2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

モノクロかつアナログ

地味ーにがんばって描いたつもりだけどさすがにpixivにあげるのは憚られたからここにのっける。

Photo_2 ヒスイ(TOH)。
兄ちゃんに妙に色気があると信じているのは私だけではないと思いたい。

Photo_4


























オリジナル。薄かったんで加工してみた。
見もしないでリボルバーっぽい何か書いたら悲惨なことになった具体例。
でも目が上手くいったような気がする。

本の感想。

読書感想文とか書くの苦手なんで特訓もかねてる…んですがうまくかけないものですね。

後相変わらず今更です。

“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

感想:
これ一巻ですけど全部まとめて紹介。
ずっと前に100円で買って放置してたんですが、なんでもっと早く読まなかったんだか!
少年・アンガスと‘俺’の物語が交互に語られていくのですが、それが上手くかかれてて先が気になってしょうがなくなります。
文字というものが人の心や周りに影響を与えるものとしてしか存在しなかったり、本が脳に直接働きかけて映像や音を見せるものだったり、っていう独特の世界観なんですがそれもじわじわとしみこんでくるというか、そんな感じに魅力的です。
ただ結構1,2巻あたりの展開が緩やかなんで一気に読むことを薦めないでもないですw

“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

著者:多崎 礼

“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)














煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)

感想:
本の姫の作者のデビュー作。
しかし一冊でも作者の持つ独特世界観は全開です。
二人の語り部によって語られる人を食う魔物の話を主軸にした短編連作形式です。
一見関係なさそうな話からだんだんと話の全貌が見えてくる構造になってて、そういうのが好きな人には特におすすめです。

煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)

著者:多崎 礼

煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)














ラブコメ今昔

感想:
有川浩節全開というか。
自衛隊+ベタ甘恋愛の短編集です。
正直私ベタ甘苦手なはずなんですけどなぜか有川さんのは読めるんですよね。
ベタ甘の中にも自衛隊ならではのスパイスが効いた良作です。
ああそれ以外に上手く表現の仕様がないorz

ラブコメ今昔

著者:有川 浩

半ば生存報告

…日記を書けるようなゲームをやってないんですよ。
いやね、デイズとかKHCOMとかアークラの隠しダンジョンとかやればいいんでしょうけど。
何か意欲が出ません。他にやってることのあるせいともいえますが。

そういえば初音ミク-ProjectDiva-買いました。
エディット機能がすごいです。使いこなせてないけど!
モジュールもまだぜんぜん手に入れてなくて(プレイ時間が少ないせいですが)、やっと大人組みが手に入ったくらいで。
…にしてもミク曲でにーさんのモジュール使うとさすがに気持ち悪いです。
モデル自体はいいんですけど。

マグナカルタの2を買う気で居ます。
1が結構好きだったので。
…実はクリアしないまま売っちゃったんですけど。ストーリーは大体知ってますがね。
楽しみです^^
なんてったってTOV以来二個目の箱○ソフト(!)ですから!


なぜか続き欄が消せてないですけど続きはありませんのであしからずー。
あれー?

続きを読む "半ば生存報告" »

ラノベ感想

色々一段落したので本の感想。
比較的新しいですよwあくまで比較ですが。

GENEZ-1 ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)

感想:
キャラ設定がなんともかっこいいです。
ストーリー展開も面白いですし。
コミカルなとこはコミカルに、ハードなとこは結構にハードです。
手堅く面白いです。

GENEZ-1 ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)

著者:深見 真

GENEZ-1  ジーンズ (富士見ファンタジア文庫)

魔法少女を忘れない (集英社スーパーダッシュ文庫)

感想:
もっと色物かと思ってたら妹が元魔法少女なだけの青春ラブコメものでした。
その設定がなかなかうまく生かせた良作と思います。
あと千花ちゃん可愛い。

魔法少女を忘れない (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者:しなな 泰之

魔法少女を忘れない (集英社スーパーダッシュ文庫)

ようこそ青春世界へ! (一迅社文庫 あ 1-1)

感想:
序盤だるいですけど後半、双葉が本格的にがんばりはじめるあたりから盛り上がってきます。
キャラがかなり立ってて魅力的です。
今月続刊出ますね、そういえば。

ようこそ青春世界へ! (一迅社文庫 あ 1-1)

著者:淺沼 広太

ようこそ青春世界へ! (一迅社文庫 あ 1-1)

アークライズファンタジアプレイ統括レビューもどき

アークライズ ファンタジア(特典無し) アークライズ ファンタジア(特典無し)

販売元:マーベラスエンターテイメント
発売日:2009/06/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シナリオ
終始どこかで見たような展開のような気がしますが、おいしいとこどりなだけあって(?)面白いです。
感動…というよりはわくわくする感じです。
ただ、だいぶ恋愛要素強めなので苦手な人は駄目だと思います。
…私もきつかったですけど。

システムまわり
とにかくロードが早い早い。
戦闘システムはリアルタイム要素ありのコマンド制です。
雑魚戦は普通に勝てるんですけどボス戦では一筋縄にいかない強さです。
歯ごたえのある戦闘が好きな方にはお勧めです。
ちなみに魔法は回数制、武器はカスタマイズできるようになってて個々の強さは設定されてないタイプです。

グラフィック
wiiとしてはかなり綺麗な方なんじゃないでしょうか。まあ他の次世代機と比べちゃいけませんけど。
特にキャラクターのモデルがかっこいいし可愛いです。
その中でも目の表現が特に綺麗ですよ。

キャラクター
こればっかりは好き嫌いあると思うんで何もいえませんが私は好みです。
公式サイト見るのが一番確実かと。

全体
何かマイナス面抜き出していってる感じですけどかなり面白いです。
購入迷ってる方はとりあえず買ってみても大損ではないと思いますよ。

以下ネタバレも含む感想。
だいぶ腐よりなので追記で。

続きを読む "アークライズファンタジアプレイ統括レビューもどき" »

アークライズプレイ日記・クリアー!

聖地ノワーレ~クリア。
長かったー。

前回のあれから片手以上の回数アルルさんに挑みかかりまして。
もう何度コテンパンにされたことか。
しかも毎回30分近くかかって心折れるかと。
しかし今日何とか勝ちましたよ!
…実はログレスあんまり使わないですけどね。

さて、こっからは箇条書きです。でも長い。何故。

・リューズ=イーサ神と発覚。あんなに影薄かったのになんでそうじゃないかと思ってたなんて言えるのさ。
・CGのリューズすごい可愛い。
・「メリディアの因子」…ってなに。
・戦闘?!→リロード→は?!強!→イベントorz
・散り散りになる一行。合流順はリフィア→セシル→オイゲン→レスリー→サージュ。
・その途中失われるログレス。「9体全部」って、12体居ますけど。
・※結局その後戻ってきました。
・心配されてんのかけなされてんのか分からないサージュ。何か不憫。
・「人の都合で~」…なんかかわいそうだな…。
・そういえばこの前ラスボスイーサ神って言いましたっけね。当たった。
・強さといい音楽といい、絶対第2体型
・…あったー。ですよねー。
・おいしいとこ取りに現れるアルス。
・強い…しかし地獄のアルルに勝った私にはただのボスだぜ☆…いえ、なんでも
・でも何とか一発勝利!…1時間以上かかったけど。
・「神はあってはいけない」かっこいいよこの子!
・ここで初めてコアになるのをカミングアウト。私が諸事情により途切れ途切れで見てたせいかもですが何かあっさりしてるような。
・エンディング半ば聞き逃した…。
・500年後、目覚めたラルクに仲間たちからのメッセージが。しかし、リフィアからはありません。
・「未来で待ってるから」その通り待ってましたよこの子。
・…方法とか考えるのは野暮ですか。そうですか。
・その後の世界とか仲間とかの話がすくない…。

なんだかんだ(主にボスの強さ)言いながらも、すごい面白かったです!
もっとプレイヤー増えないかなー。
明日あたり全体総括でも書こうかと。

アークライズプレイ日記 -サブイベント編-

○ヴァイスの正装ゲット 
これ関係のトークでヴァイスに似てるって言われたのを喜んでたラルクが可愛かったです。
でもまあ、言われてみれば似てる・・・かな?

○ニコルのこと
をフレイア将軍に伝えに行きました。
やっぱり情報流してたそうですよ、ニコル。
まあそんなんじゃないかとは思ってましたけど。
でもその情報ほしがってたのがヴァイスだとただの弟を心配する兄にしか思えなくなってくるから不思議です。
将軍から銃・べネックスをもらいました。…でもレスリー2軍なんだよなー。

○ログレス・マシュガルと契約
しばらく追い回した後でパワーアップしないと追いつけないと気づいて改造。
改造クエスト…落ちた空中回廊っていえばベルクトだろう!誰が神殿だと思うんだよ!
で、カーならぬ鳥アンド飛光艇チェイス。
殺意が沸き始めたころに何とか追いつき、そしてバトル。
で、さくっと(ほどスマートじゃないけど)勝利、そして契約。
ましゅまろましゅまろ呼ぶせいでこいつのあだ名はマシュマロ決定です。

○ログレス・クドアンヌと契約
今度は月の宿が見つからなくて四苦八苦。
あるいてたら見つけましたけど。
入って、クドアンヌと遭遇。
なにこのこかわいい!
エーフィがもっと紫になって大きなリングにつかまって浮かんでる感じでしょうか。
かわいい、ですけど攻撃は凶悪です。
全滅ピンチに数回なりましたよええ。
あと時間的に早くやめろと囃す家族の声が何より痛かったです…。
でもなんとか勝利、契約。
この人はイーサ否定派のようですよ。

明日(今日とも言う)はいよいよアルルさんにアタックです。
かーてーなーいーとかやる予感でいっぱいですorz

アークライズプレイ日記13

ディノス戦~ノワーレ突入直前。
またしても停滞→大量のパターンです。

ディノスは結局何とか倒しました。
昔は虫も殺せないような子だったらしいです。想像つかねえ。
親にディーバの前で自爆(竜玉石外すと濁竜化するとか)させられたそうで。
…そういうこと考えるとこの子もかわいそうな子なんでしょうか。
でも苦戦させられまくったので同情はしない。
結局ディノスは竜玉石外して自爆しようとし、セシルがそれを止めるためにとどめ。
…せつねえ。

しばらく行くとクライド将軍が。
まあこれは苦戦しないでいけましたので思い出が薄い。
結局彼は最後までアルス側に着くようですね。

そしてベルクトの内部のほうへ。
そこではアルスが待ち構えてました。若干悪者っぽくなって。
まるでラスボスのような口上の後、戦闘開始。
…要した時間、日数にして3日。回数なら5,6回。
強いよ。なんでか分からないけどいつの間にか死んでるよorz
勝利後、いわゆる殴り合い和解イベントです。
「俺はいつだってお前を見ていたつもりだぜ」の一言にぐっ、と。
そしてアルスは一人リアル神の破壊へ。
ラルクたちも手伝おうとしますがアルスは拒否。
丁度来たクライドとともにリアル神に向かって走り出す、でカット。
…死亡フラグっぽいけど生存ですかね。

外に出たラルクたちはアルスからもらったログレスで計9体になったので浮上した聖地ノワーレを目撃。
イーサ神を利用する計画実行のため、ソニアの元へ。
…ソニア?って言ったら弟(プレイしてるの見てるだけ)に俺でもわかるとあきれられました。
カーライル博士ですね、ええ。
そこでホゾン無効化の算段会議です。
その中で人払いをして告げられた手段の一つが、「ラルクがイーサ神のコアの代わりとなって神種のように眠ること」。
今を生きる人たちとは永遠の別れです、という言葉に決意するためにディアマントへ。

ラルクの家に帰ると、エレナさんが話しかけてきます。
どうしたらいいか迷ってるラルクに、思うように生きろ、との励ましをもらいました。
かっこいいよこのお母さん!
それで決意したラルクは心配していたらしいリフィアに声をかけに行くことに。
仲間と会話しながら、港の高台へと向かいます。
そして真・告白イベントです!
「返事はいいの。いいたかっただけ」…これは返事できないまま終わるフラグですか?

さて、後は聖地へ行くだけなんですが。
サブイベントをちょこちょこやってます。
このまま書くと恐ろしく長くなるので分けようと。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »