イース9感想

81vzc5sv6l_ac_sl1253_イース9

どうでもいい前提:

記事書くの忘れてたことにさっき気づいたんですがセールで買ったイース8がイース初体験だというのにファルコムと和解した気持ちになれるほど(注:私は軌跡の戦闘と気が合わない)めちゃくちゃ面白かったのでやりたいと思っていましたがDQ11Sとか色んなものとかぶるわ風花雪月終わらないわでどうしようかなと思っていましたが増税かなんかでノリで買って2週間くらい積んでました 風花の息抜きに始めたらそっちがだれてる間延々こっちやった。楽しかったです。

 

個人的な感想でいうとシナリオと舞台は8より好き。

 

●異能アクション
本作のメイン要素。

ゼルダで新アイテム手に入れたら既存のマップの見えてるけど行けないところに行けるようになる要素が好きなのでそのたぐいの要素がRPGでできると嬉しくなる人です。

あと単純に縦移動要素も好き。みんな屋根に登るの好きでしょ????

微妙にスタミナ相当ゲージが足りないのはちょっと残念ではあるけど最終的に降魔具でフォローして長距離飛行とかできなくはないし…

KH2あたりにもあった延々滑空できるのが好きだったので移動速度も速い今作の滑空いい感じ。

あえて言えば完全移動系の異能持ちが頭3人だったぶん後半パッとしなく感じる構成が残念なくらい?

余談ですが背教者がいちいちちゃんと異能の名前を言うのと猛牛がクリムゾンラインをなんとかライン!っていいながら発動するのが好きです。


●グラフィック
キャラデザは好きだけどPV見て分かる通り前世代かな?感は否めないかな…。

気になる人はそもそもナンバリングに9とかつく作品やらない気もするけど!

でも本当怪人化前のキャラの地味さと比べたときの怪人デザイン好きってなるしぶっちゃけ赤の王のデザインすごくすきなので加点しちゃう!

高精細な街を飛び回りたいならアサクリをやればいい話です(真顔


●音楽
そもそもイース8と空の軌跡fcくらいしかファルコムのゲームちゃんとクリアまでやれたことがないのでアレなんですが、イース8のときsunshine coastlineにぶん殴られたみたいなインパクトはなかったかもしれない。

とはいえグリムワルドの夜の曲とかダンジョン曲とかいかにもファルコムっぽい良曲は多い、と思う(けど比較対象が少ない

というかファルコムの音楽基本的に私の趣味にクリティカルしないんでなんとも言えない…そこそこ好きくらい……いい曲揃いなのはわかる…

●戦闘
8より大分簡単な気がする。

なお8は途中でシナリオを進行するのに邪魔なほどボコボコにされた頃にイージーにしました。下手くそか?

ボスはそこそこ歯ごたえがある程度、雑魚は割とサクッと散る程度で正直このぐらいのほうが爽快感あって好きハードにする気合はなかった…。

あと戦闘というか、8の迎撃戦のアレンジ型のバトルイベントもある。ぶっちゃけ迎撃戦だあという感想に終始してしまった…

●シナリオ
最初はアプリリスが中二口上言うわ赤の王の見た目がそもそも中二っぽいわ怪人の集まりが目的のために集まってます的ドライさ(中二の意)だわでもにょもにょしてたんですが仲間が半分超えたくらいには慣れました。

怪人の中身を知ってくことで中身の方に意識が行くようになるのもあるし。

あと謎の撒き方が巧妙なんじゃ…ぽつぽつ意味深なことを言ってく上にザッピング視点まで出てきてさあなんでしょうと言わんばかりのやつ。

気になりすぎて気付いた時には最終章だよ…

あと最終章はいるところのシーンがここしばらくプレイしたゲーム(※そんなに多くない)のなかでかなり上位の出来。もんどりうつぐらい好き。

あえて文句を言うなら。現地妻枠はアプリリスだろうなって扱いなのに本編中はだいぶ後半まで陰が薄いというか…人間性の成長(?)の成果って言われるとそうかな?とは思うんだけど急にヒロインムーブ始めたな??って感想になってしまう…

やっぱりヒロイン赤の王なのでは?

あとたぶんこれ歴代ちゃんとプレイした人間の方が8倍は感動すると思う。ちょっとうらやましいけど私にその根気はないんだ…ゆるしてくれ……

 

追記でネタバレ最終章感想:めちゃくちゃ好き(要約)

» 続きを読む

風花雪月・蒼月ルート終わっての気持ちの整理的感想

※されてないです

 

あと前置きとして最初に紅花やったからどうしてもエーデルガルトよりになってしまうことをお許しください。
散々言われてて悲しくならなくもないけど、そもそもエーデルガルト好き嫌いはっきり分かれるタイプな気がするからある意味正解なのかもなあ


ディミトリ雑感:

流石に闇落ち自体は知ってたけど5年後の再会がかなり変わり果ててて……
割と生徒皆戸惑ってたと思うけどプレイヤーだけでなく先生も戸惑ってるような描写が多くてなんか安心した。
ルート総括として、ディミトリの立ち直りと、エーデルガルトとディミトリの思想の違いが1番のキモだったなーという気持ち。
感情的な話に関しては今のところ最重視されてるな、とか。ちなみに銀雪は教会シンジツで紅花は唯一エーデルガルトの側にいられる、が担当って印象。
立ち上がった弱者であり「立ち上がること」を民衆に要求しながら急進的な革命を目指すエーデルガルトと、虐げられたものでありその気持を理解できるからこそ自分が民衆を守りながら人の心を変えようとしているディミトリ、この平行線をたどるしかない決戦前討論がすごく好きです。
正直紅花よりもエーデルガルトがどこを向いているのかが見えやすかったようにも思う。
あとディミトリの立場がはっきりしたことで(若干違うっちゃ違うけど)TOVの「時間はかかるが真っ当に倫理的に世界を変える」vs「今の犠牲者をこれ以上苦しませないために法と倫理に反しても抵抗する」っていう構図を重ねられて理解しやすかったっていうのもある。
なんかエーデルガルトの話ばっかりしてるな…

というわけで話もどして青の生徒の話を。


とりあえずディミトリの再生の話:

ドゥドゥーが戻ってきたタイミングとかでえっまだ駄目?みたいなことを何度か思った気もするけどフレーチェが軍に加えてくださいとか言ってきたところで大体察した……(なお紅花より印象強い)
ついでにロドリグが同行して来たところでこれ完璧にそういうイベントだと理解してしまって……
で、理解してなお泣いたんですが???
正直その直後にも首を刈りに行こうとするから私の脳内先生が河原で殴り合いでもして止めてやりたがってたんだけど本編では先生らしく諭して立ち直らせたので私は着席しました。

引き抜いてもクラスでの立場ってわからないなって話:
一周目、無難にやって引き抜けたシルヴァンとフェリクスを軍に加えてたのでそこそこ知っているつもりではいたんだけど、私は全然彼らを知らなかったなあと思い直した。
女が絡まない・気を許した相手ならシルヴァン面倒見のいい兄貴分だしフェリクス完全に学級の弟ポジじゃないですかやったーー
フェリクス、ベルとの支援は見てはいたのでなんだかんだ孤高になりきれないやつみたいなつもりでいたんだけど、一種のツンデレみたいなアネット・アッシュあたりとの支援と、幼馴染組とのしょうがないやつだなーみたいな扱いで完全に好きになりましたよね。もとから性能と顔は好きだったけど。
あとこの二人、一周目ペアエンドになったものの約束果たしてなくて悲しくなってしまったのでこれ蒼月なら変わるかなと期待したら約束果たしてくれたので私は大満足です。


↑に関連して引き抜いてきた元生徒の話:

リンハルト:
カスパルとの敵対セリフが見たくて。今にして思えば外伝条件的には逆がよかったな…
情がないわけでは決してないけど、ふたりとも戦争というものに対して妙に達観しているので、あまり湿っぽくならない会話が逆に悲壮感を煽って死ぬかと思いました。
フェルディナント:
ヒューベルトとの敵対セリフに差分があるか確認したくて。のついでにリシテアも引き抜いて外伝やったりメーチェとくっつけたりした。
で、思うのがエーデルガルトが絡んでこないとフェルディナントめちゃくちゃ人間の出来たノブレス・オブリージュ味のある貴族だなって……
自らの先を行く主従を遠く感じてるような描写があったのもぐっときたり……銀雪でも見たような気もしたり…


それはそれとして蒼月で初めてちゃんと話した生徒の話:

ドゥドゥーとアネットの株がめちゃめちゃ上がったんですよ…
ぶっちゃけ見た目と別学級のときの性格がノーマークだったので、っていうのもあるんですが。
ドゥドゥー、生い立ち的にはそれこそ外伝みたいにファーガス絶許みたいになってても不思議ではなかったと思うんですけど、いまこうして異文化交流をおだやかに行えていたりそもそも結構面倒見のいい感じとか、殿下との出会いのおかげなんだなーと思うとしみじみするしその殿下との支援の名前呼びで全私が焦土と化しその勢いでここペアエンドにしました。
アネットは悲壮感の薄い純粋ながんばりやでちょっと抜けててついでに5年後の容姿が好みで…

FE風花雪月 1.5週プレイ時点での感想的ななにか

81qciokhlkl_sl1500_ファイアーエムブレム 風花雪月 


まえがき
学園エムブレムの時点では次回作だから買うか~ぐらいのつもりでいたんだけども。
5年後戦争編PVが発表されて手のひら返して楽しみになった。
その期待を全く裏切らないどころか手心一切ないシナリオ分断っぷりで帝国から1.5週クリアした今、次の週をプレイするのがすでに怖い。
あとネタバレ何も見ないでプレイしたらきっと楽しいから踏んでなければ是非。紅組からだと私が嬉しい。
端的にまとめると最近のFEの中ではかなり出来が良いからプレイしてほしい。

 

システムの話:
今までのFEは9割戦闘だったわけだけど、今作のウェイトは育成ゲームパートが7割になったなあという印象。
ステータス・親交を深めつつ会話に世界観・キャラ掘り下げを任せてスケジュール型でゲームが強制進行する、っていう箇条書きをするとペルソナっぽいけどまあプレイ感覚はペルソナかな…。
正直私はペルソナとかアトリエとかの期限決まってるのはあんまり得意ではないけどシナリオに類するものがすごい希求力があるのでがんばってプレイしています。まあこのゲーム真にきついのは心理的ダメージだから…
装備品的に増えた騎士団はそれこそ装備品程度の要素かなって感じ。
計略で範囲攻撃とかバフとかもできるけど、同じく新要素の対魔獣戦のコントロール用くらいにしか私の頭がうまく適用してくれないので戦略性が増えたのかはよくわからない。敵にやられるとたまに想定外の事態にはなる。
あとついでにそもそもあんまり難易度も高くない。魔法武器の魔物にやたらエーデルガルトが刺殺されたくらいで。アーマーだから仕方ないね~~私の慢心だね~~
あと地味に大陸地図での戦況ナレーションの復活が嬉しい。

 

美術面:
いつものことながらBGMがべらぼうにいい。
序盤の戦闘曲フォドラの暁風とどっちがアレンジ元かはわからないけどOPとかのフレスベルクの少女はかなりキャッチーな名曲だなーって感じ。
同曲ちょくちょくアレンジ出てくるので耳に残るのもある。
ビジュアルはそんなに進化してないのでは?と思ってたけどよく考えたら戦闘マップも育成マップも同じリアル等身キャラが動いてるんだよな…立ち絵進行でなく3Dモデル進行になったしな…そこからすれば大進化だよ…(甘判定
たださして動かない3Dよりは表情変化に目が行く立ち絵のが良かったんじゃないかみたいな気持ちはないでもない。
デザインについてもぶっちゃけ最初好みはエーデルガルトくらいかな〜とか思ってたけど一周したら黒鷲のみんな愛おしいな…ってなってるのでもうこの辺はむしろゲームデザインの勝利では。
そもそも倉花デザインで質が悪い訳がないので…
マップデザインとかは正直そこまで頭に残る感じでもないけど聖堂は結構好き。

 


シナリオ:
本体。
いやまだ何も語れる段階ではないんだけど。帝国とその分岐しか終わってない。
70時間くらいはやってて何も語れる段階ではないってなんだ……。
ちなみに一周目60時間弱ぐらいだった気がする。
慣れを加味しても、慣れの分だけ作中時間の代わりにリアル時間を使うことを考えればさして短くはならなそうだし多分4週したくなるから最終的には200時間は要るのでは?
前半こそ気楽にやってられたんだけど…まあ今にして思えば伏線暗躍の連続だった気もするけど……
何十時間と同じ空間にいた生徒が自分がスカウトできなかった子は軒並み敵対するし!
その子らも何なら黒鷲学級生徒も親とか祖国と戦うことになることに言及してくるし!
マップ上で出てくる会話にメインのイベント進行のシナリオ並の世界観の素地を突っ込んでくるしそれもフルボイスだし多分全ルートちゃんと差分あるしでなんなんだこのゲーム……

追記で帝国とその分岐のちょっとネタバレな雑感。

» 続きを読む

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ 感想

DLCとは……
クエストとキズナリング上げぶん投げて(とはいいつつ7割はやった)クリア時間20時間。コンプリートしようと思うと多分あと10は増えると思う。
ボリュームもさることながらグラとかシステムとかもう完全に続編。なんだこれは…
でも単品でパケ版買うと割高に感じるかなーとも思うのでこれ入り口はどうなんだろう……
本編持ってるなら絶対やってほしいけど。

あっ本編のネタバレもなにもない感じかつ本編やってないと意味のわからない感想になってます。

○シナリオ
500年前のヒカリサイドでメツを倒すぞ!の話。でも主人公はシンとラウラだし区切り的な意味ではある意味主観はサタヒコかもしれない…。

そういえば本編の結局半分以上割と若い女キャラのパーティーと違って男性でついでにそこそこの年齢のキャラが多い。のでイーラ編一番ノリが軽いのがヒカリという(※もちろんEDは除く)。
2の序盤のノリ、本編の感想記事で書いた通りちょっと付いてけなくなってたけど、イーラ編の方は頭からノリが無印みたいなので(察して)そもそも悲劇なのがわかってるのもあって取っ付きやすい感じ。多分。
いかんせん短いし本編のうち3割位サブクエスト消化が進行条件なので権謀術数の複雑なシナリオってわけでもないですが、本編中盤以降のやや政治的な雰囲気で進行するのが馴染む…。

あと本編に足りなかったダンバンさんのノリをミノチとアデル足して二で割った感じで摂取出来て満足。

ところでシン(とワダツミ)に料理上手属性とカグツチにやや脳筋属性がついておもしろかったです。
どこまでが初期構想でどこまで後付かよくわからないんですがこれプレイしたことで更にサタヒコとシンの関係がよくわからなくなったしシンとメツが一緒に行動してるのもなんか不思議に感じなくもなくなってしまったし何よりサタヒコがメツになにも突っかからないのも妙に感じるようになってしまった…。もともとイーラ組不思議だったけど…。

○システム周り
ブレイドコンボがルート固定でなく全部つながるし本編のコンボが無意味になったわけでもなくクリティカル扱いになったっていう本編もこれならわかりやすかったのに案件。
キャラ数絞った分交代も違うシステムになってるのがまたこれは……別のゲームを作ったのでは…。
交代の方のシステムと本編のシステムのどっちがいいかはもう別物なので比較できない域ですがあえていうとこっちは回復役がカスミしかいない関係上たまにAIがゴリ押しはじめてそのまま死ぬのが玉に瑕。

ポーチアイテムでのゴリ押しがカネで解決できなくなった結果お金がキズナリング解禁アイテムになった。
店売りアイテムが結局チップとアクセサリだけになって、まあそれ店売りよりドロップのほうがいいですねっていう。
アシストコアの有効化が必要なくなった分素材アイテム類がキャンプでのポーチアイテムづくりに回った感じか。
アイテム作成に性格が出るのは面白いんだけどっていうか全部存在がおもしろいんだけど、それによりエリクサー病が起きる。そんなに必要もないけど。

マップはイーラとグーラのみ。
でもイーラがスペルビア並に広いし上下が意外なところでつながってて面白い。序盤行けなかった屋根の上が終盤上から回ってたどり着けたのには感動した。

○美術
気の所為ではないと思うんですがファースト・インプレッションから画面が綺麗。
エンジン変えたっていう先入観だけじゃないはず!はず。

音楽も新録11曲あるそうで。
そのうち通常戦闘曲とグーラのアレンジがすごく好き。ジャジー。
結局本編サントラ、同額だったんでハイレゾで買ったんですがイーラのこの二曲はハイレゾ相当の値段でもハイレゾ買う気がする、ので早く配信して…!

あと!ややネタバレですが!美術かも微妙なラインですが!

ラストのメツ戦が本当すごい良かった。正直本編のメツ戦よりよかった。
サブクエコンプとかは…まあ……そのうち…

ファタモルガーナの館 感想

vita版がセール始めたのでセールで買ったPC版を積み崩した結果vita版を買った。
という一文で私がいかに落ちたかが伝わるのではないかと……
ぜひ現代編やってほしい。蛇足かもしれないけどもう蛇足でいいから幸せになってくれ……
いや蛇足っていうには本編なんだけどさ…

これ書いたときまだセールしてたのに載せるの完全に忘れてた…

○サスペンスホラーとか書いてあったしビジュアルこそやや耽美ホラーだけどプレイ後感想はサスペンス……?ホラー……?。
ジャパニーズホラー的な惨劇感とか後味の悪いエピソードとかはあるもののむしろ悲劇への悲しみとか愛とかそんな感じのものの方が印象強い。
というか平和の描写から入るのが退屈扱いされるかもだけどそれがある分崩壊が凄いこう…胃に来るパートになっててヤバイ(語彙力)。

これ言うとネタバレというか純粋に楽しめないかもしれないけどテーマが予想外ってだけあってどんでん返しが多くて中盤からはもうノンストップだった。

あっちなみにあらすじにある4つの悲劇の話までで中盤くらいです。総プレイ時間(本編)12~15時間くらい?寝る時間の参考に(※佳境だと思ったらまだまだあった並感

余談:悲劇ものにはお涙ちょうだいと作者の性癖の二通りあると思うんですがこれ後者では?

○絵が怖いっていうのはわからんでもないけどたぶん作中絵別にそこまでホラーでもないから最終的には細密で耽美なよく合った絵って感想に落ち着くと思うからいいからやって。(ごり押し

○ADV積むのが得意技の私が積まなかった理由の一つが一章入ってすぐのボーカル入りBGM。
というか全体的に女性ボーカルBGM(何語かわからない)が印象的でたぶんニーアとか好きならすごい好きになれると思う。
っていうかなんで音楽のいいゲームの話題でまったく見かけたことがなかったのかがわからない。

○外伝つらくてまだおわってないのでそのうち追記する…

アフターとフラグメントは尊さに死んだ。
地獄の後の日常物はヤバい。
あとミシェルが多少積極的になってるのがすごい…いい…。

○現代編
完全プレイ前は現代編ってどういう意味だ現パロ?と思っていたのを土下座します。
完全に地続きじゃないですかーやったー
誓いがちゃんと続いててよかったなあと思う反面メルとユキマサのとこはそれ本当に大丈夫かなあというか……。
あとモルガーナCV小清水さんが想像以上。毒舌ながらも割と敬虔な普通の少女で声がいいっていうモルガーナそのものですごい。
そして現代になった時のヤコポのこの……犯罪感……がんばれ…。

ゼノブレイド2 感想

ゼノブレイド2

とりあえず総評から、と思ったけど感想がまとまらない!
褒めるところがいっぱいある代わりにどうにかしてほしいところもいっぱいあるゲームって印象。
特に序盤のシナリオの痛さとかUIとか割とわかりにくいシステム解説とかが振り落としにかかってきてて実際振り落とされて半年以上積んでた。
でもそこに慣れてくると戦闘が脳汁出るしシナリオも最終的にはそこそこ。そしてやりこみ要素が半端ではない。
この文章最初書き始めたときクリアしたてだったんですがそこから60時間以上やって今度は二週目限定要素始めてるところです。いやその中身は中身でアプリゲクラスの単純周回だったりしなくもなかったりであの…まあ…
ちなみに今のところ総プレイ時間が(バグではっきりしないものの)多分120時間とかそのくらいです。
そしてこの後DLCのイーラ編が待っている……。

割と文句言ってるんですがこれ改善されてたら超神ゲーだったなあくらいのノリでお願いします。
総評的には4.5くらいのやや神ゲー。

○シナリオ
ボーイミーツガールの王道って感じ。無印が青年漫画ならこっちは少年漫画。ガワは。
なんだかんだそんなに悲壮感がないので1より明るい雰囲気。がいいのか悪いのかは人による。
500年前の聖杯大戦の因果関係が明らかになってくる中盤あたりからは割と世界観もはっきりしてきて面白くなってくるけどそこまでがぶっちゃけクソガキ集団感があって苦痛。

一応フォローを入れると中盤くらいからクソガキ集団でもないことがわかってくる&成人が加入するので割と楽しくなってくるって側面もある。

余談ですが世界樹まできたらゼノブレイドと聞いてがんばって進めたんですよ。世界樹まで来たら確かにゼノシリーズでしたが8割近くシナリオ進んでました。お、おう……
それとは別に決定的にゼノブレイドな要素があるのでお楽しみに(?)。あのマップもっと広くてもよかった。

○バトルシステム
多分通じないけど大別するとアルトネリコ2とかアルノサージュみたいなタイミングを求められる系コマンドRPG。あと戦闘中にリソースが減らないタイプ。

それはそれとして説明のタイミングが悪い!
昨今のゲームらしくちゃんとチュートリアルはいるんですけど!けど!
おそらく大多数の人がキャラとか装備とか整ってない段階でコンボのことを話されてるでしょうこれ!チュートリアルでゲージ準備してくれて実践させてくれるけどガンガン実行できるまでにはタイムラグがあって訳わからなくなるのではっていうか私はしばらくなってた。
しかもこのへんはヘルプで載ってない。電子説明書はしらない。困ってる人は多分公式サイトか非公式wikiが一番くわしいと思われる。

自分でコンボ打てるようになるまではリキャストたまるのを眺めてたまに技を打つゲームではっきり言ってつまんないのでアレ。
困ったことにこれができるようになるとめっちゃ楽しいねんな……ブレイド3人装備できるようになってコンボつながるようになったら楽しすぎて無駄に喧嘩を吹っかけて回っていた…

あと最終的にレックスが技を打った時のスキルでリキャストがたまってキャンセルで延々技を打つマンになってからは脳汁がヤバい。ちなみにこれでは格上には勝てない。要するにDLCのチャレクエにさっぱり勝てない……
1から割と順当進化して順当に脳汁出させることに終始してる気がする。多分。


○その他のシステム
スキップトラベルは改善したので許す。でも+でメニューXでスキップトラベルのボタン配置は逆のほうが良かった。

あと発売前から謎だったソシャゲみたいなシステムことブレイド…
最終的に各人3人ずついればまあどうとでもなるしそのくらいなら拾える程度のコアで賄えるので必須なわけではないんだけども公式垢でKOSMOSに狂喜した人間にはコアクリスタル獲得マラソン死ぬんですが。でもやっちゃう……罪づくりめ……!
40くらいはいるレアにそれぞれエピソードつきのクエスト(ボイスあり)あったりおそらくドライバーごとでイベント内容多少かわったりで蔑ろになってるわけでもなく実装してるのがまた。
ソシャゲみたい、の利点として好みのキャラが一人くらいはできるっていうのはある。序盤アザミの可愛さ(可愛さ?)に救われてたところもある。

TIGERTIGERと傭兵団というかナナカツを考えたやつは正気に帰れ。
(一応の注釈:
ナナカツ:ブレイド・ナナコオリの強化のために艦これで言う遠征を一回10分編成セットなしで100はやる必要があるやつ
TIGERTIGER:ブレイド・ハナの強化のために必要な諸々を昔のアケゲーみたいなミニゲームでしかかせげないやつ)

○美術面
音楽:
まあぶっちゃけ無印の方が好きなんですが。
下手に同じ路線な分先に聞いた方が印象が強いっていうのもあるかも。
無印と同じく壮大な感じのフィールド音楽がよくて、サントラ買うか悩みました。ただまだ延々と消化するものがあることを考えたときゲーム外でも聞くのか?って思ってとりあえず買ってない。この手のゲームの宿命な気がする。逆にイベント曲・戦闘曲はそこまで引っかかって来ない感じ。

グラフィック:
今時主流のフォトリアル系ではないですけどトゥーン調(という表現でいいのかわからないけど)のキャラグラとしてよく出来てると思います。表情豊か。あと元絵の1.5倍位えっちなホムラ。いやホント何なん下手なエロゲよりえろいぞ
あと無印から連綿と続く数多の絶景が健在。
私は特に桜の咲いてるインヴィディアと後半の建造物類が好きです。天候・桜吹雪とかやたらスクショが残ってる。

あとネタバレ込でキャラとかのそういう雑感。

» 続きを読む

«Detroit: Become Human  プレイ感想