエストの最終依頼で出てくるものだとばかり。
終わった時は茫然としましたorz

まあ、行ったら見つかったんですがね、ボルケーノ。
で、封印石全部集めたので封印解きにデュナン平原へ。
あれ、封印石だったんですね!そういう風景だとばかり。
全部解いて巨人討伐。
…勝ったらなんかリードン家の話してくれると思ったのに!
そっけなく火炎球くれました。私ナックル派です。

エルガー恨んでるデュナンシーフの話。さっきのルハルト高原で行きがけに挑戦受けてのしてきた後で。
色々ふっ切ったデュナンシーフが最強両手剣くれました。お前いいのかそれで。
にしても復讐者すら絆すジュトって…。

王女とアルゴの最強武器系に心当たりがありませんがこのクエストの連続性からして多分スルーしちゃったんでしょうね…。
…まあいいか。王女攻撃しないしアルゴ出さないし。

マグナカルタ2プレイ日記9

海底洞窟でカモンド入手~ルハルト高原へ
まともに書くと恐ろしく長くなりそうなんで箇条書き。

・火、風カンが無い…だと…。でもクロセルは出す。火力的に。
・特に苦も無く名も忘れたモンスター討伐。
・精神接触;つまりコスモスフィアですね?!(違う
・ラッバース型ジュトの恐怖。締まらないw
・記憶喪失状態のジュト、つまりエルガー化しなければこうなるんですね?
・今度は兵士型恐怖、つまりその時の精神の中の恐怖?…深読み?
・何か可愛いエルガー。
・vs「ファーストエルガー」。ちゃんとファースト付いてるw
・現実サイド;ついうっかりニックスの存在を忘れて殴られてる。大事には至らなかったけど。
・エルガーはザイトの飼ってた犬の名前だとか。犬かよw
・…で、生まれた時からあの髪型なの?
・vsザイト。意図的にアップにできないのが実に惜しい。
・vsジュト。やりづらい。精神的にじゃなく残りの二人の性能的に。
・…で、うっかり調子乗って全滅。
・ジュトが白髪+向かって右頬に刺青 に進化。変な感じ。
・髪はまだしも、鎧は気づいたら変わってるものじゃないと思うんだけど。
・新バージョンだろうと腹は見えるんですねw
・動かしてみると謎の物体がひらひらしてるのが見える。気になる。
・マリス救出クエスト;え、二人?しかも回復できない?
・攻撃通らない→連携奥義の流れ。え、ちょ、私一回も出したこと無いんだけど!
・死に掛けながらも何とか発動。
・クロセルの羽は何なんだろう。凄い気になる…けど多分ただの演出。
・歴史資料漁り。ろくに碑文読まずに訳分からないままなんか扉オープン。
・ラ・ストラダのない時代=災禍種の降ってる状態 らしい。
・「農業という言葉は死語に~」…むしろ何もしなくても作物が取れるほうがびっくりだよ!そんな世界観だったのか!
・ラ・ストラダを破壊する方向に決定。
・いきなり出現する鳥。何で居るんだほんとに。
・メリッサに再会。でも死亡フラグ全開。
・…ですよねー。
・結局どうやって生きながらえてたんだろう。カモンド?
・頼もしすぎる超火力(クロセル)のおかげでいつの間にか倒してる。
・演出に泣くかと思った
・「連合軍」の攻撃。
・族長かっこいー!
・サブクエスト消化。次ルハルト高原なのでそっちは後回し…というか前行ったら行けなかった。
・リードン家クエスト;峡谷の老弧って何。というか量がめんd(ry
・結局バイゼンの手がかり見つけて無いどうしよう

公式見てきました。何あの細かい設定w
個人的にはクロセルが甘い物好きでしかも恥ずかしがってこそこそ食べてるって凄い萌えますw
今更のようですがたぶんクロセル大好きですw

マグナカルタ2プレイ日記8

研究所潜入~脱出後コタ・マレへ
…すごいまとめづらいんですが。

ニックスの話にしたがって鍵とか装置起動とかにうろうろ。
気づかず敵だと思って攻撃できねえ!ってやってみたり。
この辺でクロセルがナックルの最上級から2個目を習得。
・・・演出凄!でも長いからあんまり雑魚相手には使わない。
どっかで王女がマグナカルタだと言われる。この時点ではいまいちはっきりしてないので一時スルー。
「ジュトがいっぱい居る」部屋。…髪型は!?ねえ髪型は!?
あの髪型と色は元からなのか(多分無い)ザイトの趣味なのか。

追いついた先には投げやりな王女。色々聞きたいところですがまあ当然逃げられます。
そして足止め(名目上始末):エルガー2番。
やたらファーストにこだわる彼ですがどっかにそんな人がいた気がします。
戦闘:硬い。とにかく硬い!でもカン節約系カモンドのおかげで難なく突破。
「俺にとっては父のような人」と2番がザイトを評しましたが2番には優しかったんでしょうか。だとしたらちょっと萌える。
…ところで、ジュト始末したいなら命令すればいいと思うのですが。

要約:王女はマグナカルタで王女がストラスと同じことをすれば災禍種が止む。でも女王、王女がそれを拒否したから仕方なく世界のために反乱を起こした。
…というザイトの演説。後半は捏造でしょうが前半マジならただの世界を憂える人だと思った。
まあ、もう一腹あるんでしょうが。北軍幹部の話まだ全然出てないですからね。
そしてさらっと乗せられる民衆。定番ですが心が痛い。
そして対セン部隊(略した)揃ってブチ切れ、ジュトがザイトの命令跳ね除けて王女奪還。
その後だかのモノローグの世界が敵になったってフレーズは何か好きです。

その後ジュトに謎の体力減少が発生。まあ随時回復できるので大して気になりませんが。
逃亡中、強くは無いけどやたら数多く敵が居ます。うんざり。
南部軍占領地のはずれでエルガーと一緒に片翼だけ(何でだか)出てきたセンティネルが完全体で出現。
一回だけ大ピンチに陥りました…けどあっさり立て直し。ありがとうカンの節約。
ジュトとクロセルで消費6以上のチェイン攻めであっけなく勝利。すげえ。

コタ・マレでは先に逃げたニックスが待機。
なんかジュトがぶっ倒れましたがカモンドが壊れかけてるとか何とか。
ニックスの言った「人形のようなもの」ってフレーズがなんか気に入ってますw
ジュトの修理(治療とも言う)法として新しく姫さんと契約する、ためにまずは強力なカモンドをとりに強いモンスターの居るらしい海底洞窟へ、で終了。

このゲーム続けてプレイしてると2時間目辺りから頭とか目とか痛くなってちょっと吐き気もしてくるんですけどこれ3D酔いの一種ですかね?
でも先が気になるからやるw

マグナカルタ2プレイ日記7

ルハルト戦開始~センティネル研究所潜入。
私の予想それなり的中激動のターン!
やたら長くなっちゃったんで箇条書きで。

・地雷撤去の天敵:ボタン配置。使ってる分には問題ないですがそのボタンが何かは把握しきってないという。
・ルウに求婚する命知らず(失礼)出現。
・イグトン登場。マシンガントークを言いこなすかっペーさんに感服。
・…え、あんた戦うんですか。
・メリッサ登場。「エルガーはあなたの…」なんだよ!
・首が取れても生きてるセンティネル。ゴ…いやなんでも
・と思ったらコアで生きてるんですね。
・黒い刃要塞にザイトとエルガーが出現。
・双子だのイコールだの言い続けてましたが結局センティネルか何かというオチのよう。
・じゃあ今のエルガーはどういう気分でジュトを見てるんですかねえ。
・…同じ顔って言い張っても顔の数倍頭に目が行く
・ありがとう「カンの制御」。おかげで死なずに済んだ。…というか終了条件なんだこれ。
・「その時は俺を殺せ」ってゼフィに対してじゃないんですね。
・どうでもいいですがこういう展開好きです
・アビス族の伝手であちこちいけるようになったけどロード時間的に行きたくない
・南部軍に対センティネル部隊に対する手配書が回ってるそうで
・…南部軍の良心来た!かっこいいぜラウド!
・金が浮遊するという怪奇現象が発生
・災禍種降るとカンできないんですね。…やっかいな。
・「なんでお前なんだ」発言に過剰反応。デレたよデレた!(無理やり解釈
・そういえばオーバーヒート時の台詞もいつの間にか変わってますね
・カンが生成できずともそれでもクロセルを前に出す(攻撃力的意味で
・リードン家訪問。手紙ゲット。
・手当たりしだい襲って手に入れるはずのキューブを一回目でゲット。何かあるかと思って奥に行ったもののたいしたものがないという悲しさ。
・センティネル研究所へ侵入。研究放棄した研究員と接触。
・「エルガーといえばエルガーだけど」になんか吹いた。
・そういえばファーストってどういうことだ。

…うっかりどこにも入ってないですけど王女がさらわれました。覚書。

マグカル2プレイ日記6と

ルハルト戦前。あんまり動いてないですがサブイベントっぽい何かのせいです。

連携奥義が使えるようになったそうです。
ジュト:両手剣と姫さん:扇で。
…そのちょっと後に強い片手剣買ったせいで両手剣パス、そして基本的に回復的な意味で姫さんは杖、そして温存。
一言でまとめると、ホントに欲しいボス戦に使えないじゃないか!

アレックスと北がつながってるフラグが現実になりました。なってたも同然ですが。
しかしシュエンザイト本人が出てくるのは危険すぎる気がします。
そしてうざいとおもってたラウドがいつの間にか上層部の良心に。

さて、ここでセレスの成人式をやるとの手紙が。
ちょうどコタ・マレも遠くないのでメインすっ飛ばしていきます。
難しくもないクエスト×3の試練を終えて難なくクリア。…でもいい防具もらっただけの気もする。
そしてここでも入るモノローグ。やめてくれー。
あとなんか花火が貧相だったの覚えてる。

寄り道その2。なんかデュナン平原でやたらクエストが大量発生。片っぱしから片付けました。
特筆すべきは2つだけですが。
1、デュナンシーフ退治。盗賊団長は青月トレワのようです。名前はアルベド。白くないけどw
そこで何やら青月トレワにも生き残りがいるらしいことが発覚。
2、セレスの父の情報が見つかる。
といってもベルフォートに向かったらしいってことだけですが。
会えるんでしょうかこの人。顔が見てみたい。

さて、タイトルの「と」の部分。
アークライズの攻略本を買ってきました。
母がちょうど買い物行ったのでついでに頼んだんですが…。
正直2000円はたk(ry
まあもう一周やるにはいい感じの普通の攻略本です。
その他データ量は並。…テイルズが多すぎるだけですけど。
公式で親世代(と便宜上呼ぶ)来ないかなーと思った私が無茶ぶりだったようです。
あ、でも衣装は全部乗ってます。
とりあえず女装のひどさに吹いて黒衣夫人だけ異様なのにまた吹いたw
レスリーの共和国軍服はかっこいいと思います。

…もう一周、やりたいんですけど弟がモンハンやってるので当分できそうにありません…。

マグナカルタ2プレイ日記5

風見島奪還作戦開始~ルハルト戦とやらの準備(?)
なんかもうディスク2入りましたけど結構短いですかこれ?今プレイ時間多分13~15時間だと。

さて、手分けして奪還作戦です。
王女側は何が違うのか全く分からない新型デスバリスタをさっくりやっつけて終了。
ジュト側はそこそこに強いボスが。スタンのうざさを思い知りました…。

さて、戻ってきました風見島!なんだかすごく久しぶりな感じです。
ある時から北部軍が退いて行ったそうですがやっぱりメリッサのおかげですかね。
センティネル製造がされてたっぽい最初に行った洞窟に島民の遺品回収に行くことに。
え、2人パーティ?て思いましたけどすぐにルウが加入。
…戦闘的には助かりますけどある意味予想外。
すっごくどうでもいい事ですがクロセルの「ここがお前の故郷か」発言になんかキました。

さて、ここで初めてルウの瞬殺が発動ですよ!
これモンスター限定なんですかね。だとしたら精髄抽出の方が使いたいですが(貧乏性

洞窟でも謎のボス(多分センティネル)が。しかも地味に強い。
ゲージやっと0だー、と思ったら第二形態ですよorz
結局色々アイテム使って勝利。…ここは。

CMにも使われてたおんぶのシーン。
なんかもにょもにょする可愛い奴らですがまあ割愛。

…さて。さっき、ここは、って言いましたが、
…バグりました。
ルウでリフト乗ろうとしたらルウを置いてリフトが上昇。
シュールです。すごく。
真ん中のでかいボタン(名前忘れた)以外効かなくなったので仕方なく一回戻って再開。
2回目はさらっと勝てました。そして恐ろしくてわざわざセーブしに戻っちゃいましたよ。

さて、街に戻ったあたりでディスク2に突入。北部軍サイドに。
そしてやっぱりつながってるっぽい北南トップ。
エルガーもまともにしゃべって出てきます。
…さすがにイコールではない気がしないでもないですが。
双子で二人一組とかそんなんでしょうかね。

いまさらな話ですけど雷のカンがお金とすっごい紛らわしいです。

そういえば明日(一応明日)アークライズ攻略本の発売日ですね。
欲しい…けど今見たらすごい高い!学生には2000円は結構高いっす…。

マグナカルタ2プレイ日記4

レビアタン~風見島行く直前。
クエスト無理やりやってちょっと後悔しました。

レビアタン戦。その辺うろちょろして頑張ってレベル上げしました。
謎の全快とか目の非道さとかに泣きそうになりつつも柱無視したら意外といけました。
でもキュアリーフが結構欲しい感じです。

センティネルは人間からできているそうです。
…ゲーム的に慣れっこなのでもう何も感じませんが。
製造に使われてたのはアルゴが族長の青月トレワだったそうで落ち込むアルゴ。
を、慰めるセレス。何この子ら可愛い。

クロセルが元下級貴族だったことが判明。まあおかしくはないけどに似合わん。
そして様付けされてるのに違和感。
奪われてしまった形見を取り戻しに行くことに。ここの一人でも行こうとしてたって事実がなぜか可愛いです。
メインイベント自体はさらっと取り返しましたが困ったのがクエスト。
タタリ草が見つからないのなんの。10分はかかりました。
ここでようやくクロセルがプチデレしましたけどなーんかピンとこない。

アレックスと使者の会話。なんか話を聞く限り戦争は八百長のような。
それに関して探ってるラウドがいっそ善人に見えます。
メリッサとクレアの会話でもやたら北部軍=正義が主張されてますけどいったいこの場合の正義の定義って何ぞ。
そして濃くなるエルガー説。

ルウが帰ってきました!はいいけどべなんとかって町がどこだか分りません。
クロセルのあれのどこが可愛いんだ発言に対しえ、可愛いじゃないかと思いました、が。
…確かにこれはクロセルにとって可愛いの対象とは言い難いwでもきっと人数的にペア(身も蓋もない
そしてクロセルのいじられキャラっぷりの本領発揮となるんでしょう、多分。
後まさかの前~中衛特攻系。防御はクロセル以下。しかも武器刀。
…ブシドーはこの子でしたね。

なんやかんやで急いで風見島を取り返しに行くことに決定。
イイ子ですよこの王女。
ただいい子過ぎていろいろ気になりますが。

マグナカルタ2プレイ日記3

アバジェット→デュナン丘~第二駐在点(?)制圧。
なんかあんまり進んでませんけどまあ今日書かないと明日の分が恐ろしいことになるので。

戦争が終わったら姫さんとアレックスは式を挙げるそうです。
かんっぜんに政略結婚ですよね。
そしていつの間にジュト→姫さんが成立していたのか全く分からない。
この前セレスに冷やかされましたけどそれの前段階もわからない。

クロセルにナックルをセット。
…強!攻撃力だけならトップですよ!
まあ素パラの防御が低いのでいわゆるブシドーですよね。そんなに死んでる印象ないですけど。
他のサブ武器としては姫さんの扇は微妙です。カン結晶化は使いたいですが。
ジュトの大剣はなかなか。
セレスの弓は使ったことがないので何とも。アルゴに至っては滅多につかってなかったり。ごめんアルゴ。

ルウから手紙が届きました。
やった!そろそろ参戦だ(多分)!
今さらですけど手紙システムって私は好きです。
CCFF7のメールシステムとかTOHのあらすじ日記とか、そんな感じにキャラが書いたものが好きなので。

デュナン丘に到着です。
まあだいたい順調でしたけどだんだん敵が強く…。
レビアタンで初全滅してorzしてそこで止まってます。
ところで「黒い刃要塞」ってネーミングセンスはどうかと思います。

メリッサが北部軍で出現!…どういうことだ?!
そしてエルガーに関することでそっちに居る必要はないって言われたり南部軍が悪って言われたりある種急展開。
特典、メリッサの武器2パターン書いてあったんですけどそういうことだったのか。

レビアタンの強さに涙目ですよ。
…ヌルゲーが、やりたいです。
や、得意な人にとってはこれもヌルゲーなんでしょうけど。

マグナカルタ2プレイ日記2

港で爆弾もらう~マレのとこからアバジェットに帰ってくる まで。
もう文章にするのはあきらめました。

・昨日散々やってできなかったポン捕獲ゲームを一回目で20オーバーする
・…猫。喋ろうぜそして鳴こうぜネコ!(ネコ好き
・新しい場所入った時のカットインがやたらかっこいい
・けど長い
・ラウド堅物うざい…と思ったけど滅多に出てこないから気にしなくなった
・いまさらだけど魔法とか技をポイント気にせず出せるっていい。
・嘆きの門、案外あっさり落ちたんですけど。大丈夫か南部軍。
・クレア登場。やっぱり顔にいわk(ry
・…何かはいている、だと…
・だんだんチェインがつながるように。楽しい。
・回復するボスうざい。ほんとうざい。
・災禍種キレイとかよりこんなの降ってても処理落ちしないことに感動(基準:ボロPC
・セレスティンにファーストインプレッションで落ちる
・なにこのかわいいの
・セレスティン→→アルゴ。…これはオヤジと幼女亜種なんだろうか。
・12で筋肉趣味って渋くないですか。
・そしてアルゴが60(平均寿命:200)で族長って若くないですか
・偽南部軍。鎧からして違うんだから気付いてほしいところです。
・ジュト暴走リターンズ
・「彼女を殺させてはならない」…あれ、イコールフラグな気がするのは気のせい?
・マレぞく が なかまになった !
・アレックスに抱きつかれて嫌そうな姫さん

戦闘、慣れてきたらだんだん楽しくなってきた。
チェインつなげて4ケタ叩き出したときは嬉しくなります、ええ。

マグナカルタ2とテイルズオブバーサスプレイ日記っぽい何か

久々に箱から箱を出しました。なんかバージョンアップしててビビった。

マグカル2の方から。メモが非常に纏め辛い感じなので例のごとく箇条書きで行きます。
開始~港へ行くところまで。区切りつけにくいです。

・OPがなんていうか特筆しにくい。ありていにいえば可もなく不可もない。
・でも箱のCG力には感動した
・けど酔った。
・冒頭だけで一本できる気がする。謎のはしょられた感。
・腹が、腹が気になるんだよおおお!しまえ!
・ル、いやなんでもないです。
・ロード画面になんかいろいろ出るのは親切なようでいてそうでもないです。読めないから。
・チュートリアル頼んで忙しいけどって言われた時の罪悪感
・ちょっと前までロードがほぼ0のゲームしてたせいでなんか長く感じる。
・戦闘が若干アクションゲー。前作と同じと思うと痛い目もしくは期待をいい意味で裏切られます。
・そういえばこのゲーム記憶喪失好きですね。
・なんかメリッサのCGの顔に違和感
・王女が平野なのにツンデレじゃない!(偏見
・エルガーの声が福山に聞こえる
・というか3時間半の時点で両者双子かなんかじゃないかと思ってる。
・(特典先読んで)クロセルほんとに背ひくいな!
・デレが来るのを本気で待ってます。本気で!
・ツンデレで杉山さんといえばイ、いやなんでもないです(2回目
・モノローグがやたら多い
・衣装変化タイム。正直この方のデザイン描くのは無理とすら思える
・でも好き。かなり好き。
・ポン捕まえにムキになる。でも20点取れない。

なんだかストーリーの方は地雷のような気すらしてきます。気のせいだといいんですが。

で、バーサスです。
真っ先にユーリ編始めて今バトルロイヤルに勝てずに唸ってます。
…ポイント取れないorz
なかなかになめらかなクオリティです。
ただ、なんか操作し辛い。十字キーだからだと思いますけど。
あと地味にあるストーリーが若干気になります。両方の意味で。
カスタマイズはつまるところごり押し用とでもいいましょうか。
なんだかお祭り様といいディシディア思い出します。
あと短気な私はロードがめんどくさくてしょうがないです。

本とちょっとゲームの話

…なんかレビューが挿入できないんでリンクはることにします。


戦う司書と絶望の魔王 (集英社スーパーダッシュ文庫)

楽園末期のルルタの話がメイン。
前巻ラストで一気に悪役に台頭した彼ですが今巻は彼の救世主時代です。
…読むと誰が悪役だかわからなくなりますよ。
ニーニウ(表紙の子)とルルタが両方とも可愛いです。こういう話はなんか珍しい気もしますがそういえば一巻目は半分恋愛ものでしたっけね。
このシリーズ独特のフレーズというか繰り返しというか(一巻目の「ハミュッツ=メセタを殺せ」の繰り返しみたいなの)がすごい好きです。今巻もあるんですが。

はい、ここまで感想健全ですwちょっとここからアレな感想混ざります。

ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)

ツンツンした大人+天衣無縫幼女、都会→田舎ものです、端的に言うと。
主人公は書道家で気分転換というか新境地開拓というかそんなので日本の南の方の島に行くことに。
ハートフルです。あと上の方の要素好きな私にはなかなかヒットです。
そして絵が綺麗。

が。
個人的には郷長の息子の中途半端不良もどきのヒロシくんと先生の組み合わせがすごく萌えますwすごく不本意な萌えられかたでしょうがw
というかできる人なのに不器用とか不良なのにいいことかそういうのに弱いです。

で、ゲームと銘打った方の話。
「SALAMANDER」ってフリーのノベルゲーム(BL)がすごい面白かったです。
…うっかり朝5時までぶっ通しでやるくらいに!
燃えますそして萌えます。
七里ルートはもうやめてええってなりましたけどそれでもシナリオ運びがうまいです。
言葉にするの苦手なんであんまり言いませんけどとにかく面白かったです。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »