2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

最近読んだ本の話

本といってもラノベですが。

ベン・トー〈2〉ザンギ弁当295円 (アサウラ/集英社スーパーダッシュ文庫)
…2巻です。1巻でも3巻でもなく今頃2巻です。あらすじは公式があるので個人の感想オンリーです。
半額弁当を巡っての命をかけたアクション…こういうとまさにギャグですけど
今回も熱かった!…熱いバトル以外むしろバトルもギャグだけど!
著莪可愛かったですがむしろ気になったのは不幸少女・あせびちゃんですよ。不憫な…。
果てしなくどうでもいいですが私と白粉ちゃんはきっと気が合いません。筋肉は別に好きでは無いのです…あ、いや、なんでもないです。

神父と悪魔 四葉の双天使 (志麻 友紀/B’s‐LOG文庫)
いつもは会話とかやり取りに延々とにやけてるんですが今回はちょっとシリアス多めでした。
その分泣きポイントも多く。双子のあたりとか涙目でした。
前回に引き続き今回もすごい引きの終わり方でした。
続刊待ち遠しいです…けどまだ読む本いっぱいあるんだよなあ…。

残りは普通の本です。…変な空気。
5年3組リョウタ組 (石田衣良)
他人の薦めで借りて読んだんですが。教育物、ですかね。
教育現場の問題を主人公のリョウタ先生がその性格で解決していく話。
その解決法がスパッとさわやかで気持ちいいです。
あとキャラクターも魅力的。

三匹のおっさん  (有川浩)
…一番近いのはいっそ水戸黄門なんじゃないでしょうか。
還暦前後の悪ガキ三人組がチームを組んでご町内の悪を懲らしめていく話です。
そのやり口も読んでてスカッとします。そういう意味では上のと同じジャンルかも。
3人組の孫と娘のラブコメもあります。さすが有川さん。

FF9プレイ日記その5

飛空挺ゲット~イプセンの古城クリア。
…あんまり進んでないです。

とにかく迷いました。特に帰りに。
自分がどこから来たのか忘れて長いことうろうろと。
…MPジリ貧覚悟しましたからね。
何とか脱出しましたけどそのせいでやる気というやる気が吸い取られてダウン。
もうそれしか覚えてないというかストーリーあんまり進んでないので書く事も少なめです。

サラマンダーとジタンの相互打ち解け(?)。
普通にいいシーンでした…がそれよりジタン一人キツイよ!って気持ちでいっぱいでした。
…ごめんよ。

今回のクジャ。
…Lv25になりました。…すいませんいなかったのでディシディアの話です。

FF9プレイ日記・その4。

今日分:デザートエンプレス~飛空挺ゲット。

マジックハンマー万歳!おかげで無強化ボスあっさり倒せました。
…むしろ混乱させて来る雑魚のが脅威でしたよ。

火山の赤竜?が強かったです…。あれに2回も全滅させられました。
結局一回目はジタンのトランス→裏技で、2回目はミニマムで何とか。
ボスより強かったかもです…。
モグ覚醒の所はモグかっこよかったです。あとビビ可愛い。

ヒルダさん…きらびやかですね。もはやその印象が強すぎて性格とかよく覚えてませんww
そしてシドさん!何だあのダンディ!もはや詐欺ですね。
…ところでアレクサンドリアとリンドブルムそんな日帰りできる距離じゃないだろと思いますがどうなんでしょう。

断・髪!どっかで聞いた事あったような気がします。来ましたよ!
個人的には長髪が絵的に好きです。性格はこれからですね。
関係ないですけど何でみんな髪その辺に捨てるんですか。…いや分かってはいるんですけど。

飛空挺ですよ飛空挺!飛ぶ乗り物は大好きです。これで色々いけますね。
多分クリア優先しますけど。
飛空挺内で風車にはしゃいでるビビが可愛いです^^

今回のクジャ。
神官素通りしないで威圧してくのになんか笑いましたww
あといくら関係ないと思ってもしゃべりすぎだと思います。

FF9プレイ日記・その3。

今日分:イーファの樹2回目~Disc3デザートエンプレスまで。
個人的には頑張りました。かなり。

女王って響きが好きです。ガーネット女王…いいですね。
ここのエーコとトット先生の会話はほほえましい限りでした^^
ラブレター連鎖もココでしたっけ、あれはいたたまれな面白かったですww

カードバトル(トーナメント?)もなんとか。ミスリルソードさまさまです。
…チャンピオンに勝ってなんかもらえたかは覚えてませんけど。攻略サイトには書いてないような。

アレクサンドリアに襲撃、まあそうなるよなとは思ってましたけど。
というか指示すべき組なんて分からないですよ!一個しか合ってなかったです…。
とりあえず私にはアレクサンダーのが興味の比率が(ry
ひとりでいっちゃったので戦闘あったらどうしようかと思いましたけど無くてよかったー。

目が覚めてすぐは姫さんの所に飛んでいきました(笑
わざわざブリンクが知らせに来てくれましたけどその辺の兵士に聞きました。ごめんよ。
声を失うってパターンはありがちのようなそうでもないような。
とりあえず戦闘時のコマンド失敗は痛い…。

クジャの隠れ家はラスト一個まで気づかず3回もアントリオン戦しましたよ…。
…ただ、ウイユヴェール魔法使えないんじゃねという弟の指摘&確認によりそれはリセット行きでしたが。
敵の隠れ家ってだいたい隠れ家ってサイズじゃないですよね。でかいよ。
パーティ分けはお使いパーティが魔法使えない組、残りは後衛ばっかという極端さ。
…おかげで両方苦戦。…スタイナーはおいてくればよかった…。

いっそクジャへの叫びはまとめて最後にというわけで今回のクジャ。
この部分クジャが多くて嬉しいですww
そしてもうあんまりキモイとか思わなくなってきた。
ボロボロに大怪我したクジャって響きだけでなんていうか萌える。(一応自重
ここでグラフィックもボロボロ(多分)だったのに感動。

FF9プレイ日記・その2。

今日はエーコ参入直後~Disc2終了直前の2回目のイーファの樹。
だいぶ長々とやってあれーフローチャートは後ちょっとだったんだけどなーと思ってたんですが今確認したらココでほんとに後ちょっとだったという。

ヒルキガース戦では妖精の何とかが盗めないがために2回もやり直しました。
苦戦したわけではないのですがやっぱり何回もやるのは疲れますね。
しかもレビデトが使えるのに向こうがいつ地震使うか分からないがために毎ターン使うわけにも行かず。
…こうやって考えるとコイツなんともすっきりしません。

マダイン・サリはモーグリがいっぱいで幸せです(笑
ちっちゃいのとか特に!
後この辺の頑張るエーコ可愛かったです^^

樹の中のボス、今見たらあれレイズで倒せるんですか。
クソまじめに戦ったのに…。
そうでなくともゾンビはいやです。おふだ無かったし。

サラマンダーが加わりました!やっと再び前衛2人ですよ!
といってもジタンがおっそろしく強いのでちょっとかすんでますが。
ハードボイルドだ!という印象しか今のとこないです。
もしくは半分カウンター自滅の人(対サラマンダー戦的な意味で)。

後クジャですクジャ。なんか出てくるたびにwktkもしくはktkrってまさにそんな感じになってます。きもいよ!(褒めてるつもり)
ディシディア的に石田で脳内アテレコしたいですけどあんまり長く文章表示してると弟に変な目で見られること請け合いなのでできません。(´・ω・`)ショボーン

FF9プレイ日記

今更な感じにプレイしてます。

主な理由はディシディアですが影の理由は弟がこれなら金を出すと言ったが為です(笑

やりだしたのが大体先週くらいで、今はDisc2の終わりの方、エーコが仲間になった所です。

ここまでの総括感想。明日からはちまちまその日の分を書こうかと。

最初やっぱり画面悪いなーとか思ってたんですけどPSだって考えるとやっぱり綺麗ですよね。ムービーとか当時だったら感動物だっただろうに、とか変な残念がり方してます。

戦闘は今の所何とか。私10のユウナレスカと10-2のストーリーレベル5の雑魚にボッコボコにされたんでFFの戦闘に苦手意識が…。頑張ります。

ストーリー、楽しいです。大まかにまとめるの苦手なんでどう面白いって言われたら答えられないんですけども;わくわくする感じはなんか冒険小説っぽい感じもします。

キャラクターも好きです。むしろ本題でs(ry

ジタンが女好き発言するたびになんか笑いが込み上げてきますし姫さんがそれをあしらうたびにさらにまた笑いが。…そういえばくっつくんですかこの2人?セオリーで言うと。

ちなみに姫さんの名前は変えちゃったんで呼び方は姫さんで行きます。

ビビと黒魔道士ズも可愛いです。しゃべり方とか。キャラが今のとこ嫌いなのいないです。・・・ブラネ以外。好きな人(いるのか?)には悪いですが。

あとなんか知らないですがクジャがすっごい気になります半分格好的な意味で。          

初書きです。

初書きって表現は変ですかね。

とにかくはじめからなんか書くのもアレかなあと思いワンクッション。

前々からブログとかやってみたかったんですけどよく分からなかったんですよ。

意外と難しいモンでもないんですかね。だといいんですけど。

ブログタイトルはなかなかいいのが思いつかず;一応仮題です。

言うほどのことじゃないかもですが自鳴琴とはオルゴールのことです。

…訓読みはなんて読むんですかね。そもそもそんなものあるのかって話ですが。

トップページ | 2009年4月 »