2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ほとんどラノベと漫画。

  • 草もちの最近読んだ本
無料ブログはココログ

大逆転裁判2をクリアしたので感想

大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覺悟-

ド余談かつ私怨かつ逆恨みですがこれプレイしてる最中FGOでホームズと新茶爆死しました。
というどうでもいいマイナス補正がかかっててなおホームズおまえ……!ってなったので1プレイしてない人は1・2連続プレイしてくださいお願いします面白いですお願いします

あととりあえず前作面白かったのにこんな切り方で終わるのかよ!今回大丈夫かよ…という感じの方は安心してさっさと買ってプレイしてください

(一応前作の感想がこっち→大逆転裁判プレイ感想

システムに関しては概ね前作と同じなのでコメントは省略。
ただ6と比べてキャラのモーションがすっきりした&早送り効くようになったので全体的にややスッキリした印象。

美術的な面というかグラフィック・音楽は前作の時点でかなりよかったというか好みだったのでそっちも高評価の上省略。

今回の本題はシナリオで良いと思うんですよね。
あんまり深く何が面白かったっていうとネタバレになるので後述。
とにかく前作の「続きを待て!」と言わんばかりの伏線の山が(多分)全部回収されてます。
正直まあそうだろうなと思うものも結構にあったんですけどそれをベタと取るか王道と取るか。
私は王道だと思います。
あまりに怒涛の展開なのでこれもしかして3部構成だったのではと思ってますが!
それでも話数を重ねることでの話の壮大さの演出という意味では結果的に成功したのでは。続きものだと思ってやれば(これ重要)シリーズ屈指の名作だと私は思います。
あとバンジークス卿の株ド上がりのキャラゲーとしてめちゃくちゃ楽しみました(小声

以下ネタバレありで各話感想。

» 続きを読む

ニーア オートマタ Eエンドまでクリアしての感想

ニーア オートマタ

もう胃に来るゲームしたくないと三記事分くらい書いた気がするんですが性懲りもなく胃に来るゲームして結局ものすごい愛着の湧いた結果とてもぐったりしているので世話がないです。
ネタバレになるので詳しくは後述にしますけど寂寥感と絶望感と一抹の希望のバランスが鬼かと思いました。
あと凄まじく廃墟ゲーなので私みたいなFRAGILEでもっと廃墟あるきまわらせろってなってた人には勧めたい。

〈システム〉
プラチナって聞くとどうしてもベヨネッタ出してくる人で申し訳ないんですがだいたいあんな感じの爽快感があるんだか今一歩足りないんだかなアクションです。
プラグインでスキル・オーバークロックを搭載するとまさにって感じですけど実際9S操作時とかあれがないとハッキング大変ですからね、しょうがないですね。
PVみたいなかっこいいアクションが適当に連打してれば打てるのでビジュアル的にはすごくかっこいい。
ただし近接攻撃よりポッドのスキルのほうが必殺技感ある攻撃力を誇るのでメインウェポンはこれではないかというあたりがちょっと残念。

基本的にはアクションRPGですけど聞いてた通りSTGの占める割合が結構に多いです。メイン進行だけなら3割くらいあるんじゃないか。
この心構えの有無で評価が30点くらい変わると思います。個人的にはいらな……んん。
あと動物が乗り物であることをちゃんと認識しないで歩きまわろうとすると時間がかかってうんざりする。二週目にやっと気づいたアホは私です。

〈美術〉
クリアしてからやっとかねてから名作だと聞くレプリカント/ゲシュタルトの音楽真面目に聞いたんですけどおそらく前作ファンもニッコリでは。
遊園地とかパスカルの村とかが特に好きですが、ちょうど届いたサントラ聞いててやっぱり名曲揃いだなって。
画面の綺麗さはグラフィックの純粋な出来自体は多分その辺を売りにしてるゲームには負けるかなーって感じ。
でもFPS60とトレードオフと考えるとFPSが高いほうがいいなっていうのと、そもそも光の加減とか世界観とかそういうデザインの側が秀逸なので感覚としてはすごくきれい。
頭に書きましたけど本当廃墟マジ萌。
あと余談ですけど2Bのデザイン奇跡的だと思います。

<シナリオ>
雑な総評は頭に書いたのでそれなりにネタバレ込です。

最初こっちも敵も壊れても直せるのでは?くらいの軽い気持ちでまあ鬱ゲーっぽいけどそこまででもなくない?と思ってました。(過去形)
最終的には現実逃避とネタバレ回避のため2Bと9S(とA2)はかわいいなあ!しか言えなくなった……。
いやBエンドまでは寂しい感じだけどまあ絶望まで行かないと思ってました。
からの三週目冒頭の絶望……。
というかぶっちゃけ人類の影が薄すぎて生きてようが死んでようが主役は今存在してる生命体(?)だしなあという気持ち。この辺前作プレイしてた人なら違う感想を抱くのかもしれない。
CDで悲しみに突き落とされてからのEへの流れはもう半泣きで意地になってました。熱い。

悠久のティアブレイド なんか微妙なもやっとした感想

悠久のティアブレイド

まあタイトルそのままというか。
他人に勧められるか否かで言えば勧められるし点数だけで言えば70点くらいのよくできた作品ではあると思うんですけど、思うんですけど!
高水準にまとまってるとは思うんですけどその分刺さることがないというか……。
あーうん良いシナリオなんじゃない?って反応になるというか。
恋愛展開については別にこだわりとかないのでノーコメントで。濃厚ではないことは確かだけど。

〈良いところ〉
というか基本的に悪いところとして指摘する点が半分以上好みの問題なので。
基本的なシナリオとか世界観とかグラフィックとかは高レベルなんですよ。
特にグラフィックとか綺麗だしUIも世界観にあったガーリッシュSF(造語)みたいな感じで綺麗だし中二心に訴えるものがあります。
シナリオもポストアポカリプスものとその遺物としてのロボットって感じで割りと王道なんじゃないですかね。
あと「人類」の設定は好きです。

〈悪いというか微妙なところ〉

というわけで本題のちょっともやっとした感想。

金返せっていうほどクソだ!っていうのはないんですよ。
普遍的に言える(かもしれない)点としてはとりあえず2つ。

・パイロット=ルートになる展開のせいで9割同じ話のほぼ共通の部分でもスキップ切り替えの必要がある
 (一応ワンボタンで既読/強制の切り替えはできるんですが、そうすると放置ができないので……。要するにスキップできない金太郎飴が辛いという話です)

・ナノマシンって言っておけば許されると思ってる展開
 (単語だけでも別のもの使おうと思わなかったのか)

っていうのが。
で、あとは多分私の好みで。
・主人公が強メンタル前向きキャラというかノープランお花畑で精神年齢が子供のせいでいきなり恋愛展開にされても感が
・ロボットものならやたらと造語を用いた発進シークエンスと戦闘中のナビゲートとついでに必殺技めいた武装解放がほしいこれがないものは個人的には評価できない
・倫理観的に抵抗があると表現された部分があったにも関わらず大した抵抗感もなく状況を受け入れる展開主に例のルートとトゥルーの最後の方の一言!後者がそもそも人格的にあるんだかないんだか微妙な描写かつ生きる苦しみとか描写した上であんなこと穏やかに言わせたことに私は腹がたちました。ええ。

・あと基本的に人類補完計画系の展開にはそこそこの親和性をもってるので頭から救済の否定を人類代表面して主張する輩はそもそもの立ち位置をマイナスから始めます。

カオスチャイルド 感想

カオスチャイルド(psvita)

実はまだアニメのほう2話くらいしか見てないんですけどネタバレ食らう前にと思って積み崩ししました。
半年くらい前にノーマルエンドプレイしたときすごい面白くて止まらなかったんですが個別が…カオヘの方も個別で積んでて……。
個別もテンション乗り出したらノンストップで終わりました。

結論から言えば無茶苦茶面白かった。
でも疲れてる人には元気になってからプレイしてほしいやつです。最近他にやったゲームが軒並みどシリアス展開の山で私はぐったりしました。

科学ADVシリーズっていうかカオスヘッドの続編というかテイルズで言えばシンフォニアとファンタジアくらいのまあ知らなくても支障はないかなくらいのつながりです。
支障はないんですけど、で前述の通りカオヘの方はノーマルエンドで積んでるんですけど、プレイしてたほうが絶対面白いとは思います。
ギガロマニアックス関連が本当公式サイトにあるくらいしか記述がないので(多分)急になんだとか思わなくて済むのと、あと本当に「そうきたか」と。

科学ADVシリーズといえばシュタゲって感じですけどあれが割りと明るいというかスポ根っぽい(?)のに対してこっちはマジで恐怖と焦燥感がひたひた忍び寄ってくる感じがなんというかやばい。
どっちが上とかないです。好みの問題でどっちも傑作では。
ついでにどっちもネットスラングが山盛りでTIPSに丸投げです。
あと純粋にグロ系Z指定なのでそういう。

瑕疵のないハッピーエンドを求める人には全く向かないゲームですがPSストアでセールもやってるんでぜひ。
私はシュタゲゼロところげてをPS+のクーポンで買おうと思ったらメール配信切ってました。アホですね。

FF15クリアした!

判官贔屓にセルフ定評のある私による割と好評の感想です。
尼の星が低い?知らんな

ファイナルファンタジー XV

<前置き(?)>
シナリオに関して対して予備知識がないならしばらくKINGSGLAVE見ないほうが良いかもしれない。私はそうして割りと良かった感じ。
逆に公式から見れるアニメの方の前日譚は見たほうがいい……ような後でもいいような。

<シナリオ>
まあ緊迫した状況でなにやってんだってのは分からないでも無いんですよ。無いですけどその結果FF13が散々一本道言われてたのを見るともう好みの問題だと思います。
っていうか終盤の展開で胃痛と感嘆とボロ泣きしたので泣きゲー好きとしてはもう好きというほかないかなって。ネタバレになるから後述にします。

<戦闘>
武器コロコロ入れ替えて戦闘するとか特有システムのシフトブレイクとかARPGとして楽しい。
ただ回復が自動回復ではあるものの逃げ回るのも暇なので結局概ね薬頼りになるのと魔法が使い切り錬成型アイテムかつわりとFFするのであんまり使ってられないっていうのが戦略の幅を下げてはいる。
とはいえもともとシームレスに戦闘に入るオープンワールド的なものの戦闘の印象ぶっちゃけ無茶苦茶悪いんですけどそれを覆すくらいには面白かったです。

<システム>
なんかイケメンによるどう森って言われてて吹いた。
生活行動多めって意味では確かにその通りではあるけどまあようするにオープンワールドRPGですよね。
むしろゼノブレイドに近い。延々と派生するようなクエストとか……。
地味に困るのがノクトのスキルの釣りが出来る場所が意外と少ないというか車でいけないことか。
個人的には料理が楽しい。ので正直キャンプ以外でも料理できたら良かったのにとは思ってる。
実は話題の飛行レガリアまで進化させてないので移動に関しては何も言えないというかファストトラベルつかえないとだるいっていうのに反論する気はないけどもともとだいたいゲームしながら他の事してるので参考にならないという点だけ参考にしてもらえれば…。

<美術>
前提として本体ごと買ったのでPS4での比較対象があんまりないです。
の上で。めちゃくちゃきれいでびっくりした。
水の表現がすごい。水の都に行ったときとかバカじゃないの?とか言いながら感動してました。
運転中は割とよそ見してましたけどなんだかんだ画面を見ると絶景が広がってたりしてびっくりする。
そのせいでクエストで撮った絶景の写真がやたら記録に残っててシュールだった……。シュールだったけど見直してもきれいだった…。

<総評>
戻る事無く総プレイ時間約45時間。
ここから戻ってクエ潰しとか出来る余地が結構ある感じで。
なんか怒られそうなのを覚悟で、空の軌跡みたいな新しい街に行く度大量のクエストが発生してそれを潰すのが好きな人ならこのウロウロを楽しめると思います。
私は好き嫌いと言うか潰さないと気が済まない方です。
というある種の作業ゲー感、あと賛否あるのもわかりますがシナリオ。
この辺が私の高評価の所以です。割と好みの問題なのは百も承知ですけど値段位の価値はあると思います。
思いますけどFF懐古過激派の方々になんか言われるのも面倒なんでどうせ新品で買わないならやらなくてもいいんじゃないですか(ヤケクソ

» 続きを読む

テイルズオブベルセリアクリア感想。

承前。むしろED・アフターの印象が純化した結果脳内評価向上されてるまである。

テイルズオブベルセリア(PS3)

総合的に言えばTOZより素直に人にすすめられるけどTOZ寄り=TORとかTOH寄りのちょっと変則的な方のテイルズ戦闘なのでという意味では薦めにくいって感じ。
シナリオも基本的に後ろ暗いアウトローなのが嫌いな人はいそうだなあと思うけど中盤くらいからPTが家族的やりとり始めるので総合的な空気は暗くはないです。
個人的にはTOX2レベルだけど絶対賛同してもらえない…。
あとコレ本当にダメな人ダメだろっていうのがメインシナリオに容赦なく突っ込まれるパロディ!今は真面目な話をしてるんだ!!という気持ちになるところで入ってくるの本当…

〈戦闘系〉
○カメラとフィールド障害物の改善
今作も一応その場戦闘だけど引っかかったりカメラがめり込んだりしないしカメラが動くのでここは改善点

○連携による詠唱短縮が今作も搭載
前作天族でぶん殴りながら下級・中級術ぶっぱがメインの戦闘してましたが今作もそれが出来る!嬉しい!

○固有特殊アクション=ソウルブレイクが面白い
というか、コンボ的にベルベットとアイゼンのソウルブレイク挟んで連携するのとマギルゥで詠唱阻止するのが楽しいというか後者はもはやないと死ぬ。
前作の魔術雑魚的に唱えられまくって死ぬ、のところへのカウンターで大コンボで面白いんだけどバランス的にそこだけどうなんだ…。
神依ゲーでなくなった代わりに若干スペルアブソーバーゲーになったところは無いでもない。

○(過去作でいうところの)術と特技系が両立してないので通常攻撃・技系の連携は今作もできないキャラが居る
というわけで魔術覚えるキャラでガチ前衛がちょっと地味。コンボの締めに中級術とかは出来るけど。

○キャラ入れ替えの気軽さはTOZに軍配が上がる
前作これがすっっごい好きだったのでBG(秘奥義と入れ替え用ゲージ)消費で全キャラ入れ替え可になったの、バリエーションは広がったけど死にまくってゲージが減る人間としてはちょっと面倒臭くなったかなって

○回復術がほぼ蘇生・状態異常回復
今回も状態異常だと回復効かないのでとりあえず対応の回復・補助を使うわけですが基本的に回復行動はHP吸収効果とかブレイクソウルとかの担当って感じ。
特に高難易度だと回復術の効きがすごい悪いというのもある。
……っていうとやっぱりTORを思い出すなあという話。あれよりはシンプルかな…。

〈シナリオ〉
女主人公って点でいつものテイルズ恋愛脳突っ込まれたらつらいなあと思ってたら女キャラというより「姉」って点がすごい生きてて最終的にはかなり好きになった。ついでにPTに恋愛的雰囲気なのが一人しか居ない上ライフィセットなので見守る兄姉の他メンバーと一緒になってかわいいなあおまえはーー!ってなってるだけのやつ。
最初ギスギスというか無関心の集まりって感じなのに気づけば家族的になっててこのメンバー好きです。
お宝とか虫とか浪漫とかでガキよろしく団結して女性陣にまたやってる…って見られてるのが個人的に一番好きなパターン。
まあPTは明るくても根底はクソ重いんですけどね!TOSがそういう意味では近い。

今作は全体的に「家族の縁」がメインだった印象。そもそも仇が義兄だし。
どこもいい因縁で良かったです。ネタバレになるからこれ以上はTOZ流れ含めた感想記事別に書きます多分。
最近おもしろかったじゃないかよ…って目で世間をみる作品が多すぎるので自分の目は他人の感想の手がかりに何もならないです……(遠い目

あと、終盤のサブイベントちゃんとやらないとエレノアあたりは特に消化不良になりそう。
ただTOB単体でやるとこの話何の意味があるんだってサブイベントになりかねないのが…。
ザビーダとアイゼンの関係は本当にしみじみすごいいい話だったんですけど、TOZのあの言動見てなきゃなんでこのサブキャラこんな出張ってるんだ?って話ですからね…。

ついでに聖隷の寿命的に思いっきりTOZと繋がってます。TOZの世界自体にアレはそこまでなかったと思うんでTOZに繋がるのか…っていう感想はいまいちピンとこないんですけど、どっちかというと多少行動が相互否定になってる方が気になる。
3部作だっていうならもうそれでいいんで幸せにしてあげて下さい。

余談ですがサトリナさんがものすごかった。感動した。あずみんもこんなすごいショタ声出来るなんて思ってなかった。すみませんでした。

〈システム〉
武器強化が前作よりだいぶわかりやすくなって強化数自体での効果になった。一応これも強敵討伐による機能解放が要るけど普通にやってたらどうとでもなる。
で、付与スキルランダムなのであえてちょっと弱いところを高難易度でいって強化数だけばんばん重ねるって事もできなくはない…んだけど、装備強化に必要な素材がフィールドで拾う(面倒)か装備分解が必要で、そのうち錬成粉が強化した装備の分解要求してくるのがな…。
私は途中でやめた。
あと各装備に習得可能スキルがあって地力がちょっとづつあがるタイプに。
おかげで装備入れ替えしづらいんだけど無視するとチリが積もらないので装備→ステータス足りないのか強敵に苦戦、ってなってこの辺は結構どうにかならなかったのか。

あと今作アタッチメントがフィールドにおちてるねこスピなるものを集めて宝箱をあけるかミニゲームやってコインを貯めるかで地味に面倒くさい。

TOX2のネコ派遣的な異海探索なるシステムが搭載。
30分で戻ってきます。これでレシピとか食材とかが手にはいる、というかこれ以外ではほぼ手にはいらない。
ただ、なんだかんだ帰ってくる度チェックしてれば使い切れないほどには溜まるのでむしろ店で食材集める手間が減って楽。
ついでに宝物が派遣できる各エリアに設定されててあからさまに過去作ネタなのでこれも楽しみなやつです。

足が遅い。
一応ダンジョン脱出・街への移動がそれぞれボトルで出来るようになるものの場所の設定が若干微妙で街道沿いのダンジョンへ移動するのは面倒なのに走行スピードが別に早くないっていう。
TOSのノイシュ的アイテムが中盤で手に入るもののレアバードでなくノイシュと表現する時点で察して下さいって使い勝手。名前はレアバードのが近いけどな!

«逆転裁判6クリア後感想